アルファ米は炊飯器でも調理できる!普段の食事でおいしく食べよう

非常食の定番であるアルファ米。炊飯器で調理すると、よりおいしく食べられるって知っていましたか?炊飯器で炊くと、アルファ米も普通のご飯と遜色ない味になるんです。

こちらの記事もおすすめ!→親子でパン作り!非常時でもミニマムな材料と道具で作れる「防災パン」

非常食はある程度の量をまとめ買いすることが多いと思いますが、一度にたくさん買うということは、一気に賞味期限を迎えるということ。賞味期限が迫った非常食も無駄にせず食べ切りたいですよね。
アルファ米を炊飯器で調理すれば、普段の食事でおいしく使い切ることができます。さらに浸水不要で時短にもなるので忙しいときにも助かります。ローリングストックにもおすすめですよ。
今回は実際にアルファ米を炊飯器で調理して、その味をリポートします!

※本記事では、炊飯器調理もできるアルファ―食品株式会社「安心米」を使用しています(https://www.alpha-come.co.jp/img/pdf/ansiin-cook.pdf)。メーカーによっては炊飯器調理を推奨していない場合もありますので、メーカーの公式サイトなどでご確認ください。

アルファ米とは?

アルファ米は、炊飯したお米を急速に乾燥させたもの。水やお湯を入れてかき混ぜるだけで、炊いたご飯のような食感と味に戻ります。水さえあれば調理できるので、非常時の強い味方です。

白米のほかに、ひじきごはんやピラフなどの味付きごはん、おこわやおかゆなどたくさんの種類があります。
今回使用するのはこちら。白米が税込み302円、わかめご飯が税込み345円、ひじきご飯・きのこご飯は税込み378円でした(公式サイトより。価格は2021年5月現在の情報です)。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS