大災害の備え 個人でできるポイントを専門家に聞く


画像:PIXTA

東日本大震災から10年。南海トラフや首都直下地震などが、30年以内に高い確率で発生すると言われています。くらしのなかでどう備えたらいいのでしょうか。これからの防災の在り方を研究している花崎哲司(はなざき さとし)さんに尋ねました。

想定を超えるから「災害」です

――南海トラフも首都直下地震も、今後30年に起きる確率が高いと言われています。この数字はどういうふうに考えればいいですか。

 

確率論では今起こってもおかしくない。しかも、交通事故で亡くなる確率よりはるかに高い。温暖化や熱帯化、海水面の上昇など、地球環境はここ数百年で経験したことのないスピードで変化しています。気象観測が始まって100年余りのデータでは、予測不可能なことが続いています。

巨大地震も、地球にしてみればくしゃみ程度のことではないでしょうか。想定通りにやってくる災害はありません。想定していた数値を超えるから「災害になる」ことを忘れてはなりません。

 

大切なのは「人に頼らない防災」です。自分の命を人任せにせず、無理なく日常生活の延長でできる防災を意識していくことです。自分の住む地域の災害特性、災害の情報に敏感にアンテナを張って知識として持っておき、いざというときに自分で考えて行動できることが求められます。

避難所は頼れない?「在宅避難」のススメ

――具体的にはどう取り組めばいいですか。

 

巨大な災害を社会学的に考えると、地震・津波・液状化などが起きることで、水や電気やガス、そして衣食住すべてのサプライチェーンの途絶が起こることも想定しておかなければいけません。「衣食住すべてのサプライチェーンの途絶が起こる」ことです。道路が寸断され物資が届かなくなる「陸の孤島」に取り残される事態を考えておくべきでしょう。

 

災害について、家庭や学校で「知る→考える(討議する)→行動する」態勢を整えておくことが重要です。

防災は堤防を作ることから、家族の食べ物を確保するまで幅広い定義がありますが、普段の生活に近い状態を維持できることが「防災」そのものだと考えています。

 

――「在宅避難を基本としたい」と提案しているそうですね。

 

近年、報道による避難を促すアナウンスが「ただちに避難所へ」から「ただちに身を守る行動をとってください」へ変化していることにお気づきでしょうか。ハザードマップも、参考になり得ますが、絶対ではありません。自分の安全のためには、安全な場所を自己選択することが大切になってきました。

多くの自治体では、避難所の定員は一人あたり2㎡程度の面積で計算しています。それでも住民数に対して避難所が不足している自治体が多いのが現状です。もちろん冷暖房もなく、トイレや着替えにも気を使うでしょう。避難所は地域住民全員の「生活の場所」でなく、「一時的に滞在する場所」として設定している自治体が多いようです。

 

普段からいろいろな災害対応を考えておく中で、自分スタイルの在宅避難も可能性に含めておいてほしいと思います。自宅がつぶれたり、津波で流されたりする恐れが低い限り、安全に配慮した在宅避難がよいと個人的には考えています。

在宅避難に水、食糧、そしてテント!

――在宅避難を前提にしたら普段からどのように対策したらよいですか。

 

生命維持期と言われる72時間を最低限度として、備蓄品で一番大切なのは水です。

ペットボトルの備蓄だけでなく、井戸水や湧き水も活用できる可能性があります。場所などを確認しておきましょう。

 

食料は非常食や普段からのローリングストックが推奨されていますが、おすすめとしては、冬も夏も常温保存できるあんこです。ほかに果物、缶詰、菓子類も常備しておくとよいです。子どもや高齢者は食べ慣れたものでないと受け付けないこともあるので、なじみがあって調理しなくても良い点が大切です。

普段、冷蔵庫の中や台所にある「そのまま」食べられる食品が、いざというときには非常食にもなります。多めに備えておくとよいですね。

 

定番の備蓄品以外では、テントを備えましょう。「どこでもハウス」として、夏は虫よけ、冬は保温の助け、自宅避難の際には一時的なシェルターとして、屋内外で家族以外の人に寝泊まりしてもらうこともできます。

避難所でも使えますしプライバシーの確保にも役立ちます。5,000円程度で購入できるもので十分です。

 

――テントというとキャンプのようですね。

 

アウトドアレジャーも兼ねて災害時の「練習」をしておくとよいです。水が出ない、電気が使えない、ガスが使えない、トイレが壊れた…など、だんだんにハードルを上げて取り組むのです。大人も知ったふりをせずに、家族一緒に「体験」をしておくことが大切です。ひとりで、みんなで「テント基地ごっこ」を楽しんでみてください。意外に楽しく実用的です。

(花崎さん提供)

自宅で実践中のコロナ対策

――いまは、自然災害に加え、新型コロナウイルスへの備えも必要です。

 

私が現在、実践している自宅でできるコロナ下の対策を紹介します。

①自宅に帰り、玄関のドアを開ける

②玄関に設置している扇風機を最強にして外に向け、玄関でエアシャワー

③髪や衣服についたほこりやウイルスを「毛ばたき+静電気」で落とす

④コートや上着は玄関で脱ぐ

⑤すぐに「手洗い」「うがい」「洗顔」。洗顔は目の粘膜からの感染を危惧してのことです。

⑥気になるところには、アルコールスプレー

⑦部屋はビニール製のカーテンで仕切り、簡易個室に(住まいへのウイルス拡散抑制や、万が一家族が感染者や自宅待機者となった場合の簡易隔離の効果=写真)

(花崎さん提供)

 

――読者に伝えておきたいことがあればお願いします。

 

今は「あたらしい防災の在り方」を考える時期になってきているかもしれません。

高齢化により地域や家族の在り方が大きく変わってきた中で、一人住まいも増加しています。「自分でできる、人に頼らない防災のイメージ」を考え、無理のない、自分スタイルで取り組んでください。

 

地震について調べたい場合は、防災科学技術研究所の「地震ハザードステーション」に入り、自分の住まいや職場の予想される災害について調べてみてください。数百メートルメッシュでの「地震ハザードカルテ」が取り出せます。また最新の防災研究の成果を見ることができます。

また気象庁や国土交通省、内閣府のサイトには、それぞれ専門的な内容が、理解しやすいように工夫を凝らして提案されています。

 

まとめ

今回の取材で、時代の変化に合わせて防災への取り組み方も変える必要があるということを実感しました。特に地震は予測ができないからこそ、そのときの状況に応じて最適な行動ができるよう、知識を身に付けておきたいと思います。

災害をただ怖がるだけでなく、時代の流れやコロナ禍における状況の変化なども意識して普段から周りの人と話しあい、いざというときの準備を万全に整えておきたいですね。

 

<取材協力>

花崎哲司(はなざきさとし)

防災教育研究会かがわ座長、国立研究開発法人防災科学技術研究所災害過程研究部門客員研究員。多様な視点からの障害者防災、高齢者防災、マンション防災を研究、バリアフリーな防災社会をめざす。

 

<執筆者プロフィル>

松本果歩

フリーランスライター

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS