自宅バーベキューが防災訓練になる!BBQプロが語るポイント

ステイホームの流れのひとつとして、自宅の庭で家族とバーベキューを楽しむ人が増えています。そんなバーベキューが、実は防災訓練にもなります。日本バーベキュー協会の会長で防災士の下城民夫さんに、防災に役立つ観点で話を伺いました。

 


下城民夫さん

BBQのどんなところが防災に役立つ?

―バーベキューの経験が、災害時に役立つと伺いました。

大前提として知っておいてほしいのは、何か一つのスキルが役立つのではなく、日常的にバーベキューを楽しむことが防災訓練になるということです。例えば、電気が止まって明かりが必要になったとします。懐中電灯を使うのか、ロウソクに火をつけるのか、とっさの時に判断がつきません。アウトドアのバーベキューならランタンです。でも、突然ランタンを手渡されても、どうやって点灯させればよいかわからない人だっています。

―災害で役立ちそうなものとしては、火おこしをイメージする人もいるかと思います。

ほとんどの被災現場では、火おこしのような原始的なサバイバル術は必要ないです。火が必要ならライターを使えばいい。特別な技術よりも、いざという時のために必要な道具を知っておき、使い方を身に付けておくことが大切です。

具体的にBBQのどんな経験が…

―アウトドアの中でも、バーベキューの経験がいかせることはなんでしょうか?

災害になると、おなかを満たすものとしてパンやおにぎりを思い浮かべる人もいます。しかし、それで我々は満足できない。贅沢(ぜいたく)がしたいわけではありません。日本人は「温かいもの」が食べたくなります。みそ汁のように、日常的なものであれば更にうれしい。

―温かいものを作るために、バーベキューの経験がいかせるわけですね。

災害時にはインフラが途絶えます。多くの人はバーベキューと言えば炭やたき火をイメージすると思いますが、何もわざわざ火をおこすために苦労しなくてもよいのです。バーベキューの本場アメリカでも、多くの人がガスのグリルでバーベキューを楽しんでいます。ガスが止まっていても、ガスコンロとガスボンベがあればよいのです。

どんなガスコンロを選んだらいいか

―ガスコンロはどういったものを選ぶといいでしょうか?

アウトドア用のものもありますが、食卓で鍋をする時に使うような一般的なガスコンロでも大丈夫です。ただ、意識しておきたいのはガスボンベの種類です。ガスボンベには家庭でよくつかわれるCB缶(カセットガスボンベ)と、アウトドア製品などで見かけるOD缶の大きくわけて2種類あります。


アウトドアなどで使われるOD缶

―どちらがよいのでしょうか?

どちらが良いということはありませんが、できることなら種類は統一させておきたいですね。アウトドア用のランタンにはOD缶を使って点灯させるタイプのものもあります。その場合はコンロもOD缶を使うものにするといいかもしれません。自宅で鍋をする時に使うCB缶にはなじみがあるでしょう。日頃から使っているものであれば、いざという時にサッと取り出せると思います。

明かりについて

―災害時には電気がストップすることも珍しくありません。ランタンはどういったものを用意しておくとよいのでしょうか?

ランタンは周囲を明るくするために使う大きめのものと、手元を照らすための小さめの2種類を用意しておくとよいです。

―なぜ2種類必要なのでしょう?

理由は虫よけです。虫は一番明るいところに集まってくる習性があります。大きめのランタンに虫をおびき寄せれば、虫を自分たちから遠ざけることができます。特に食事の際に虫が寄ってくると厄介ですよね。一方で食事を照らす光も必要ですから、2種類のランタンが必要なのです。

―どういったランタンがオススメですか?

電球が切れる心配のないガスタイプも人気ですが、LEDのおかげで、乾電池を使うタイプでも高寿命でかつ明かりも長持ちするようになりました。乾電池ならラジオなど他の用途にも使えますので、備蓄しておきやすいですよね。それと明かりといえば、ヘッドライトも便利です。両手が使えるので作業がしやすく、トイレに行く時にも大変役立ちます。高価なものでなくても良いので、家族全員分用意しておくことをオススメします。

備蓄食材の扱いについて

―バーベキューでの経験の一つひとつが、いざという時の判断につながるわけですね。

そうなんです。だから、防災用の備蓄食材を、普段のアウトドア活動で使って循環させていくことも大事です。

―賞味期限の古い順に消費し、その分を新たに買い足して一定量を保つ「ローリングストック方式」ですね。

ただ備蓄するのではなく、日頃からどれくらいの水や食事が必要になるのかがわかっていれば、備える量についても正しく把握できます。また、循環させていれば、賞味期限が切れる心配もない。備蓄食材を実際にアウトドアで調理することで、どんな料理を用意できるかもわかります。だから防災訓練になるのです。

BBQを自宅で行う意味合い

―コロナ禍で自宅の庭でバーベキューを楽しむ人が増えているという話もあります。

自宅でのバーベキューなら、キャンプ場でのバーベキューよりも、より日常的な防災訓練になると思います。

たとえば、災害時にとても重要なのは水です。人間は1日に3Lの水が必要なので、最低3日分、4人家族の備蓄なら36Lの飲み水を用意します。これが自宅のどこにあるのかを常に把握しておくことは重要です。自宅バーベキューの際には、その水を活用します。

そして、洗濯や風呂などの生活用水も必要になります。備蓄用のペットボトルの水を確保しておくことはもちろん、公園などでみかける手押しタイプの井戸水がある場所も普段から把握しておくとよいでしょう。その水が飲料水として適しているのかどうかも、普段からチェックしておけば安心ですよね。日頃から防災につながる習慣が、バーベキューなら楽しみながら得られるのです。

―遊びが防災訓練になるのはとてもいいですね。

バーベキューは家族、そして家族以外の人たちとのつながりをつくる遊びです。人のことを思い助けることを「共助」と言いますが、災害の時には共助の精神がとても重要です。バーベキューで助け合って準備をし、食べ物を共有し、共に喜びをわかちあう。日頃から行っていることで、これが自然とできるようになります。アウトドアやバーベキューは特別感を演出するのも楽しいですが、日頃の延長線上においておくと、いざという時に役に立ちます。

下城民夫氏 <プロフィル> しもじょう・たみお
1960年生まれ、兵庫県出身。2006年、日本バーベキュー協会を設立。日本での本物のバーベキュー文化の普及と啓蒙を目指し、全国でバーベキュー検定を開催。阪神淡路大震災の被災経験から防災士の資格を取得した。防災関連の活動も行っている。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS