非常時に家にあるものでできる!簡易トイレの作り方

災害時でも我慢できない・待ってくれないのは「トイレ・排せつ」ではないでしょうか。
災害への備えを考えるにあたって、トイレ問題は避けて通れません。断水して水が流れない、排水ができなくなった際に慌てないためにも、簡易トイレの作り方を確認しておきましょう。今回は、わが家にあったものを活用して、実際に簡易トイレを作った様子をリポートします。

既存の便器を活用して簡易トイレに

断水して排水はできないけれど、便器に異常はなさそう。そんなときは既存の便器を活用しましょう。

使うもの

・ポリ袋2枚
・ちぎった新聞紙

たったこれだけです!
このふたつなら、どこのご家庭にもあるのではないでしょうか?
早速トライしてみましょう。

作り方

STEP1:便座を上げ、ポリ袋1枚を広げてセットします。便器の開口部をすっぽり覆うのがポイント。できたら便座を下ろします。

STEP2:もう1枚のポリ袋を広げて、便座を覆い隠すように重ねます。

STEP3:2枚目のポリ袋の上にちぎった新聞紙を置けば、簡易トイレの完成です。

STEP4:用を足し終わったら上のポリ袋の口を結んで、所定の場所に捨てます(災害時のゴミの収集方法は自治体により異なります。ゴミの収集が停止している場合には、各家庭でふた付きゴミバケツなどの容器に保管しておきます)。

使用のたびにSTEP2~STEP4を繰り返せばOKです。
座ってみるとポリ袋がゴワゴワするものの、いつものトイレなのでそんなに違和感はありません。

便器がない場合はバケツ・段ボール箱を使おう

便器が破損・汚損してしまって使えない時は、バケツや段ボール箱でも代用できます。要領は便器を使うやり方とほとんど変わりません。

使うもの

・ほどよいサイズの段ボール箱、もしくはバケツ(詳細は後述しますが、どちらも小さめが使いやすいです。今回は縦18cm×横25cm×高さ16cm程度の段ボール箱を使用)
・ポリ袋2枚
・ちぎった新聞紙

画像では段ボール箱を使いますが、バケツでもやり方は一緒です。

作り方

STEP1:段ボール箱のフラップ部分を内側に折りこみます。

STEP2:広げたポリ袋2枚を重ねて、段ボール箱を覆います。

STEP3:真ん中にちぎった新聞紙を置いて、完成です。

STEP4:和式便器の要領で用を足し終わったら、上のポリ袋の口を結んで、所定の場所に捨ててください。
次回以降は、既にセットしてある1枚目のポリ袋の上にもう1枚のポリ袋と新聞紙を重ねてセットして使います。

バケツで作るとこんな感じです。

使う姿勢をとってみると、バケツでも段ボール箱でも、少々キツイことがわかりました。高齢の方、足腰に不安のある方などは特に大変かもしれないな、という印象です。

試しにわが家の4歳児にトライさせたところ、子どもはうまく姿勢を維持できずに穴にお尻を落としたり、足を引っかけて簡易トイレを倒したりしてしまうことも。和式便器を普段使えても、床に埋まっている和式便器よりも高さが出るので難しくなるのかもしれません。

というわけで、ここからは子どもが安定して使いやすいように、段ボール簡易トイレをちょっと改良してみます!
先ほど作った段ボール簡易トイレに、便座の代わりになるパーツを作成して重ねます。
強度を上げるために段ボールを3枚重ねにして、カッターで楕円(だえん)形の穴を開けます。粘着テープで貼り合わせれば、便座パーツの完成です。

使う時は、既存の便器を使った簡易トイレと同じやり方でポリ袋と新聞紙をセットします。
簡易トイレ本体と便座パーツを固定しなくても、袋をかぶせるだけでズレなくなります。
段ボール箱は両足がしっかり床につくサイズを選ぶといいですね。

子どもなら、座っても強度的にも問題なさそう。わが家の4歳児14kg は余裕で座れましたが、大人が座ると便座パーツがゆがんだので、あくまでこのやり方は子ども限定ですね。

災害時にちょうどいい大きさの段ボール箱があるとは限らないので、いい大きさの段ボール箱が手に入ったら、災害用備蓄に加えておくといいかもしれません。ちなみに今回使った段ボール箱は縦18cm×横25cm×高さ16cmのもの。大きいとまたぐのが大変なので、小さめが良さそうです。畳んでおけば場所も取りません。

意外なものが役に立つ!排せつ物の吸収とニオイ対策

排せつ物を吸わせるために今回はちぎった新聞紙を使いました。しかし、必ずしも新聞紙である必要はなく、液体を吸収出来るものであればOKです。例えば以下のようなものが活用できます。
・ペット用トイレシート
・猫砂
・紙オムツ

どれも新聞紙を使う時より排せつ物がこぼれるリスクが減りますし、消臭の機能もついているのでニオイの面でも安心です。
わが家はこのために、使わなくなった紙オムツを捨てずに保管しています。サイズアウトしたときや、パンツに移行してオムツが余ったときは、災害の備えとして取っておくとよいかもしれません。

また排せつ物を吸わせる新聞紙などと一緒に、消臭効果のある以下のようなものを入れておくとニオイが和らぎます(使用の際は商品の注意書きをよく読んでください)。
・粉末洗剤
・重曹
・酸素系漂白剤

また、消臭スプレーを振りかけるのも有効です。

トイレの作り方を知っておけばいざという時も安心

災害時にも絶対必要になるトイレ。簡易トイレ用のキットも販売されていますが、工夫をすれば家にあるものでも簡易トイレを作ることができました!
準備も知識も何もない状態で、子どもに「トイレ!」と言われたら、と考えるとゾッとします…。いざという時に慌てずに準備できるように、手順を確認して、必要そうなものがあれば新たに災害用の備蓄に加えておくと安心です。ポリ袋はどの簡易トイレの作り方でも必ず必要になるので、災害用の備蓄に加えておくといいですね。トイレの棚にも1パック置いておこうと思います。

 

<執筆者プロフィル>
シマサキアヤ
フリーランスライター

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS