缶詰活用!食物アレルギー対応の防災レシピ3つ


画像:PIXTA

缶詰は日持ちするため、災害用に備蓄している家庭も多いことと思います。食物アレルギーがある場合でも、缶詰を活用できたら災害時にメニューの幅が広がります。この記事では、食物アレルギーがある人向けに缶詰を使った防災レシピを3つ紹介します。

アレルギーのある人でも使いやすい缶詰は?

アレルギー食品と表示の見方・注意点

アレルギー物質を含む食品は、「特定原材料等」として指定されています。特定原材料等は28品目あり、表示が義務化されている品目と、表示が推奨されている品目があります(2020年12月時点)。

 

【表示義務・7品目】

エビ・カニ・小麦・そば・卵・乳・落花生(ピーナツ)

 

【表示を推奨・21品目】

アーモンド・アワビ・イカ・イクラ・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・牛肉・クルミ・ごま・サケ・サバ・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・マツタケ・モモ・山芋・リンゴ・ゼラチン

 

加工食品のパッケージには、上記の食材を含む場合、個別表示や注意喚起表示がしてあります。メーカーにより類似商品でも使用食材が異なるため、食物アレルギーが気になる場合、表示をしっかり確認しましょう。

お薦めの使いやすい缶詰

普段の食事でも活用しやすく、ローリングストックとしてもお薦めなのが、サバ缶とツナ缶です。いずれもアレルギー表示義務の7品目を使用していないものがほとんどで、カレーやパスタ、混ぜご飯などの主食メニューとも相性が良いのが特徴です。

 

また、トマトやコーン、豆類の缶詰もお薦めです。不足しがちな栄養が補えるほか、コーンや大豆、ミックスビーンズなどは加熱せずそのまま食べることができます。

缶詰系の非常食を活用したアレルギー対応レシピ

缶詰は日持ちするので、非常食のストックとして最適です。ここからは魚、肉、野菜など様々な缶詰の食材を使用した、アレルギー対応レシピを紹介していきます。

小麦・卵不使用:コンビーフと豆の洋風炊き込みご飯

材料(1人分):

生米 0.5合

コンビーフ(缶) 20g

ミックスビーンズ 40g

コーン 40g

水 100mL

オリーブオイル 小さじ1

ケチャップ 大さじ1

塩・コショウ 適量

粉チーズ お好みで

 

作り方:

(1)フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、生米を洗わずいためる。

(2)5分ほどいため、米が透き通ったらコンビーフ、水、ケチャップを加える。

(3)塩・コショウを加え、弱火にする。ふたをして15分加熱する。

(4)ふたを開け、ミックスビーンズ、コーンを加える。

(5)火を止め、再度ふたをして、10分蒸す。お好みで粉チーズを振って完成。

 

ポイント:

フライパンひとつでできる炊き込みご飯は、作り方を覚えておけば色々な食材や味付けでアレンジできます。今回はコンビーフを使用し、牛肉のうま味とコンビーフの塩気を利用しました。

ミックスビーンズやコーンなどの缶詰も幅広く活用できておすすめです。豆類は、不足しがちな食物繊維や良質なたんぱく質が補えるほか、かみ応えもあり満足感もアップします。

卵・乳不使用:ツナ缶と梅干しのぶっかけうどん

材料(1人分):

うどん(乾麺) 1人分

ツナ缶 35g

めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1

梅干し 1個

青ネギ 少々

水 400mL

 

作り方:

(1)うどんはポリ袋に入れ、水を400mL注ぎ1時間ほどつける。青ネギは小口切りにする。

(2)1時間ほどたってうどんが軟らかくなったら、袋を二重にして口を縛る。

(3)お湯を沸かした鍋に耐熱皿を敷き、(2)を入れる。中火で3分加熱し、一度取り出して麺をほぐす。

(4)再度鍋に入れ、中火で3分加熱する。

 

(5)ポリ袋に穴をあけ、水気を切る。皿にうどんを盛り、めんつゆをかけ、ツナ、梅干し、青ネギをトッピングし完成。

 

ポイント:

乾麺は事前に水につけておくことで軟らかくなり、ゆで時間の短縮になります。ポリ袋内でゆでて水切りするので、洗い物の節約にも。

ゆでたときに、一度取り出してほぐすのがポイントです。麺が固まらず、ムラなく均一にゆでることができます。

様々なメニューに活躍するツナ缶は、日頃からぜひストックしておきましょう。ノンオイルよりオイル入りのほうが、コクが出て調味料代わりになり、限られた味付けでも満足できます。

ポリ袋を使って調理する際は、耐熱性の「高密度ポリエチレン(HDPE)」製のものを使用しましょう。

小麦粉不使用:ホッと一息小豆プリン

材料(1人分):

卵 1個

牛乳 100mL

ゆで小豆(缶) 大さじ1

 

作り方:

(1)ポリ袋に卵を割り入れ、外側から手でしっかり潰す。

(2)牛乳を加え、ポリ袋に空気を入れる。中身がでないように袋の口を閉じ、振りながら混ぜる。

(3)ゆで小豆を加え、さらに混ぜる。混ぜ終わったら、袋の口を縛る。

(4)深めの耐熱皿に(3)を入れる。お湯を沸かした鍋に耐熱皿ごと入れ、固まるまで弱火で20分加熱する。

(5)プリンが固まったら火を止め、粗熱が取れるまで冷ます。

 

ポイント:

被災時に甘いスイーツを食べると、ホッとして不安やストレスを幾分、和らげてくれます。このレシピは、食材3つとポリ袋があれば作れる手軽さと、小豆の甘さがポイントです。きなこや黒みつを加えたり、抹茶やココアでアレンジしたりするのもお薦めです。

(2)のあとにプリン液をこすと、よりなめらかな口当たりになります。

日持ちする缶詰を災害用備蓄品としてストックしよう

家族に食物アレルギーがある場合、日頃からアレルギー表示を確認し、使用できる食品・食材を備蓄しておくことが大切です。

常温で保存でき、日持ちする缶詰は災害用の備蓄食材にぴったりです。缶を開けるだけでおかずになる缶詰も多くあるので、ぜひチェックしてみましょう。

<執筆者プロフィル>

矢崎海里

管理栄養士・フードコーディネーター

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS