定番非常食!乾パン・アルファ米のおいしいレシピ4点

期限切れ間近の非常食…おいしく食べるには?

台風や豪雨などが相次いで備蓄や非常食への関心は高まる一方です。とはいえ、非常食の賞味期限切れが気になる方はいませんか?今回は非常食の定番であるアルファ米や乾パンのアレンジレシピを2つずつ紹介します!そのままでは…という非常食が、ひと手間加えるとおいしくて、日々の献立に活用できる便利アイテムになりますよ。

アルファ米を使ったアレンジレシピ

アルファ米は、炊いたご飯を乾燥させたものです。お湯や水を注ぐだけでやわらかくなってご飯として食べられるうえ、5年ほど保存可能なので、非常食によく用いられています。まず、このアルファ米のレシピからです。

肉巻きおにぎり

包丁いらずで、大人も子どもも喜ぶボリューミーな1品です!作り置きしておけば、ちょっとしたおやつや夜食にもできます。

材料(8個分):
アルファ米(白米、カレーピラフなどお好みの種類)2袋/豚バラ肉16枚/サラダ油大さじ1
A(酒・砂糖・しょうゆ各大さじ1)/煎りゴマ(白)適量

作り方:
(1)アルファ米は、パッケージに記載された手順に従って食べられる状態にしておく。
(2)1袋のご飯を4等分にし、手に水をつけながら俵形に握る。
(3)1つのおにぎりに豚バラ肉を2枚ずつぐるぐると巻く。
(4)フライパンに油を敷いて、肉を巻いたおにぎりを並べて強火にかける。
(5)転がしながら表面に焼き色をつけ、キッチンペーパーで余分な脂をふき取る。
(6)調味料のAを加え、煮詰めながらおにぎりに絡める。
(7)器に盛り、煎りゴマ(白)をトッピングする。

ポイント:
アルファ米は普通のご飯よりもっちりとした仕上がりになるので握りやすく、また食べても崩れにくいためおにぎりにピッタリです。白米はもちろん、炊き込みご飯やカレーピラフなど、どの味付けのものでもOKです。いろいろなご飯で作ると、お肉で巻くことで中のご飯が隠れるので、次はなんの味かな?と楽しんで食べることができますよ!

時短オムライス

ポイントは、アルファ米をトマトジュースで戻すことです。あっという間にケチャップライス風の完成です!料理に時間をかけたくないときのランチにもいいです。

材料(2人分):
アルファ米(白米)1袋/トマトジュース(無塩)適量/塩・コンソメスープのもと(顆粒=かりゅう)各少々
バター大さじ4/卵6個/塩・コショウ各少々/ケチャップ・マヨネーズ各適宜

作り方:
(1)アルファ米の既定の目盛りまでトマトジュースを加え、塩・コンソメスープのもとを加えてよく混ぜ、1時間ほど置く。
(2)ボウルに卵3個を加えてよく混ぜ、塩・コショウを加える。
(3)フライパンにバター大さじ2を熱して卵を加え、全体を大きく混ぜていく。
(4)半熟状態になったら真ん中に半量のご飯を置き、卵で包んでお皿をかぶせて裏返す(キッチンペーパーで押さえて形を整えるとよい)。
(5)もう1皿分も同様にし、お好みでケチャップやマヨネーズをトッピングする。

ポイント:
ご飯に少しボリュームを足したいときにお勧めです。いためたタマネギや鶏肉をご飯に混ぜれば、非常食を使ったと思えないほど立派なオムライスになります。またアルファ米にはチキンライスやカレーピラフなど洋風の味付けのものもあるので、それらを卵で包めば即オムライスの出来上がりです。

乾パンを使ったアレンジレシピ

さて次は非常食で定番中の定番の乾パンです。そのままでは食べにくい乾パンも、アレンジ次第で、夕飯やデザートに活用できるんです!

乾パン豚カツ

ザクザクとした歯ごたえで冷めてもおいしい、ボリュームたっぷりのおかずです。

材料(4人分):
乾パン120~150g/豚ロースかつ(トンカツ用)4枚/小麦粉適量/溶き卵2個分/揚げ油適量/キャベツ・トマトなどお好みの野菜適量/お好みのソース適量

作り方:
(1)乾パンを厚手のポリ袋に入れて麺棒で細かく砕く。
(2)豚肉は軽くたたき、脂と肉の境目に切り込みを入れて(筋切り)から1枚を2~3等分に切る。
(3)豚肉の表面に小麦粉→溶き卵→小麦粉→溶き卵の順で2回ずつつけてから、最後に砕いた乾パンをしっかりと押さえつけながらまぶす。
(4)170度に熱した油で3分ほど揚げ、一度取り出す。
(5)油の温度を180度に上げて再度数十秒ほど揚げ、表面がカラッとしたら取り出す。
(6)カツを器に盛り、野菜を添えてソースをかけて食べる。

ポイント:
小麦粉と卵を繰り返しつけることで、乾パンの衣がしっかりとつくようになります。乾パンの衣はトンカツだけでなく、鶏肉や魚のフライにも使えますよ。

スコップティラミス

最後の1品は、火を使わずにできる乾パンのお手軽スイーツです。見ばえがするので、家族の誕生日ケーキやクリスマスなどにも使えます!

材料(作りやすい分量):
乾パン50g/B(卵黄1個/砂糖50g)
A(熱湯50mL/インスタントコーヒー大さじ1.5/砂糖大さじ1)
生クリーム200g/クリームチーズ200g/ココアパウダー適量

作り方:
(1)クリームチーズは常温に出してやわらかくしておく。
(2)ボウルにAを入れてよく混ぜて冷ましておく。
(3)別のボウルにBを入れて、ハンドミキサーで砂糖のざらざら感がなくなるまで混ぜる。
(4)生クリームを加えてさらに混ぜ、8分立て(しっかりと筋が残るくらい)にする。
(5)クリームチーズを2回に分けて加え、都度ハンドミキサーで混ぜてなめらかにする。
(6)容器に乾パンの半量を並べ、(2)のコーヒー液の半量を全体にまんべんなくかける。
(7)(5)のクリームの半量をのせる。
(8)再度、残りの半量の乾パン→(2)のコーヒー液→(5)のクリームの順に重ねる。
(9)食品用ラップをふんわりとかけ、冷蔵庫で1時間以上冷やす。
(10)表面に茶こしでココアパウダーをまぶす。

ポイント:
Aにブランデーなどのリキュールを加えると、より本格的な大人の味になります。できたてより1日くらい置いたほうが、乾パンがしっとりしてクリームもなじむのでお勧めです。残った卵白はスープに加えると使い切れますよ。

工夫で非常食も普段使いの食材に

いかがでしょうか。非常食はもともと手軽に食べることを想定して作られているので、それだけで栄養が取れる・包丁がいらない・味が完成しているなど時短の味方です。ひと手間をかけることで、ワンランク上の食事にすることができます。万が一の時だけでなく、期限前に普段の食事に取り入れることを想定して、楽しみながら非常食を選んでみてくださいね。

 

<執筆者プロフィル>
露崎奈津子
料理講師・料理教室主宰

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS