初めての一人暮らしに必見!災害の備え4つ


画像:PIXTA

進学や就職、転勤などで初めて一人暮らしをする場合、家族と住んでいたときとは違った備えが必要です。災害時のことも考えておきたい一つです。そこで、今回は一人暮らしの防災対策を「避難」「耐震」「備蓄」「安否確認」の4点からまとめてみました。

地域の防災マップは必ず確認、避難所もチェック

まずは街や地域の避難情報について、必ず確認しましょう。

災害が起きた場合、どこに避難すればいいのか、避難所までどんなルートを通るのかといったことを、災害に見舞われた当事者がごく短時間に判断しなくてはなりません。

特に引っ越してしばらくは、地域に不案内で知り合いが少ないことと思いますから自衛が重要です。状況に応じて素早く正しい判断をするためには、普段から自宅はもちろん、進学先や職場周辺の防災情報を知っておくことが大切です。

 

そのため家探しや住まいが決まった段階で、地域の防災情報を入手するようにしましょう。市役所などで転入手続きをする際に、自治体が公表している「防災マップ」をもらえることもあります。時間をおかずに内容を確認しておきたいですね。

 

ほとんどの自治体では、ウェブサイトで防災情報を公開しています。たとえば東京都江戸川区のサイトには「江戸川区水害ハザードマップ」(https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e007/bosaianzen/bosai/kanrenmap/n_hazardmap.html)が掲載されています。

(出典:江戸川区水害ハザードマップ「地図「どうなる?」~浸水の深さ・時間~」https://www.city.edogawa.tokyo.jp/documents/519/chizu-nihon.pdf

 

住まいのある地域にどういった種類の災害リスクがあるのか、災害が発生した際にはどこに避難するのが良いのかを知っていれば、いざというとき役立つはずです。

引っ越し先で最寄りのスーパーやコンビニの場所をチェックする人は多いと思います。その延長で、避難所やそこまでの道順のことも考えてみてはいかがでしょうか。散歩してみるのもよいですね。

 

防災マップについては、以下の記事も参考にしてみてください!

「意外な発見続々!防災マップ持参で避難所まで歩いた」(https://www.bosai-nippon.com/article/1014

家具を買うなら耐震グッズも一緒に

次に耐震対策です。耐震グッズを忘れずに用意しましょう。

特に一人暮らしでは、狭いスペースにさまざまな家具や家電を配置しがちです。地震の際、寝ているときに命を失うことがないよう家具の耐震対策をしておくことが大切です。新しく家具を購入する際には、家具に合わせた耐震グッズも購入しましょう。こうした耐震グッズは、設置した後にセットしようとすると意外に大変。家具を置くときに一緒にセットするのが断然楽です。

 

天井に強度があり、上面が平らな家具であれば、突っ張りタイプの耐震グッズを使って家具と天井の間を固定しましょう。壁を傷つけることもないので賃貸物件でも使えます。

突っ張りタイプのグッズを使えない家具の場合には、転倒防止ジェルやマットという選択肢があります。家具の底面と床を接着させて振動を吸収し、家具が転倒しにくくなります(ただし対応する床材を確認しておきましょう)。

そのほか、冷蔵庫やテレビなど家電専用の耐震グッズも市販されています。

 

また本棚や食器棚など背の高い家具に中身を収納する際には、できるだけ下に重心が来るように、重いものを下の段に、軽いものを上の段に入れるように意識するのもお勧めです。

 

耐震グッズについては以下の記事も参考にしてください!

「住まいの地震対策!命を守る家具と家電の転倒防止」(https://www.bosai-nippon.com/article/862

急な病気にも防災にも役立つ備蓄

3点目は備蓄についてです。

水や食料品は必ず備えておきましょう。災害用には少なくとも3日間程度の水や食料品が必要とされています。1人暮らしであれば、なおさら必要ではないでしょうか。

 

非常用の水や食料品は災害時だけでなく、急病などで買い物に出かけられないときにも役立ちます。身体がしんどいときには買い物に出かけるのも料理をするのもつらいもの。開封するだけ、レンジで温めるだけ、お湯や水を注ぐだけなどですぐに食べられる食材は心強い存在となってくれます。

 

お薦めは、「パックご飯」「乾麺やカップ麺」「肉・魚・豆などの缶詰」「カレーや丼などのレトルト食品」「インスタントみそ汁やスープ」「野菜の缶詰や野菜ジュース」「果物の缶詰」「お菓子」などです。普段から少し多めに購入しておいて、食べたらまた買い足す「ローリングストック」で備えておくと安心ですね。

 

ローリングストックの詳しいやり方は以下の記事を参考にしてください!

「初めてでも失敗しないローリングストックのコツ」(https://www.bosai-nippon.com/article/841

家族との連絡方法を決めておく

最後は災害時の連絡方法についてです。こちらは一人暮らしをする人だけではく、家族全員で確認しておきましょう。

 

災害が起きた直後は電話やインターネットがつながりにくくなることがあります。通信が復旧してもスマホの充電が切れてしまい、LINEやメールでも連絡できないこともありえます。家族間で家族の安否がわからなければ困りますね。

 

安否確認用としては、通信各社が提供している「災害用伝言サービス」の利用をお勧めします。家族全員で「なにかあったらこの方法で連絡を取ろう」と決め、その利用方法を事前に準備しておくことが大切です。

 

通信各社が提供している災害用伝言サービスには、「災害用伝言ダイヤル(171)」「災害用伝言板(web171)」「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」の4つがあります。使う端末はそれぞれ固定電話やパソコンなど異なります。家族間で事前に使いやすそうなものを選んでおくと良いでしょう。

 

こういったサービスは、災害時にいきなり利用しようとしても使い方がわからずに戸惑ってしまうものです。災害用伝言サービスには体験可能期間がありますので、試してみるのもお勧めです。

 

・毎月1日、15日

・正月三が日(1月1日~3日)

・防災とボランティア週間(1月15日~21日)

・防災週間(8月30日~9月5日)

 

災害用伝言サービスの詳しい使い方については以下の記事を参考にしてください!

「覚えておきたい『171』!災害用伝言サービスの使い方」(https://www.bosai-nippon.com/article/817

一人暮らしでも防災対策をしっかりと

一人暮らしでは、いざというときに自分の身を守ることができるのは自分だけです。平時から準備や対策がどのくらいできているかによって、災害時の安全は大きく変わってきます。

 

一人暮らしを始めるときはもちろんですが、長く一人暮らしをしていても災害への備えは必要です。一人暮らしをする家族がいる場合、この記事をきっかけに、自分や家族の備えが万全か、改めて確認してみてください!定期的な見直しも大切です。

 

<執筆者プロフィル>

松本果歩

フリーランスライター

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS