覚えておきたい「171」!災害用伝言サービスの使い方

地震などの災害が発生すると、電話がつながりにくくなることがあります。そこで今回は、通信各社が提供している「災害用伝言サービス」を体験リポートします。本来、災害発生時のみ利用可能ですが、定期的に体験利用ができます。一度でも試しておけば、いざというときに役立ちそうです。

災害用伝言サービスの体験可能期間

災害用伝言サービスを使えば、災害時でも通信回線の集中を避けながらスムーズに特定の人の安否を確認したり、自分の状況を伝えたりすることができます。体験利用ができるのは、以下のタイミングです。

  • 毎月1日、15日
  • 正月三が日(1月1日~3日)
  • 防災とボランティア週間(1月15日~21日)
  • 防災週間(8月30日~9月5日)

災害時に使えるサービス4つ

「災害用伝言サービス」は4つあります。最も知られている「災害用伝言ダイヤル(171)」のほか、「災害用伝言板(web171)」、「災害用伝言板」、「災害用音声お届けサービス」があり、それぞれに特徴が異なります。

(1)災害用伝言ダイヤル(171)
利用端末:固定電話・公衆電話・携帯電話やPHSなど。
※携帯電話やPHSでの利用は契約している通信事業者に確認しましょう。
利用方法:「171」をダイヤルする。
特徴:被災地の固定電話や携帯電話の電話番号を宛先として、音声で伝言を登録する。宛先の電話番号が分かれば、どこからでも伝言の再生・録音ができる。

(2)災害用伝言板(web171)
利用端末:パソコン・タブレット・スマートフォン・携帯電話など。
利用方法:「災害用伝言ダイヤル(171)」のウェブ版。災害用伝言板(web171)サイト(https://www.web171.jp/)にアクセスする。
特徴:被災地の固定電話や携帯電話の電話番号を宛先に、文字を入力してテキストで伝言を登録する。宛先の電話番号が分かれば、どこからでも伝言の閲覧・登録ができる。

(3)災害用伝言板
利用端末:主に携帯電話・PHS向けサービス。
利用方法:被災地からのみ伝言を登録できる。携帯電話・PHS・スマートフォンを使って、通信会社の公式サイトや専用アプリから「災害用伝言板サービス」にアクセスする。
特徴:テキストで登録する。確認は、相手の電話番号が分かればどこからでも可能。PCからも確認できる。

(1)~(3)のサービスは連携していて、どのサービスを使っても共通して伝言の確認ができます。(1)で登録した音声は(2)のweb171で確認できるし、(2)で登録された文字は音声変換されて(1)でも再生されます。災害時には利用できる端末が限られることもあるので、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

(4)災害用音声お届けサービス
利用端末:NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル(2020年8月現在)。
利用方法:専用アプリを使って音声で伝言を登録できる。伝言を届けたい相手の携帯番号を入力して音声を登録すると、相手の携帯電話にSMS(ショートメッセージサービス)で通知される。相手先はスマホではなく携帯電話ユーザーでもメッセージを聞くことができる。
特徴:上記4社間では相互にやり取りできるが、(1)~(3)のサービスとは連携していない。

災害用伝言ダイヤルを使ってみた

実際に災害用伝言ダイヤル(171)、災害用伝言板(web171)、災害用伝言板を使ってみたので、リポートします!
まず災害用伝言ダイヤル(171)からです。

災害用伝言ダイヤル(171)の伝言録音

(1)「171」に電話をかけます。
(2)音声ガイダンスで、「こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです。録音される方は1、再生される方は2、暗証番号を利用する録音は3、暗証番号を利用する再生は4を…」とあるので、「1」を押します。
(3)「被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。被災地域以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください」と案内されました。電話番号を入力します。
(4)「電話番号0xx…の伝言を録音します…(略)…30秒以内でお話しください」という案内に続き、伝言を話します。終了後は電話を切るか、30秒たったら「伝言をお預かりしました」と流れ、電話が切れました。

 

伝言を録音できる時間は1伝言当たり30秒以内です。また、1電話番号あたり最大で20個まで伝言を登録でき、20を超えると古い伝言から削除されます。登録された伝言は決められた保存期間が過ぎると削除されます。保存期間は、災害用伝言ダイヤル(171)は運用終了まで、体験利用時は体験利用期間終了までです。一度登録した伝言を自分で削除することはできません。

災害用伝言ダイヤル(171)の伝言を再生

(1)「171」に電話をかけます。
(2)音声ガイダンスで、「こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです。録音される方は1、再生される方は2、暗証番号を利用する録音は3、暗証番号を利用する再生は4を…」と聞いた後に今度は、「2」を押します。
(3)続いて、「被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。被災地域以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください」と案内があり、連絡を取りたい相手の電話番号を入力します。
(4)伝言がある場合、「電話番号0xx…の…●年●月●日●時●分に登録された伝言をお伝えします」と流れ、伝言が再生されます。複数の伝言が登録されている場合は続けて流れます。

災害用伝言板(web171)を使ってみた

次は災害用伝言板(web171)です。

災害用伝言板(web171)の伝言登録

(1)ブラウザで災害用伝言板(web171)https://www.web171.jp/にアクセスします。
(2)電話番号を入力します。

 

(3)「登録」を押します。

 

(4)「お名前」「安否」「伝言」をそれぞれ入力し、「登録」を押します。

 

(5)一覧に反映されます。

 

災害用伝言板(web171)の伝言確認

(1)ブラウザで災害用伝言板(web171)https://www.web171.jp/にアクセスします。
(2)連絡を取りたい相手(被災地)の固定電話番号や携帯電話番号を入力します。

 

(3)「確認」を押します。

 

(4)伝言を確認します。音声が登録されている場合は「ダウンロード」をクリックすると、音声がダウンロードされます。

 

(5)端末上で音声の伝言が再生されます。

 

災害用伝言板を使ってみた

続いて災害用伝言板です。登録された伝言を確認する手順をみていきます。

災害用伝言板の伝言確認

(1)災害用伝言板にアクセスします(利用している通信会社にかかわらず、以下のURLから利用できます)。
・NTTドコモ:http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
・KDDI(au):http://dengon.ezweb.ne.jp/
・ソフトバンク/ワイモバイル:http://dengon.softbank.ne.jp/

(2)「安否の確認」をクリックします。

 

(3)連絡を取りたい相手の電話番号を入力し、「検索」をクリックします。

 

(4)伝言が登録されている場合は日時が表示されるので、クリックします。

 

(5)登録された伝言を確認できます。

 

(6)音声での登録があった場合はお知らせが表示されるので、災害用伝言板(web171)へのリンクをクリックします。

 

(7)「災害用伝言板(web171)」のサイトに移動し、音声を確認できます。

災害用伝言サービスは使い分けよう

災害で電話がつながりにくくなったとき、災害用伝言サービスは貴重な連絡手段となります。事前に体験しておけば、いざというときに慌てずに使えそうです。もし災害が起きたらどの電話番号を宛先として伝言サービスを利用するか、家族や知人の間であらかじめ決めておくのも良いですね。ぜひ一度試してみることをお勧めします!

 

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS