被災経験から学ぶ 2020年熊本水害に見舞われて…

被災経験には多くのことがらが詰まっています。2020年7月の熊本水害で被災したFさんに、避難までの様子や被災して大変だったことなどを詳しく伺い、防災の専門家に解説してもらいながらまとめました。

避難を開始するまで

――Fさん(70歳)に水害に見舞われた当日朝の様子を尋ねました。自宅は熊本水害で氾濫した球磨川のすぐ近くにあり、妻と95歳になる母親の3人で暮らしています。

アラートが鳴っても気にしなかった

2020年7月4日の明け方4時頃から、テレビやスマートフォンから大雨に関するアラートが流れていました。ただ、そういったアラートの情報は画一的で現実味がない感じがしました。高齢の母もいますので、その時点では避難しようとは思いませんでした。

 

【防災専門家コメント(=以下専門家)】熊本豪雨では前日の7月3日夜には大雨警報が発令されていました。警報が出た時点で「避難情報、雨雲レーダー、避難場所、土砂災害・浸水の危険度分布」などの情報をこまめにチェックしましょう。あらかじめ自治体のハザードマップを確認して、住んでいる場所の災害リスクを把握しておくことも大切です。

増水から浸水まではわずか数十分

朝6時頃、窓から外を眺めると球磨川がいつもより増水しているのが見えて。そしてほんの数十分ほどで、あっという間に家の裏手まで水がきていました。母も「95年間人吉で暮らしてきて、こんなことは初めて」と言う状況でした。

89歳になる叔母が川の近くで一人住まいをしていたので、これは危ないと思い、迎えに行きました。

 

それまで避難を迷っていましたが、防災無線で「8時半ごろにダムの放流をするかもしれない」と通知が流れたこと、市長が「逃げてください!」と自ら叫んだことで、これはいよいよ避難しなければと感じました。

【専門家】高齢者がいる場合、「避難準備・高齢者等避難開始」が出された時点で、空振りを恐れずに避難するのが最適です。

避難所を避け高台の家に避難

――避難を決めてから、具体的にどう行動したのかを尋ねました。

準備のないまま高齢の母と車に

朝7時頃、貴重品や身の回りのものだけを持って車で避難することにしました。

指定されている避難場所は徒歩2分ほどの場所にある小学校でしたが、すでに混雑していたことと、家族はみんな高齢なので新型コロナウイルスの感染が気になりました。そのため、避難場所から少し離れた高台にある、親族の家に向かいました。

 

【専門家】道中や避難先の浸水、土砂災害のリスクが低いのであれば、感染症を避けて親族の家に向かった行動は正しいと言えます。災害とコロナという2つのリスクを減らせます。避難先が川や山沿い、低地にある場合は災害リスクが高まるため、まずは避難所に向かい、安全の確保ができてから他に移動するのが望ましいでしょう。

義理の両親は避難できないまま2階に

避難した後も気になっていたのが、少し離れたところに住んでいる妻の両親のことです。固定電話も携帯電話もつながらず連絡がつかない状態で、とても心配でした。

あとから聞いた話ですが、2人は避難もままならず自宅に取り残されていたんです。とりあえず自宅の2階に移動したものの、1階はすべて浸水。2階にも水が上がってくるのではないかとずっと不安だったようです。

想定以上の雨で避難するかどうか迷っているうちに逃げ遅れてしまった方も多くいたのではないかと思っています。

 

【専門家】2階よりも1階の方が浸水・土砂災害のリスクは大きいため、逃げ遅れたときに2階に移動する行動は正しいと言えます。そのほか、近くに山がある場合は山から一番離れた部屋に避難する、大雨の場合は突風による飛散物で窓ガラスが割れることもあるので窓から離れる、といった判断が必要です。

一変した街の風景にがく然

午前10時頃、雨は小康状態となっていました。私は町内会長を務めていることもあって、いったん街の様子を見に行きました。中心市街地に出てみると、大半の家が浸水していました。普段では考えられないようなところまで浸水しているのです。路上の車が反転していたり、町のいたるところに泥水やがれきがたまっていたり。目を覆いたくなるような景色に、心が苦しくなりました。

災害後にも苦労は続いた

――雨がやみ、Fさんは自宅に戻りました。家屋に大きな被害がなかったため、翌日以降、親族全員がFさんの家で避難生活をすることになりました。

店は品切れ、ボランティアも不足

そこから数日間、わが家を拠点に親族全員で片付け作業を行いました。特に妻の両親の家は屋内まで泥が入っている状態で、畳から冷蔵庫からすべて倒れるなどめちゃくちゃ。少しずつ泥をかき出しながらの作業となりました。

 

電気やガス、水道などのインフラは復旧しましたが、それを使う器具が壊れていました。泥を洗うには水が不可欠ですが、水道は出る時と出ない時がありました。

そして復旧作業をしたくても、長靴がないとヘドロやがれきで歩けない。道具を買いにホームセンターに行きましたが、店は品切れが続出。1週間ほどは道路もまともに使えない状況でしたから、流通も止まってしまっていて食べ物を手に入れるのにも苦労しました。

またコロナウイルスの影響で県外からのボランティアは制限されてしまい、人手も全く足りませんでした。4年前の熊本地震の時にはたくさんのボランティアに来ていただきましたが、今回はとても少なくて。その分復旧に時間がかかっているように思います。水害から4か月以上たった今でも、まだ復旧・復興していない地域もあるようです。

 

【専門家】ライフラインが復旧するまでには1週間~1か月かかる場合もあります。1週間分の水・食料を普段から準備しておきましょう。期限があるものについては、日常生活で消費しながら新しい飲料・食料を買い回すローリングストックで備えましょう。コロナ禍でのボランティア活動については、自治体や国によるサポート体制の整備が待たれます。災害時は住民の団結が重要なので、いざというときに助け合えるよう日ごろから近所付き合いを大切にすることも心がけましょう。

数日間、電波が届かず音信普通になって不安だった

もうひとつ困ったのは、3~4日ほど固定電話もスマートフォンもつながらなかったことです。東京に住む娘と連絡がとれず、電波がつながる隣町まで移動して「今なら電話できるよ」と伝えてから限られた時間で話していました。ただでさえ心細いなか、お互いに不安でした。

災害時にはインターネットで「災害用伝言板(web171)」(https://www.web171.jp/)などのサービスも使えるそうですが、ネットにも詳しくないため存在を知りませんでした。今後はそういうものも知っておいた方がいいですね。

 

【専門家】公衆電話を含め、電話が使えるなら「災害用伝言ダイヤル171」(https://www.ntt.co.jp/saitai/171.html)を利用するとよいでしょう。電話がつながらない場合、災害時でも比較的つながりやすいパケット通信を利用した災害用伝言サービスやメールを利用しましょう(https://www.bosai-nippon.com/article/817)。

災害時の連絡手段について事前に家族と話し合っておくことも大切です。

学校や他の家に避難。共同生活はストレスに

自宅に親族が集まったことで、思いがけない苦労もありました。いきなり大勢の共同生活が始まり、親族といえどもストレスがたまりました。被災した側もわが家もライフスタイルが一変してしまい、互いに気を使い、そこに、大きなストレスがたまったのかと思います。特に妻は一人で全員分の食事の手配を担っていたこともあり、大変だったようです。

この共同生活は、被災から10日~2週間ほど続きました。災害の被害は目に見えるものだけではないことを痛感しました。

【専門家】避難所生活が数日続くとプライバシーの問題や将来の不安、住居や職場の安全の不確実性などでストレスがたまり、避難者同士のトラブルも増えてきます。避難所生活に慣れたら、軽い運動や会話でストレスを発散させることも大事です(https://www.bosai-nippon.com/article/868)。

保険によって修復作業にも影響。見直しの必要性を痛感

保険の見直しの必要性も、改めて痛感しました。国の支援金などもありますが、それだけではなく保険にも入っておくべきだったと思いました。

家のリフォームをする上で、保険に入っているのとそうでないのとでは負担額が大きく変わってきます。地震や火災の保険に入っている方は多いと思いますが、水害の恐れがある地域に住んでいる方は水害の保険にも入っておくことをお勧めしますね。

私もこうした水害がまた起きた時に備え、今後は避難をどうするかといったことを改めて想定しておきたいと思います。

 

【専門家】浸水、土砂災害による家屋や財産の被害は、火災保険で補償されます。火災保険の種類によっては水害の補償に対応していない場合があるので、現在加入している火災保険を確認し、リスクがある地域に住んでいるなら水害に対応する火災保険に切り替えましょう。

まとめ

Fさんは「この経験を『怖かった』と思い出にするのではなく、次にいつまた同じようなことが起きても大丈夫なように、家族や親戚でどのような対策をすべきなのか、知っておくべき情報が何なのかを考えていかねばと思います」と振り返りました。水害は地震と違い、自治体の警報などで備えができる災害です。貴重な体験談を教訓に、自分たちが今できる対策についてぜひ考えたいと思います。

 

<執筆者プロフィル>

・専門家チェックポイント

田頭孝志(たがしらたかし)

防災アドバイザー/気象予報士 田頭気象予報士事務所

愛媛の気象予報士・防災士。不動産会社の会員向けの防災記事、釣り雑誌にコラムの連載・特集記事の執筆、BS釣り番組でお天気コーナーを担当したほか、自治体、教育機関、企業向けに講演を多数 ・防災マニュアルの作成に参画。

 

・聞き手

松本果歩

フリーランスライター

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS