住まいの地震対策!命を守る家具と家電の転倒防止

いつどこにいても被災リスクがある地震に対し、自分でできる命を守るための対策が、住まいの家具と家電の転倒防止策です。地震を避けることはできませんが、家財の転倒は防ぐ手立てがあるからです。今回は転倒に注意すべき家具や家電を取り上げ、それらの転倒防止に役立つアイテムを紹介します。

明け方の地震で大勢が命を落とした

1995年1月の阪神大震災では、大勢の方が倒壊した建物や家具の転倒などで命を落としました。地震が起きたのは午前5時46分でした。自宅で就寝中だった方が多かったこともその原因となっています。

家具や家電を固定していないと、下敷きになるリスクがあります。また地震直後には火災が発生しやすいため、寝室の対策が万全でも玄関までの脱出経路を家具が塞いでしまった場合、逃げ遅れる可能性もあります。迅速に避難するためにも、住まいでの転倒防止策は重要なのです。

家具の転倒で注意するポイント

どんな家具でも倒れる可能性があると考えて対策するのがベストです。地震の揺れ方はさまざまで、家具の揺れ方や転倒は予測できないためです。重い家具なら大丈夫ともいえません。1人で運べないような重い家具でも転倒する場合があるのです。

特に注意すべき家具と収納の基本

高さが高くなればなるほど、また奥行きが狭くなればなるほど転倒しやすいといえます。そのため食器棚、タンス、本棚、組み立て式のクローゼットなどは特に注意が必要です。

これら背の高い家具を少しでも転倒しにくくするには、重心を下にすることです。
食器棚では下段に重くて大きい陶器やガラスなどをしまいます。本棚の下段には辞書のように重い本を並べます。収納する際、重いものを下にすることをまず意識しましょう。

家具の転倒防止に有効なアイテム

次に、転倒防止に有効な固定について説明します。
背が高く上面が平らな家具の場合、突っ張りタイプの耐震グッズを使って、家具の上面と天井で固定するのがよいでしょう。いくつかアイテムを紹介します。

【お薦めの突っ張り棒アイテム】

家具転倒防止伸縮棒3S
設置面の面積が広いのでタンスや食器棚などの大きな家具にも有効で、家具をしっかり固定できます。使用されている素材は、天井や家具を傷つけにくい発泡ポリエチレンです。

マグニチュード7ML-80茶
2.5cm間隔で高さの調整ができて、シンプル・強靭(きょうじん)な作りになっています。また、家具の滑り出しを防ぐ補助板があるので床面が滑らかな家具にも使用できます。

しかし、住まいや部屋によっては、突っ張りタイプのグッズを使えない場合もあることでしょう。天井や家具に負荷がかかるのが心配だ、あるいは家具の上面が平らではないので使えないなどの場合です。

その場合は転倒防止ジェルやマットの活用を検討してみてください。
これらは家具の下部に敷いて使います。地震が起きたとき、家具の下で振動や衝撃を吸収し、家具の転倒を防ぎます。突っ張り棒と併用すれば、それぞれ単独で使うよりも効果は高まります。

ただし床材によってはジェルやマットを使えない場合があります。それによって床が傷ついたり、うまく付かずに転倒防止効果が薄くなってしまったりするためです。転倒防止ジェルやマットを選ぶ場合、対応している床の素材も確認しておきましょう。

【お薦めの転倒防止ジェルやマット】

転倒防止ジェルマット
家具の底面に貼って使います。中性洗剤で洗って繰り返しの使用が可能で、自分で切って使うため小型の家具から大型の家具まで使えます。

ふんばる君
家具の下に挟み込んで使います。

家電の転倒で注意するポイント

転倒防止対策は家具のほか、家電にも必要です。大型、小型にかかわらずです。小型の家電はそのまま室内を飛ぶことがあり、大変危険です。

地震時に特に注意すべき家電

特に注意が必要なのは、冷蔵庫、テレビ、電子レンジ等です。
高さのある冷蔵庫は家電の中でも特に倒れやすい家電です。テレビは転倒や落下するだけでなく、液晶やガラスが飛散するリスクや、ほかの転倒物によってコードが切れ、通電火災が発生することもあります。そして、台所にある調理家電の電子レンジ、オーブントースターなどはサイズが小さいですが、重量があって飛ぶこともあり、危ないのです。いずれも、転倒したり、落下したりしないようしっかりと固定しておきましょう。

家電の転倒防止アイテム

家電の転倒防止アイテムは種類によって適切なものが異なります。
参考までに、冷蔵庫とテレビ専用のアイテムを紹介します。

【冷蔵庫向けアイテム】

冷蔵庫ストッパー
壁と冷蔵庫を固定できる冷蔵庫専用の固定ベルトです。壁穴工事は不要で、2本のベルトをテープで固定するだけで簡単に対策が可能です。

冷蔵庫ストッパーLP
冷蔵庫を動かさずに取り付けることができる固定ベルトです。接着面に多少の凹凸があっても固定ができるバンドが使用されていて、取り外しに専用グリップが使われているため簡単に取り扱えます。

【テレビ向けアイテム】

液晶テレビ用耐震固定ポール
2つの固定ポールを使ってテレビ台を傷つけることなくテレビの前倒れを防止します。32型~60型のテレビに対応しているので大型テレビの転倒防止にもお薦めです。

テレビ用耐震ジェル
テレビの底面に貼るものです。ジェルが地震の衝撃を吸収してテレビの揺れを防止します。テレビ専用のジェルなので、テレビの形状にあわせた作りになっています。

転倒リスクから家具の配置を考える

転倒防止策を行っても転倒しないとは言い切れません。そのため家電や家具の置き場所も見直す必要があります。生活の動線だけでなく、避難経路に家具や家電が転倒しないかどうかも考慮して、住まいのレイアウトを考えましょう。買い替える場合は、転倒しにくい点を考慮して背の高くないものを選ぶようにするとよいでしょう。特に、寝室や玄関近くの配置は考えて決めてください。

まとめ

住まいの転倒防止対策は重要です。固定ひとつで命を守れるかどうかを左右することもあるのです。紹介した転倒防止アイテムのように、便利で有効なグッズがたくさんあります。防災は思い立ったときに行動することが大切です。ぜひ住まいを見渡して、屋内に潜む災害リスクを減らしましょう。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS