災害発生時にコンビニで買いたい防災グッズ


画像:PIXTA

コンビニといえば、おにぎりやお弁当をはじめ、飲み物などで日常的に利用している人が多いですよね。実は災害時も頼りになることをご存じでしたか?今回は災害が起きたときのシーン別に、店舗で手に取るべきグッズを紹介します。

Case1 徒歩圏で被災した!歩いて家に帰る

もし自宅以外の場所で被災し、歩いて帰宅しなければならなくなった場合には、最寄りのコンビニに飛び込んで以下のアイテムを購入しましょう。
(東京都では、災害発生から72時間はむやみに移動をせず職場など安全な場所にとどまるよう呼びかけを行っています。帰宅すべきか状況を確認してから行動しましょう)。

 

●携帯食や菓子類

「カロリーメイト」「inゼリー」などの携帯食は、歩きながらでも栄養補給ができるため便利です。チョコレート、キャンディーなどの洋菓子、ようかんやおせんべいなどの和菓子、ナッツやドライフルーツなどでも、空腹をしのぐことができます。

 

●飲み物

水分補給も大切です。夏であればスポーツ飲料など適度に塩分が入ったもの、冬であればホット飲料のお茶などがよいでしょう。

 

●スマートフォン用充電器と電池

家族との連絡や情報収集のために、スマートフォンの利用が普段と比べて格段に増えると思います。充電切れ対策にスマートフォン用充電器がない場合は、購入しておきましょう。電池で充電するタイプのものの場合、電池も合わせて購入しておくとよいですね。

 

●レインコート

災害時にはレインコートがあると便利です。傘だと片手が塞がって行動が制限されたり、通行の妨げになったりすることもあります。レインコートなら両手が自由に使えるうえ、不要なときには折りたためます。防寒にも役立ちます。

 

●使い捨てカイロや保冷剤

冬であれば寒さ対策として使い捨てカイロ、夏であれば暑さ対策に保冷剤を購入しましょう。外気温が寒かったり暑かったりすると、余計に体力を奪われてしまいかねません。これらのアイテムがあると役立ちます。

 

●手袋などの防寒具(冬)

冬になると手袋やネックウォーマーといった防寒具もコンビニに陳列されます。取り扱いを知らない人も多いかと思いますが、冬に被災して持っていない場合、探してみてください。入手しておくと寒さをしのげます。

Check! ローソンの「ネックウォーマー」の使い心地

「ローソン」の実店舗で「発熱ネックウォーマー」を購入し、暖かさをチェックしてみました。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS