防災・レジャー・在宅!ポータブル電源買うならコレ

数ある防災グッズのなかでも、「ポータブル電源」はここ数年で一気に売れ行きが伸びているそうです。停電時でも電源の供給ができる安心感はもちろん、アウトドアブームの影響もあり、高額商品ながらも人気が高まっているようです。今回は初心者の方にお薦めのモデルを中心に、その利便性と持っておくべき理由を紹介します。

「ポータブル電源」とは?

ポータブル電源とは、貯(た)めた電気を持ち運んで使える大容量バッテリーのことです。「モバイルバッテリーとなにが違うの?」と思われる方も多いと思いますが、ポータブル電源はモバイルバッテリーの大容量版だと言っても間違いではありません。

 

とはいえ、単に容量が大きいだけでなく、出力の大きさや搭載する出力端子にも違いがあります。

モバイルバッテリーの多くは、パソコンやスマートフォン用のUSBしか接続できませんが、ポータブル電源はコンセントを接続できるAC出力が備わっています。よって、パソコンや扇風機、冷蔵庫といった、モバイルバッテリーでは駆動できない家電製品が使えるのが特徴です。万が一の停電のときに、スマホなどの充電はもちろん、身の回りの家電も使えるというのは大変心強いものです。

 

なおポータブル電源本体への充電は、ACコンセントか車のシガーソケットを経由するのが一般的です。フル充電にかかる時間はモデルによって3.5~8時間程度と異なりますが、半日ほどの充電時間が必要だと考えておくとよいでしょう。オプションでソーラー充電できるパーツが販売されているので、防災対策として考える場合、あわせて購入するのもお勧めです。

ポータブル電源のチェックポイント

ポータブル電源を選ぶときのチェックポイントは、「バッテリー容量」「出力端子の種類や数」です。もちろんポータブルである以上、携帯性、すなわち重さと形状は要チェックでしょう。

 

ポータブル電源のバッテリー容量は、Wh(ワットアワー)という単位で表記します。これは1時間あたりに消費できる電力のことです。例えば「電気毛布を中モード(消費電力40w)で10時間使うのであれば、400Wh以上の容量のモデルが必要」という具合です。

 

ポータブル電源のおおよその価格帯は2万円前後から10万円以上と幅がありますが、価格によって大きく変わるのはこのバッテリーの容量です。例えば容量1300Wh以上のハイエンドモデルであればホットカーペットやドライヤーなど消費電力の大きい家電も使えるようになりますが、価格も高額です。週末のキャンプやアウトドアレジャー、また防災用に購入するのであれば、容量500Wh前後を目安と考えていいでしょう。

 

また「出力端子の種類や数」も検討する時のポイントとなります。先に述べたようにほとんどのポータブル電源にはUSB出力とAC出力が備わっていますが、USBの「Type-A」「Type-C」両方に対応するものや、ワイヤレスチャージができるものなどもあります。また出力端子の数が多ければその分多くの機器を同時に充電できます。

 

まずは自分がポータブル電源を使用するシーンや場所、つなげる家電をリストアップしておくとよいでしょう。使いたい家電のスペックを考えることで、自分や家族に最適なポータブル電源が導き出せるというわけです。

以上を踏まえ、推奨モデルを具体的にお伝えします。

初心者におすすめ!LACITAの「ENERBOX-01」

ここ数年でポータブル電源の選択肢は増えました。ネットで検索すると聞いたことのないメーカーの製品がヒットしますが、保証も修理対応もしっかりしている日本のメーカー製品がお薦めです。

 

なかでもLACITA(ラ・チタ)の「ENERBOX(エナーボックス)-01」(税込み59,800円、編集部調べ)は、小型で携帯性にも優れています。

電気容量は444Wh、AC出力は400W。スマホの充電なら約30回、電気毛布(中モード、消費電力40w)なら約10時間、電気ケトルなら約7回使える容量で、災害時にもアウトドアにも活躍します。

フル充電に必要な時間は約7時間です(ACアダプター使用時)。

ポータブル電源には、重量が10kg前後と持ち運びにはやや重いモデルもあります。しかし「ENERBOX-01」は重量5kg、本体サイズも幅303mm×高さ184mm×奥行134mmと比較的コンパクトです。上の写真のように女性でも片手で持ち運びができます。

 

停電になったときでも、必要な部屋に手軽に持ち運ぶことができるので、つなげたい家電の近くに持っていって使うことが可能。避難所などへ行くことになったときでも、このサイズ感なら持ち運びもそこまで苦になりません。

収納ボックスに収まるサイズのため、レジャー用途としても使い勝手が良いです。

出力はACが3口、USB-A端子が3口あります。USBはスマホや携帯ゲーム機に、ACは家電などで計6台を同時につなぐことができます。アウトドアレジャーのときも家族で電源を取り合う心配はありません。災害時にもさまざまな用途に使えるはずです。

リモートワークが増えた昨今では、ノートパソコンの電源としても活躍します。筆者もリビングで仕事する際、今までは延長コードを使わなければならないのが煩わしかったのですが、ポータブル電源を導入したことでスッキリ解決しました。

そのほかの初心者向けポータブル電源

そのほかにも初めて使う方向けの選択肢として、国内メーカーのモデルを2つ紹介しましょう。

1つ目は、Smart Tap(スマートタップ)の「PowerArQ(パワーアーク)2」(税込み59,800円、編集部調べ)。

電力容量は500Wh、AC出力300W。重量は6.2kg、本体サイズは幅260mm×高さ191mm×奥行き195mmとコンパクト。フル充電に必要な時間は約7時間です(ACアダプターを使用した場合)。

持ち手が収納できる形状で、天板部分ではスマートフォンのワイヤレス充電も可能です。出力はACが2口、USB-A端子が4口、USB-C端子(急速充電対応)が1口備わっています。

 

ポップなデザインで人気がある「PowerArQ」シリーズの新作で、リビングに見せたまま収納しても違和感がありません。

カラーはオリーブドラブ(上記写真)や、レッド、スノーホワイト、ジェットブラックなど全6色。豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつです。

2つ目のおすすめはMIGHTY(マイティ)の「ポータブル電源 SY-001」(税込み79,800円、編集部調べ)です。

電力容量は552Wh、AC出力は300W。重量は5.5kg、本体サイズは幅190mm×高さ195mm×奥行き365cm。フル充電に必要な時間は約12~13時間です(ACアダプター使用時)。出力端子は側面パネル内に配置されていて、ACを2口、USB-A端子を4口装備しています。

 

このモデルの特徴は、日常生活での活用を提案しているところ。FMラジオやBluetoothスピーカー、LEDライト機能も搭載し、さらに12V車専用のジャンプスターターとしても活用できます。両サイドのパネルは蓋の役割もあり、閉まっている状態であれば防水・防塵性能が働くので、悪天候時の屋外での使用でも心配がいりません。

 

「ENERBOX-01」「PowerArQ2」「ポータブル電源 SY-001」3つのモデルをご紹介しました。

「ENERBOX-01」と「PowerArQ2」は価格もスペックもほぼ横並び。見た目の印象が全く違いますので、シックでシンプルなデザインが好きなら「ENERBOX-01」、インテリアに合わせてカラーを選びたいなら「PowerArQ2」を選ぶと良いでしょう。

アウトドアや非常時だけでなく普段の生活でもたくさん活用したいのであれば、価格は少し高くなりますが多機能な「ポータブル電源 SY-001」がお薦めです。

電源が欠かせない今の時代に、一台は「ポータブル電源」を

今回紹介したポータブル電源は価格がどれも5万円以上。使用する機会が限られる防災グッズにこれだけのお金をかけるのは高いかもしれません。しかし、日常生活やレジャーに活用できてさらに災害時にも重宝するということであれば、見方も変わるはずです。

電源は今の時代に欠かすことのできないライフライン。災害用の備えとして、レジャー用として人気の高いポータブル電源の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

<執筆者プロフィル>

まつい ただゆき

1975年東京都生まれ。出版社で10年、IT企業で10年の編集職を経て2017年に独立。趣味はキャンプ。現在はアウトドア関連の企画・取材・執筆から、Webメディアのプロデュースやコンサルティング、広告制作、リアルイベントの企画・運営まで、編集スキルを軸に幅広く活動中。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS