意外に多い竜巻災害!気象情報と避難のポイント

気象災害の1つに竜巻による災害があります。あまりピンとこない方も多いかもしれませんが、実は日本では1年間に10~30件の竜巻が発生しています。竜巻が発生すると、列車や車が転覆したり住宅が全壊したりするなど大きな被害をもたらします。竜巻による被災を防ぐために竜巻の特徴を理解し気象情報を活用して備えましょう。

竜巻の特徴と災害リスクについて

竜巻とは、積乱雲に伴って発生する激しい空気の渦巻きです。まず竜巻の特徴と災害リスクを紹介します。

竜巻はどんなときに起こる?

竜巻は発達した積乱雲に伴って発生するため、積乱雲があるときはいつでも起こる可能性があります。

積乱雲ができる要因はさまざまですが、特に竜巻が起こりやすいのは以下のケースです。

  • 台風の積乱雲
  • 低気圧の積乱雲
  • 前線の積乱雲

また、「暖かく湿った空気」や「上空に寒気が入る」など大気の状態が不安定になって発生する積乱雲でも竜巻は多く発生しています。

竜巻の前兆

積乱雲は離れたところから見るとモクモクとしていて、太陽の光が遮断されるほど雲が厚いので、雲の下に入ると昼間でもかなり暗くなります。
また積乱雲の下では強雨のほか雹(ひょう)や霰(あられ)などが降ることもあり、同時に雲の上の冷たい空気を引きずり下ろすので冷たい風が吹きます。竜巻の発生前後は雷が鳴っているケースが多く、雷も竜巻の前兆の1つと言えるでしょう。
ほかにも、気圧の急変化によって耳鳴りがする、突風によって流されてきた土や草などのニオイがするなど、人によって五感に何らかのサインが見られることがあります。

竜巻の被害の特徴

竜巻は発生すると一定方向に向かう性質があります。竜巻の直接的な被害の範囲は数十~数百mですが、一定方向に進みながら被害をもたらすため、被害は帯状に広がり、その長さは数km~数十kmに達することもあります。

竜巻の怖さは突風であり、建物、樹木、農作物、看板、車などをなぎ倒します。強い竜巻になると住宅全壊や送電線の切断、信号機の破壊などももたらします。
建物の中にいても窓ガラスが割れてケガをしたり、飛散物が飛んできたりする可能性もあるため大変危険です。

竜巻の対策に役立つ気象情報

竜巻がいつどこで発生するかは、ピンポイントでは予想できません。しかし、竜巻が発生する可能性は気象情報を活用すれば事前に把握できます。竜巻の被害を防ぐためにも、気象情報を活用しましょう。

どのように気象情報を見れば、竜巻の対策になるのかを紹介していきます。

全般気象情報

竜巻の可能性について、最初に発表されるのが全般気象情報です。
半日~1日前に「竜巻などの激しい突風のおそれ」や「大雨、雷、突風に関する全般気象情報」などにあわせて竜巻の発生について言及されることが多くなっています。
ほかにも、台風や低気圧に関する全般気象情報で、竜巻の発生を言及する場合もあります。まずは全般気象情報をチェックして竜巻の可能性を把握しましょう。
https://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_index.html

雷注意報

気象注意報には竜巻注意報はありません。
そのため、雷注意報を言う際に、「竜巻などの激しい突風」という言葉を加え、竜巻への注意を促します。雷注意報は竜巻が発生する可能性がある数時間~半日前に発表されます。

竜巻注意情報

竜巻注意情報は、竜巻が発生しやすい状況になったときに発表されます。この情報の有効時間は発表から60分間です。
竜巻注意情報は、発表された時点ですでに竜巻が起こっていてもおかしくない状況です。竜巻から身を守る行動が必要になります。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/tatsumaki.html

竜巻発生確度ナウキャスト

竜巻発生確度ナウキャストというリアルタイムで竜巻が発生しやすい場所を示すものがあります。
竜巻発生確度ナウキャストは2段階で発生する確度を示し特に発生確度2(赤色)となったエリアは竜巻の発生する可能性が非常に高く、竜巻注意情報の発表基準になっています。

発生確度1(黄色)となっているエリアは発生確度2に比べると竜巻が発生する可能性は低いものの、竜巻が発生する可能性は十分にあります。その後に発生確度が2になる場合もあるので、状況をこまめにチェックしましょう。
http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/index.html?areaCode=000&contentType=2

竜巻の発生リスクが高まったときや竜巻発生時にどう避難するのか?

竜巻注意情報が発表されて竜巻の発生リスクが高まったときや実際に竜巻が発生したときは、身の安全を守る行動を取って少しでも被害を防ぐように努めましょう。
そのとき屋外と屋内では避難方法や取るべき行動が異なるので、それぞれ紹介します。

屋外での避難のポイント

屋外で竜巻が発生したら、ビルやショッピングセンターなど頑丈な建物や構造物に入ってください。
ただし、車庫、物置、プレハブといった小さい建物は、竜巻で全壊する恐れがあります。その場合、倒壊した建物の下敷きになることもありうるため危険です。自動車の中も同じ理由で安全ではありません。

近くに頑丈な建物がない場合は、竜巻による飛散物を避けるために側溝やくぼ地などの低地に入って頭や首を手で守ってください。
竜巻は一定方向に進むため、竜巻から逃げるときは竜巻の進路に対し、直角の方向へ逃げましょう。

屋内での避難のポイント

屋内にいる場合は、竜巻による窓ガラスの飛散や飛散物の侵入を防ぐために、窓やカーテンを閉めて家の1階で窓のない部屋に移動してください。木造建築であれば窓がないお風呂場やトイレに逃げ込むのも有効です。

1階に避難するのは、2階に比べて1階の方が頑丈な作りの柱が多く、竜巻によって吹き飛ばされるリスクを減らせるためです。竜巻が通り過ぎるまでは、机やテーブルなどの下に入って身を小さくして過ごしてください。

■まとめ
竜巻から身を守るためには、竜巻の特徴を正しく知ることが大事です。竜巻はピンポイントの予想が難しい気象現象ですが、積乱雲によってもたらされることは分かっています。また竜巻が起こりやすい気象状況は気象情報や雷注意報などを通じて事前に分かり、リアルタイムの危険性は竜巻注意情報や竜巻発生確度ナウキャストでも把握できます。これらの気象情報を活用して、竜巻が発生する可能性が少しでもあるなら早めに備えましょう。

 

<執筆者プロフィル>
田頭孝志(たがしらたかし)
防災アドバイザー/気象予報士 田頭気象予報士事務所
愛媛の気象予報士・防災士。不動産会社の会員向けの防災記事、釣り雑誌にコラムの連載・特集記事の執筆、BS釣り番組でお天気コーナーを担当したほか、自治体、教育機関、企業向けに講演を多数 ・防災マニュアルの作成に参画。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS