備蓄用缶詰で!ツナ缶やサバ缶、トマト缶で作る防災レシピ4つ

コンビーフのトマトグラタン

備蓄用の食品として重宝するのが、長期保存が可能な「缶詰」です。何種類かの缶詰を普段からローリングストックしておくと、日々の料理にはもちろん、災害時にも活躍します。
今回は、スーパーでも簡単に手に入るツナ缶やサバ缶、トマト缶などの缶詰を使ったレシピを4点紹介します。

ツナ餃子(ギョーザ)

ツナ餃子

缶詰の定番ツナと、大葉&セロリを具にすることで餃子もサッパリとした味わいになります。

材料(4人分):
ツナ缶(ノンオイルタイプ) 2缶(140g)
セロリ 1/2本
大葉 10枚
A(ショウガ 1片、酒 小さじ2、ゴマ油・しょうゆ 各小さじ1、塩・コショウ 各少々)
餃子の皮 約16枚
サラダ油 大さじ2
B(水 1/2カップ、片栗粉 小さじ2)
ゴマ油 大さじ1
酢じょうゆまたはポン酢 適量

作り方:
(1)ツナ缶のツナは水気を切っておく。
(2)Aのショウガはすりおろし、セロリ・大葉はみじん切りにする。
(3)ボウルにツナとAを加えてよく混ぜ、セロリ・大葉を加えてざっと混ぜて、タネを作る。
(4)餃子の皮にタネを乗せて、ふちに指で水をつけ、ヒダを作りながら包む。
(5)Bをよく混ぜ合わせておく。
(6)フライパンにサラダ油をひき、餃子を並べてから火をつける(中火)。
(7)薄く焼き色がついたら、Bを餃子の高さの約1/3まで注ぐ(足りなければ水を足し、多ければ蒸し焼きのときに余らせてOK)。
(8)蓋をして強火で3~5分、水分がなくなるまで蒸し焼きにする。
(9)蓋を取り、ゴマ油を回しかけ、フライパンを動かしたときに餃子全体が滑るようになるまで焼く。
(10)器に盛り、お好みで酢じょうゆやポン酢を添える。

ポイント:
タネから水分が出て包みにくい場合は、片栗粉小さじ1程度を混ぜて調節してみてください。
いつものメニューにちょっと変化を出したいときはもちろん、食欲がないときでもサッパリとしていて食べやすいですよ。

サバの豆カレー

サバの豆カレー

うまみがたっぷりと詰まっていて、骨まで食べられる栄養価満点のサバ缶。スパイスの風味で臭みを消し、手軽に作れるカレーのレシピです。

材料(4人分):
A(サラダ油 大さじ1、唐辛子 1本)
ニンジン 2/3本
ゴボウ 1/2本
サバの水煮缶 2缶(約380g)
カレー粉 大さじ1
ホールトマト缶 1缶(約400g)
ミックスビーンズ缶 1缶(約110g)
B(ケチャップ・オイスターソース 各大さじ2)
塩・コショウ 適量
ご飯 4人分(適量)

作り方:
(1)唐辛子はキッチンばさみでヘタを切り、つまようじで種を取り除く。
(2)ニンジン、ゴボウはみじん切りにする。
(3)フライパンにAを加えて火にかけ、小さな泡がしゅわしゅわと出てきたら唐辛子を取り除いてニンジン・ゴボウを加える。
(4)野菜がしんなりしたらサバの水煮を汁ごと加え、木べらで崩しながらいためる。
(5)カレー粉を加えて焦がさないようにサッといため、ホールトマトを加えて潰す。
(6)時々混ぜながら水分を飛ばし、好みのとろみになったらミックスビーンズ・Bを加えて混ぜる。
(7)塩・コショウで味を調える。
(8)器にご飯とカレーを盛りつける。

ポイント:
ニンジンやゴボウで和風仕立てにしました。唐辛子やカレー粉は、量よりもどれだけいためたかで辛さが変わるので、お好みで加熱時間を調節してください。冷蔵保存で4日ほど持ちます。冷凍もできるので、多めに作ってストックしておけば、お手軽なランチにもピッタリですよ!

ピーマンの焼き鳥詰め

ピーマンの焼き鳥詰め

簡単に作れて夕食のメニューにもおつまみにもなるピーマンの肉詰め。ピーマンの食べ方がワンパターンになってしまう方にもおすすめです!

材料(4人分):
ピーマン 4個
焼き鳥(たれ)缶 2缶(約150g)
ピザ用チーズ 適量
あらびき黒コショウ 適量

作り方:
(1)ピーマンは縦半分に切って、種・ヘタ・ワタを取る。
(2)ピーマンの中に焼き鳥を詰め、ピザ用チーズをかける。
(3)トースターで焼き色がつくまで8~10分焼き、あらびき黒コショウをかける。

ポイント:
黒コショウと一緒に七味唐辛子やラー油をかけたり、焼き鳥をコチュジャンであえたりと、ピリ辛にアレンジしてもおいしいです。

コンビーフのトマトグラタン

コンビーフのトマトグラタン

ちょっとクセがあるコンビーフを、トマト缶と一緒にいためてミートソース仕立てに。ボリュームのある1品が手軽にできます!

材料(4人分):
オリーブオイル 大さじ3
シメジ 1/2パック
しょうゆ 小さじ1
タマネギ 1/2個
カットトマト缶 1缶(約400g)
コンビーフ缶 1缶(約80g)
塩・コショウ 各適量
ジャガイモ 2個
ピザ用チーズ 80g
パセリ 少々

作り方:
(1)シメジは石突きを取って小房に分ける。タマネギは薄切り、パセリはみじん切りにする。
(2)ジャガイモは電子レンジ(600W)で5~6分ほど、竹串がスッと通るまで加熱する。粗熱が取れたら皮をむいて一口大に切る。
(3)フライパンにオリーブオイル大さじ1とシメジを加えて強火でいためる。焼き色がついてしんなりしてきたらしょうゆを加えて取り出す。
(4)同じフライパンをサッとキッチンペーパーで拭いてから、オリーブオイル大さじ2とタマネギを加えて中火でいためる。
(5)しんなりしたらカットトマトを加え、焦がさないように時々混ぜながら煮詰める。
(6)コンビーフを加えて軽くほぐし、塩・コショウで味を調える。
(7)耐熱皿にジャガイモ・シメジを並べ、⑥のトマトソースをかけてピザ用チーズをトッピングし、トースターかオーブンで焼き色がつくまで加熱する。
(8)やけどに気を付けながら取り出し、パセリを散らす。

ポイント:
今回はグラタンにしましたが、コンビーフミートソースはペンネなどのショートパスタのソースとしてもおすすめです。冷凍ストックも可能なので、たくさん作っておくと便利ですよ。

缶詰を普段から備蓄用に買い置きしておきましょう!

缶詰を使ったレシピを4つ紹介しました。
長期保存が可能な缶詰は、加熱をせずに食べられるものがほとんどで、電気やガスが使えない被災時にも活躍します。災害対策のためにも、缶詰を買い置きしておくことをおすすめします。

<執筆者プロフィル>
露崎奈津子
料理講師・料理教室主宰

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS