カセット式ホットプレート知ってました?災害も普段もOK

災害時、電気やガスが止まってしまった際に頼りになるのがカセットガス式のコンロです。けれども実は、「冬の鍋物以外に出番がなくて、しまいっぱなし…」という人も多いのでは?

そこで今回おしゃれなホットプレート型のカセットコンロを使ってみました。平時、有事問わずオールシーズン、普段の食卓にもお庭ごはんやキャンプにも活躍する優れものです!

プレートも鍋も使えるカセットガス式「プチパン」

今回紹介するのは、ポップでかわいい家電として人気の「Sengoku Aladdin(センゴクアラジン)」ブランドから登場した「ポータブル ガス ホットプレート プチパン」(https://aladdin-aic.com/product/sag-rs21b)です。値段は、税込みで18,700円です。

一般的な電気式のホットプレートとの大きな違いは、カセットボンベを使う点。コードレスだから設置場所を選ばず、屋外での使用も可能です。

 

プチパンには、本体のほかに2枚のプレート、収納バッグ、オリジナルレシピブック、コンセプトブックが付属しています。

付属のプレートは「平プレート」と「2色鍋」の2種類。これ一台で焼き料理にも煮込み料理にも使えて、多彩な料理に対応できます。別売りのプレートには「えくぼプレート(たこ焼きプレート)」もあります。

付属の収納バッグは、アラジンのロゴマークがかわいくて、本体とフタ、2枚のプレートとカセットボンベを入れても余裕の大きさ。このバッグで保管してもいいですし、外に持ち運ぶときにも便利です。

オリジナルレシピブックには豪華なメイン料理からデザートまで幅広く紹介されていて、あれもこれも作りたくなっちゃいます。

こちらは別売りですが、冬の屋外での使用にも耐えるオリジナルの低温時用ガスボンベも用意されています。キャンプのときに活躍しそう。

プチパンで調理してみたら電気式よりも良かった!

今回は、庭にプチパンを出して調理してみます!

 

まずはプチパンを準備します。といっても使い方は一般的なカセットコンロと同じで、難しいことはありません。カセットボンベを本体に取り付けます。マグネット式になっていて取り付けはスムーズ。

本体にプレートをセットしたら、つまみを回して点火します。

本体の内部にはU字形のバーナーが設置されています。このバーナーでプレート全体をまんべんなく加熱します。高火力なのもうれしい(画像では撮影のためにプレートを外しています)。

本体側面の「ALADDIN」のロゴから火加減を確認できますよ。こういった細かいところのデザインもおしゃれ。

プレートを設置してしまえば火が露出しないので、ちょっと風が吹いたくらいでは火が揺らいだりすることもありません。屋外での使用時にはうれしいですよね。

「平プレート」を使って、朝ごはんのパンケーキを焼きました。普段使っている電気式のホットプレートと比べて焼きムラが出にくく、火の通りも早いのにはびっくり。パンケーキの焼き色もきれいに付きました。

家族みんなで調理の途中も楽しめるのが、ホットプレートのいいところ。いつもと変わらないメニューでも、みんなでワイワイ庭で食べればちょっと特別感のあるイベントになります。

 

次は「2色鍋」で、ペンネで一度に2種類のソースを同時に作ってみます。真ん中に仕切りがあるのでできるのです。今回はトマト味とコンソメ味に。

家族で味の好みが違う場合にもこの2色鍋が活躍します。子ども用と大人用で辛さを変えたりしてもいいですよね。

鍋の深さは約8cm。見た目より大容量なんです。

電気式の卓上鍋より火力がしっかりあるので、煮えるのも早く感じました。

コロナ禍で外出や外食もしにくい状況ですが、お庭ごはんで気軽に気分転換ができました。

キャンプにプチパンを持って行くのもいいですね!プチパンを使えば面倒な炭火をおこす必要もなく、キャンプ用のバーナーよりずっと火力があるので、手軽に幅広い料理が楽しめそうです。

こびりつきも色移りもなくて片付けらくらく

プレートは大きすぎないので、狭いシンクでも楽に洗えます。プレートはアイボリー色のセラミックコーティング。トマト缶を煮込んだり、ベーコンをじっくり焼いたりしたので色移りが心配でしたが、するんときれいに汚れが落ちました。

本体は一般的なカセットコンロよりは大きくなっていますが、ホットプレートと考えればコンパクト。付属の収納バッグに入れてしまってもいいですが、かわいい見た目だからキッチンに出しっぱなしにしても◎。

電気式の調理器しかないなら、カセットガス式も準備しよう

日常使いに便利なほど良いサイズ感とおしゃれなデザインのプチパン。普段から使い慣れておけば、災害時にもスムーズに使いこなせそうです。

 

カセットガス式調理器は、電気・ガスが止まってしまったときの強い味方。電気式の調理器しか持っていないという方は、ぜひ一つはカセットガス式の調理器を用意しておくことをお勧めします。普段使いできるお気に入りの調理器で、無理なく災害に備えられるとうれしいですね。

 

<執筆者プロフィル>

シマサキアヤ

フリーランスライター

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS