車両保険は災害補償も要確認!地震・台風は補償される?

自然災害は毎年のように各地で発生しています。自家用車が災害で傷が付いたり、壊れたりすることは、だれにでも起こりうるでしょう。その場合、加入している車両保険で、修理費用などが補償されることがあります。車両保険は、交通事故に限らず、災害で車に損害が生じた場合にも大きな支出の回避に役立つ可能性があるのです。

この記事では災害による損害の具体的な事例を見ながら、車両保険で補償されるのかどうか、ポイントはどこにあるのかなどを説明します。

車の被災時に保険で補償されるには

車両保険は偶然の事故により自動車が損害を受けた場合に補償するものです。また、被災といっても自然災害には種別があります。地震・津波・噴火による損害が補償対象かどうか、結論を最初に申し上げると、全体の損害額が大きく、保険料の設定が困難であるため、一般的な車両保険では補償範囲となっていません。

ところが、付けている特約によって補償対象になることがあります。被災時に補償対象になるかどうかは「特約」次第ということになります。また、台風や浸水被害の場合は車両保険で補償対象になります。
つまり補償対象かどうかは、災害の種別と特約で大きく異なってくるのです。

車両保険と自動車保険

また整理しておきますが、一般的に言われる自動車保険は、「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」「人身傷害保険」により構成されており、自身の車は補償対象に入っていません。自身の車の補償は別途、車両保険を契約する必要があります。

では、ここから災害別に具体的にみていきましょう。

Case1 地震で落ちてきた瓦で車が壊れた!

一般的に、地震の発生により屋根瓦が落ちてきたことで車が壊れた場合には、前述の通り車両保険では補償されません。全体の損害額が大きく保険料の設定が困難なためです。同じ瓦による車の破損でも、台風や竜巻などの強風による場合は車両保険で補償されます。

地震で補償対象になるのは、地震などによる「車両全損時一時金特約」を契約している場合です。地震により車両が全損した時には、一時金(50万円程度を限度)が支払われます。

Case2 豪雨で車が浸水!

近年、台風や局地的・短時間の豪雨により河川などが氾濫する災害が多くなってきました。豪雨により車が浸水した場合は、車両保険で補償されます。

車両保険には、火災や盗難など「一般的な補償内容をカバーした車両保険」と火災は補償するけど盗難は補償しない、といった「補償範囲を限定し保険料を抑えた車両保険」がありますが、双方とも豪雨で車が浸水した場合には補償されます。補償金額は保険会社ごと、保険商品ごとに異なりますので保険証券等を確認してみましょう。

ポイントは「豪雨による浸水は車両保険の補償対象である」という点です。なお、台風による高潮も車両保険の補償範囲となっています。

Case3 強風で隣の車にドアをぶつけた!

車両保険は、自分の車が偶然の事故により破損するなどした場合に補償される保険です。

強風により隣の車にドアをぶつけて傷がついたり破損したりした場合、自分の車は車両保険で補償されますが、隣の車の修理費は補償されません。隣の車の補償は自動車保険の中の対物賠償責任保険によって補償されます。少しややこしいので注意が必要です。

ポイントは「車両保険は自分の車が補償対象である」という点です。自分の自動車保険に「対物賠償責任保険」を付けていなければ、自分の車が壊した車両の修理費は保険で賄えないのです。

Case4 噴火の灰で車に傷がついた!

これまでお伝えしてきた通り、車両保険は偶然の出来事により自動車が受けた損害を補償するもので、地震・津波・噴火による損害は補償されないことが一般的です。

そのため、火山灰で車に傷がついた場合は補償されませんが、こちらも、地震など(地震・津波・噴火)による「車両全損時一時金特約」を契約している場合、噴火により車両が全損した場合に一時金(50万円程度を限度)が支払われます。自分の契約内容を証券などで確認した上で、車両の損害が全損に当たるかどうかを保険会社に問い合わせて確認しましょう。

噴火による損害も特約次第なのです。

まとめ

車両保険は自分の車が偶然の事故により破損等した場合に補償される保険です。しかし、地震・津波・噴火による損害は全体の損害額が大きく、保険料設定が困難であるため一般的な車両保険の補償範囲とはなっていません。ところが、特約によっては補償対象になるケースもあるのです。そして同じ自然災害でも、台風や浸水被害による場合は、特約をつけていない場合も補償対象になるのです。また、各種補償金額に免責の金額が設定されている場合にはその免責金額を上回る金額の損失について車両保険により補償されます。被災後の補償は自分の契約した車両保険の細かな契約内容によりますから、加入している保険証券等により確認をしましょう。

自然災害により自分の車が破損し車両保険を利用して修理を行った場合には、交通事故などで補償を受けた場合と同様に、保険等級が下がり、保険料が上がります。
車両保険を使用して車を修理するかどうかは「車の破損状態や修理費用」「保険により補償される金額」「免責金額」「補償翌年度の保険料がどれくらい上がるのか」など全ての情報を基に総合的に判断する必要があります。

<執筆者プロフィル>
大間 武
ファイナンシャルプランナー

多業種の経理業務構築、投資事業組合を経て、FPとして独立。「家計も企業の経理も同じ」という考えを基本に、「家計」「会計」「監査」の3領域を活用した家計相談、会計コンサル、監査関連業務、講師・講演、執筆など幅広く活動している。

 

 

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS