ペットの防災対策!飼い主向け災害への備えと避難


ペットのいる家庭では災害が起きたとき、大切な家族の一員である犬や猫などペットをどうするかという視点が欠かせません。今回はペットを飼っている場合の防災対策、特に事前に準備しておくとよいことを「避難計画の6要素」として紹介します。

ペットの防災対策!備えと避難計画

各自治体ではペットの防災計画を作成しています。そして、そのペットの防災計画では「ペットとの同行避難」を原則としています。つまり、災害時に飼い主はペットを自宅などに放置せず、責任をもってペットを連れて避難することが求められているのです。

ペットの避難計画に関する課題

自宅で一緒に被災した場合、家の安全確認ができた場合は在宅避難、そうでない場合は同行避難が推奨されています。また、自分が外出時に別々に被災した場合も同様で、帰宅後に安全確認し、そのまま自宅に残るか同行避難をすることになります。

なお、同行避難はペットの飼い主がペットと一緒に避難することを意味します。また、飼い主がペットと一緒に避難所へ避難することを同伴避難といいます。同行避難の一部が同伴避難であると理解してください。

ペット受け入れは避難所ごとに異なる

ペット連れの避難に対し、どのように準備すればいいのでしょうか。一番気を付けなければならないのは、避難所ごとにペット対応が異なっていることです。理由は飼い主にとって愛すべき家族同様でも、飼い主以外には心身の負担になりうるためです。動物が苦手な方もいれば、深刻な動物アレルギーを持っている方もいます。動物アレルギーは、命の危機につながることもあります。

そのため、避難所はペットの受け入れが可能なところと不可なところがあると認識しておきましょう。また受け入れ可能であっても飼い主がペットと同じスペースでいることを約束するものではありません。どのように管理運営するかは一様ではないのです。そもそも避難所といっても、市区町村による指定避難所と住民や団体などによるものがあります。ペットの取り扱いについて明確なルールがない場合、対応は運営担当者次第となります。

飼い主が責任を持って世話をする

どんな避難所でも基本的に飼い主はペットに対して責任をもって世話をすることが求められます。ぺットも被災後は人間と同様かそれ以上に不安やストレスを感じます。ストレスによる鳴き声や騒がしさなどがトラブルにつながることがあります。普段以上にケアをすることが必要となります。

ペットの避難計画の6要素

以上の事柄を踏まえ、ペットの避難計画の6要素を紹介したいと思います。

1)避難先を複数ピックアップ

災害時に避難所がどこにどう設置されるかを事前に把握しておくことが大切です。避難所は運営団体によってペットの受け入れ可否や、受け入れた後の取り扱い方などが異なります。避難所の被災や定員オーバーなどの事態も想定されるため、避難先として複数、ピックアップしておきましょう。ただし、各自治体の避難所は事前把握が可能ですが、自治体以外が運営する場合、ほとんどは発生後でなければ把握できないものです。自治体の避難所を日頃から把握しつつ、災害発生後に自治体以外の避難所も探してみるというスタンスはいかがでしょうか。

また避難所以外の選択肢も検討しておくことが大切です。一時的に預かってもらえる知人宅や施設を探す、在宅避難以外にペットと一緒に過ごせる車中泊や安全な屋外避難場所などです。

2)ケージに慣らしておく

同行避難に最も重要な準備は、しつけです。下記の2要素は欠かせません。

  • ケージに慣らす
  • 音に対する訓練を行う

避難所ではペットをケージに入れることが前提となります。ケージのトレーニングができていないペットは避難所で受け入れられないものと認識しておきましょう。そのためケージ内でも落ち着いて過ごせるように、ケージに慣れる訓練などの基本的なしつけが必須となります。音に対する訓練については、下記などを参照ください。

文京区「ペットの防災対策

3)健康管理の徹底

ペットの衛生面や健康面も重要な要素となります。避難所には不特定多数の人やペットが集うためです。ペット用シェルターに預かってもらう場合に予防接種等が利用条件となっていることが多いです。下記2点は災害時の避難所生活に必須です。

・ワクチンなど予防接種
・ノミやダニの寄生虫駆除対策

4)首輪と迷子札(鑑札)の装着

ペットには首輪と鑑札を装着して避難することが望まれます。犬の場合は狂犬病予防注射済票がないと受け入れてもらえない恐れがあります。

5)ペットフード・ケージ・トイレ用品の準備

ペットフード・ケージ・トイレ用品。この3点セットは避難先で必ず必要となります。ペット受け入れ可能としている避難所でも、備品は飼い主が用意しなければならないためです。必ず準備しておきましょう。

住まいのある自治体のホームページなどで、ペットの防災計画や避難の際に必要なアイテムを確認いただければと思います。参考までに環境省と渋谷区が飼い主向けに作成したガイドライン等を紹介します。

環境省「災害、あなたとペットは大丈夫?人とペットの災害対策ガイドライン<一般飼い主編>
渋谷区「ペットと同行避難するための飼い主の手引き

諸事情によって避難所から別の避難所へ移動することがあります。そのような場合、「防災用多機能型ペットキャリー」も実用性が高い防災アイテムとして注目されています。

  • 防災用多機能リュック型ペットキャリー「GRAMP」など

6)ペットと一緒に写っている写真の準備

ペットの捜索にも備えておくとよいでしょう。災害発生時に自分が外出していて自宅で被災したペットが逃げ出してしまう、あるいは避難中や避難所からペットが逃げ出して迷子となることが少なくないためです。災害時には、迷子となった犬や猫などを探すことは難しいのが実情です。そうした場合にあると便利なのがペットと飼い主が一緒に写っている写真です。離れ離れになった場合を想定し、非常持ち出し袋に入れておきましょう。

まとめ

災害時のペット対応は自治体や避難所ごとに異なります。大地震や大水害などは突然、発生するものです。今回の記事を参考に、個々の事情にかなったペットとの避難計画を準備していただければと思います。

 

<執筆者プロフィル>
榑林宏之(くればやしひろゆき)
一級建築士(BAUMPLANNING一級建築士事務所 代表)
中堅ゼネコン設計部を経て独立、一級建築士として活動。自然環境への取り組み(自然との共生)の一環として自然災害・防災(主に地震災害・防災)研究及び啓発活動を推進しています。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS