首都直下地震の発生~避難を体験できる「そなエリア東京」に行ってみた!(後編)

楽しみながら防災について学べる国の防災体験学習施設「そなエリア東京」。前編では、首都直下地震を体験できる「東京直下72h TOUR」のリポートをお届けしました。
後編では地震体験ツアー以外の見どころをご紹介します!

さまざまなデータから首都直下地震について学ぶ

1階の防災体験ゾーンで「東京直下72h TOUR」を終えたら、「津波避難体験コーナー」を見てみましょう。「津波が○メートル」なんて言われてもなかなかイメージできませんが、実際にこのくらいまでくるんだ!と思うとその高さに驚いてしまいます。

「津波避難体験コーナー」から続く階段を上ると、2階の「防災学習ゾーン」へと順路が続きます。

「首都直下地震特設コーナー」ではさまざまなデータに基づく情報が展示されています。

たとえばこの19パターンの「首都直下M7クラスの地震による最大震度分布」。首都圏各地に震源を設定し、最も強い揺れによる震度図を関東地方の地図に落とし込んでいます。自分が住んでいる場所にはどのくらい危険があるのか?を目の当たりにすると「いつ起きてもおかしくないんだ…」と危機感が切実になってきます。

ほかにも、「なぜ首都直下地震が起きるのか」といったことをわかりやすく解説しているパネルもあります。

都心南部直下地震の被害想定を記したパネルでは断水や停電件数などがわかります。「地震が起きてもすぐに復旧するでしょ?」と思っている方はリアルな数字を見ると驚くかもしれません。

身近なものを活用して72時間を生き抜く

「自助体験コーナー」では、「72時間生き抜くヒント」として、災害時に身近なもので自分の身を守る知恵がたくさん展示されています。
ネクタイやレジ袋を活用して骨折の応急手当てをする方法などがイラストでわかりやすく描かれていました。知っておくだけでもいざというときにも応急処置などができそうです。

広々とした空間には、災害時に活躍するアイテムの展示も多数あります。

非常食の展示も。最近は缶詰だけでなくさまざまなタイプの非常食が売られているんですね!

あの人気映画に登場したオペレーションルームがここに!

そして、さらに順路を進むと驚きの光景が…!

見学窓越しに見えるのは、リアル「オペレーションルーム」です。
広さは約960㎡、座席数は186もあります。首都圏で大規模な地震災害などが発生したときに国や地方公共団体などの「緊急災害現地対策本部」が広大なこの場所に設置されるそうです。ここが、被災情報や応急活動に関する情報の収集・分析、関係機関との相互調整などを行う重要な拠点となるんですね。

実はこの場所は、映画「シン・ゴジラ」のロケでも使われたんだそう!なるほど。映画の公開直後には多くのファンが訪れたといいます。

「事例に学ぶ自助の知恵コーナー」では、実際に阪神淡路大震災や東日本大震災などを経験した方の体験談をもとに「あのとき役立った私の知恵」というパネルが展示されています。

被災した方の声から学ぶこと、準備すべきことはたくさんありますね。

たくさん歩いて疲れたら、屋上庭園に立ち寄るのがお勧め。

緑がたくさんあって広々としていますので、見学を終えた後にお弁当を食べたりのんびり過ごしたりするのにもよさそうです。

そして帰宅前にぜひ寄ってほしいのがここ。

1階にある売店です!

「そなエリア東京」らしいのが、非常食を取り扱っているところ。かなり豊富な品ぞろえです。お土産のほか、ピクニックや出張用に持ち運びやすい食料として買っていく方も多いようです。

非常食以外に、衛生用品や簡易トイレなどもありました!

こちらも簡易トイレ。カバンに入れておきたくなるオシャレさ!お土産にもぴったりですね。

売店にはカフェも併設されています。1階のフリースペースでゆっくりと過ごすことができますよ。

以上、前後編にわたって「そなエリア東京」リポートをお伝えしました。これだけ充実した施設なのに入館料は無料です!家族で気軽に訪れることができるので、一度足を運んで、防災について考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

そなエリア東京
首都圏の大規模災害に備え、国土交通省が2010年、東京都江東区にある東京臨海広域防災公園内に開設した。
利用時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は開館し、翌日休館。年末年始や臨時休館日がある)
料金:入園料・入館料無料
見学所要時間:約1時間~1時間30分

 

<執筆者プロフィル>
松本果歩
フリーランスライター

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS