現像写真を水害から守る!保管場所と事後対策

デジタル全盛といってもアナログ写真がゼロというわけはないですね。卒業アルバム、成人式、結婚式など、特に大切な思い出は紙焼き写真で持っている方も多いことでしょう。そんな大切な写真が、もし水害で損傷してしまったら…。そういうことがないよう写真を水害から守る方法を紹介します。写真がぬれてしまったときの応急処置も試してみました。参考にしてみてください。

水害対策はアルバムの保管場所チェックから

日本は水害リスクの高い国です。台風や梅雨・秋雨前線による大雨に加え、近年は集中豪雨が増加傾向にあります。どこに住んでいても水害対策が必要だといえるでしょう。

写真を水害から守るためには、写真が入ったアルバムの保管場所が重要です。アルバムの保管には、次の4つのポイントを意識しましょう。

1.アルバムごとプラスチックの収納ボックス(密封できるもの)に入れる
2.アルバムをしまった収納ボックスには乾燥剤を入れておく
3.湿度の高い場所は避ける
4.水や泥がかからないよう、なるべく高い位置に保管する

紙焼き写真は、直射日光や蛍光灯の光、外気によって退色していきます。現像したまま保管している写真が家にあったら、まずはアルバムに収めるところから始めましょう。

そして湿度や高温にも弱いので、アルバムを入れた収納ボックスは、風通しのよい部屋や頻繁にエアコンをかけている部屋の本棚の上のほうに保管しておくのがお勧めです。乾燥剤には有効期限があります。期限内に新しいものに交換し、期限切れのものを使用し続けないよう気をつけましょう。

また、いくら湿度が高い場所を避けても、長期間密閉して保管したままだと写真は劣化します。定期的にアルバムを見返して、写真一枚一枚に風を通してあげましょう。

写真がぬれたり泥に汚れたりした時の応急処置

どれほど注意を払っても、水害などに見舞われて写真がぬれてしまうかもしれません。そこで、写真がぬれたり泥汚れがついたりしてしまった場合の応急処置を紹介します。今回、紹介するのは、「銀塩方式」で現像した写真、つまりフィルムで撮って現像し、印画紙にプリントしたものが対象です。「インクジェットプリント」やインスタントカメラで撮った「昇華型プリント」は対象としていないので注意してください。

◆用意するもの

  • 薄手のゴム手袋
  • やわらかい筆やハケ(あれば)
  • バットなどの容器
  • 20~30度ほどの水
  • 洗浄したい写真

◆手順
(1)汚れから手を守るため、薄手のゴム手袋を着用します。
(2)写真が完全に乾いている場合は、やわらかい筆やハケで表面の汚れを軽く落とします。
※筆やハケがない場合や、写真が乾いていない場合は、そのまま(3)に進みます。

(3)バットなどの容器に20~30度ほどの水を入れます。

(4)容器の水に写真をくぐらせ、大きな汚れを落とします。

(5)再度、容器に20~30度ほどの水を入れ、写真を浸します。
※重要な作業なので、後ほど注意点をご説明します。
(6)水ですすぎ洗いをします。

(7)ほこりのつかない場所で陰干しします。
※ヘアドライヤーなどを使って一気に乾燥させると、写真が反ってしまう可能性があるので避けます。

(5)で大きな汚れを落とす際は、写真の表面に傷がつかないようやさしくなでるようにこすってください。くれぐれも強くこすらないよう注意してください。顔の部分など大事な部分は最後にし、様子を見つつ周辺から少しずつ行うのがポイントです。

表面の洗浄が終わったら、裏面の汚れも忘れずに落としましょう。写真を触るとヌメッとする場合は損傷がひどいため、指や筆でこすらず、水で軽くすすぐ程度がいいようです。

応急処置前の写真

応急処置後の写真

参考:富士フイルム「写真プリントが水没して汚れてしまった場合の対処法」

家族写真を持ち歩けば、災害時に役立つ

水害をはじめ、自然災害はいつ発生するかわかりません。家族が職場や学校などにいるときに大きな災害が起こると、連絡手段がないまま、家族が別々の避難所で何日も過ごすことになる場合もあります。

そんなときに、家族の顔がわかる写真を持っていると、家族を捜すときに活用できます。携帯電話に写真を保存していても、災害時には電子機器類はバッテリー切れで使用できなくなってしまうことがあります。一人で避難所などにいる心細さなどを家族写真が和らげてくれるかもしれません。ペットを飼っている方は、同様にペットの写真があれば捜索時に役立ちます。

普段から家族やペットの紙焼き写真を持ち歩くようにするとよいでしょう。持ち歩く際は、ファスナー付きのビニールケースなどに入れておけば防水になります。

大切な写真を水害から守るために

写真が損傷してもデータがあれば現像しなおすことはできますが、そうでないものもたくさんあります。紙焼き写真をすべてデジタル化できればいいですが、できない場合もあると思います。今回、紹介したアルバム保管のための4つのポイントを参考に、自宅の保管場所で問題ないか、ぜひ確認してみてください。そして万が一、水害などで大切な写真がぬれたり汚れたりしてしまった場合は、諦めずに、まずは応急処置を施してみてください。

 

<執筆者プロフィール>
高橋なつき
フリーランスのライター/編集者。
大学卒業後、出版社で産業保健・ヘルスケアの専門誌の編集を担当し、現職。食生活アドバイザー2級取得。得意ジャンルはヘルスケアとライフスタイル。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS