パパッと10分ランチ!さんまのかば焼き缶などおかず系缶詰で3品

温めてそのまま食べられる、手軽なおかず系缶詰。実はちょっとアレンジするだけで、見た目も華やかな、ランチにおすすめの一皿ができあがるんです。今回はつくり始めて10分以内に完成する、お手軽レシピを紹介します。

こちらの記事もおすすめ!→備蓄食材もおいしい!グルメな缶詰3選

爽やかな味わいのゆかりとろろがポイント

一品目のレシピは、こってりとした味わいのさんまのかば焼きに、ゆかりの爽やかさをプラスした丼。長芋のトロトロとした食感も相まって、食欲がないときでもさっぱりと食べられます。今回はこちらの「さんま蒲焼(かばやき)」缶を使いました。

マルハニチロ さんま蒲焼

さんまのかば焼き缶のゆかりとろろ丼

<材料>(2人分)
「さんま蒲焼」缶…1缶
長芋…120g
温かいご飯…茶わん2杯分(360g)
ゆかり…小さじ1/3
きざみのり…少々
青ネギ…1本
みょうが…1本

<作り方>
①長芋は皮をむきすりおろし、ゆかりを混ぜ合わせておく。青ネギは小口切り、みょうがは輪切りにする。

②「さんま蒲焼」缶のたれをご飯にかける。

③ ②の上にとろろをかけ、さんまのかば焼き、青ネギ、みょうが、きざみのりを盛って完成。

災害時は火を使わない料理を

山芋がない時は、お好み焼き用の山芋パウダーを使ってもつくることができます。少しずつ水を加えて混ぜれば、山芋とろろができあがります。パウダーだと長期保存が可能なので、ローリングストックにもおすすめ。また、このレシピは火を使わないので、夏のお昼ごはんや非常時の食事としてぜひつくってみてくださいね。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS