防災にも時短にも大活躍!ポリ袋調理の簡単レシピ

ポリ袋調理は、食材や調味料をポリ袋に入れて、混ぜたり湯煎したりする調理方法です。災害時に活用できる調理法として知られていますが、実は日常的に活用すると便利なポイントがたくさんあります。この記事ではポリ袋調理の基本に入れ、おかず3品ほか計7品のレシピを紹介します。ぜひ1度やってみてくださいね。

ポリ袋調理とは?メリットは?

ポリ袋調理の一番のメリットは洗い物が少ないこと。袋1つで下ごしらえ用のボウルと調理する鍋の役割を兼ねるので調理器具も手も汚さずに済みます。複数のポリ袋を同時に加熱したり、加熱中に別の料理や片付けをしたりすることができるので、時短にもなります。袋を使って、袋の外からもんだり混ぜたりする工程は子どもにもできて、お手伝いにもぴったりです。

栄養面や味の面でもメリットがあります。食材から出た水分も一緒に取れるので、栄養素の流出も最低限で済みますし、鍋の焦げ付き防止に使う油も不要なのでヘルシーです。さらに、ポリ袋のまま湯煎すると中がほぼ真空状態になるため、うまみが食材に浸透してよりおいしい!湯煎加熱や電子レンジを使うと、料理のバリエーションも意外に豊富です。
ポリ袋調理はまさに良いことずくめです。

ポリ袋調理には耐熱性のポリ袋を選ぶ

ポリ袋調理に必要なのは、耐熱性の「高密度ポリエチレン(HDPE)」製のポリ袋です。さらに「食品用」「食品の保存用」「キッチン用」といった表記のある商品を選びましょう。スーパーなどでもらえるポリ袋は適さない場合が多いので要注意です。

結ぶ際は上部に空気が入らないように!

湯煎をするときのポイントは空気がなるべく入らないようにすることです。袋を結ぶ際は料理の入った下部から上方向にねじるようにして、できる限り空気を抜いて結び目をつくります。袋の中に空気が入っていると水に浮いてしまって内部に火が通りにくいうえ、上部の空気が膨張して袋がはじける恐れがあるためです。

もう一つの注意点は、袋が鍋肌や鍋底に触れないようにすることです。鍋底や鍋肌にポリ袋が直接触れると、熱で溶けて破れる可能性があります。必ず鍋底に耐熱皿(陶器や耐熱ガラスなど)を敷いた状態でポリ袋を入れて加熱しましょう。時々向きを変えると加熱ムラを抑えることができます。

電子レンジで加熱する場合も、袋が破裂しないよう、竹串などで数か所穴をあけておくと安心です。
いずれの場合も、取り出すときや袋を開けるときは熱いのでやけどに気を付けてくださいね。

ポリ袋を使ったおかずレシピ

マーボー豆腐

どうしても脂っこくなってしまう中華料理も、ポリ袋調理ならあっさりヘルシーに仕上がります!

材料(2~3人分):
豆腐300g/A(豚ひき肉100g/ごま油大さじ1/片栗粉小さじ2/豆板ジャン小さじ1/オイスターソース小さじ1/みそ小さじ1/鶏がらスープのもと(顆粒=かりゅう)少々/ショウガ1片/ニンニク1片/水大さじ4)
長ネギ5cm

作り方:
(1)ショウガ、ニンニク、長ネギはそれぞれみじん切りにする。
(2)ポリ袋にAを入れてよく混ぜる。
(3)豆腐をそのまま入れて口を縛る。
(4)湯が沸騰したら弱火にしてポリ袋を入れ、時々向きを変えながら20分加熱する。
(5)軽くスプーンで豆腐を崩して混ぜながら器に盛り、長ネギをトッピングする。

ポイント:
お子さん向けや辛いのが苦手な場合、豆板ジャンの量を調整してください。チューブ入りショウガやチューブ入りニンニク、カット済みのネギを使えば包丁いらずです。

ブリ大根

下処理が多く、落とし蓋をするなどムラなく仕上げるためのコツが必要な煮物も、ポリ袋で手軽に調理できます。

材料(2人分):
ブリ(切り身)2切れ/片栗粉小さじ1/2/大根5cm/ショウガ1片/砂糖大さじ1.5/しょうゆ大さじ1

作り方:
(1)ブリは熱湯を回しかけて冷水にとり、キッチンペーパーで水分をふき取って臭みを取る。
(2)野菜はそれぞれ皮付きのまま、大根は1cm厚さのいちょう切り、ショウガは薄切りにする。
(3)ポリ袋にブリと片栗粉を入れてまぶすようにもみ、残りの材料をすべて入れて口を縛る。
(4)湯が沸騰したら弱火にしてポリ袋を入れ、時々向きを変えながら20~30分加熱する(ショウガや調味料の香りがしてきたらできあがり)。

ポイント:
大根から水分が出るので水は入れません。片栗粉が入ることで、煮汁がしっかりと絡む仕上がりになります。大根のえぐみなどが気になる場合は皮をむいてください。
量を多く作る場合は、複数の袋に分けて加熱した方が火の通りがよく、加熱ムラを抑えられます。

ポテトサラダ

手間が多く後片付けが大変なメニューも、ポリ袋調理で簡単にできます!

材料(2人分):
ジャガイモ2個/卵1個/塩少々/マヨネーズ大さじ2~/酢小さじ1/4/ニンジン3cm/キュウリ1/2本/ハム2枚/その他お好みの具各適量

作り方:
(1)ジャガイモは皮をむいてスライサーで薄切りにし、ポリ袋に入れてできるだけ平たくし、口を縛る。
(2)鍋に水と卵を入れて火にかける。
(3)沸騰したら弱火にして、ジャガイモが入ったポリ袋を鍋に入れる。時々向きを変えながら25~30分加熱する。
(4)ニンジンはいちょう切り、キュウリは輪切りにして塩もみし、10分程度置いたらかるくしぼって水気を切る。ハムは1cmの角切りにする。
(5)別のポリ袋にニンジンを入れ、(3)の加熱時間が残り10分になったところで鍋に入れる。
(6)ゆで上がったら、卵は湯から取り出してすぐに冷やして殻をむく。ジャガイモは熱いうちに、布巾などで包みながら袋の上から握るようにして潰す。
(7)蒸気に気をつけながらジャガイモとニンジンの袋を開け、塩を入れて軽く混ぜて粗熱をとる。
(8)マヨネーズを入れてよく混ぜ、卵、酢、その他の具を入れて、卵を潰すようにざっと混ぜる。

ポイント:
ジャガイモは湯煎するとしっとりとした仕上がりになります。湯煎の代わりに電子レンジで5~6分ほど加熱すると、さらに時短&ホクホクした仕上がりにすることができます。

ポリ袋を使った主食レシピ

ミートソースパスタ

ザクザクとした歯ごたえが冷めてもおいしい、ボリュームたっぷりの主食です。

材料(1人分):
A(パスタ(1.6mm)80g/水150ml)
B(タマネギ1/4個/ニンジン3cm/セロリ1/4本/ニンニク1片/パン粉大さじ2/牛豚合いびき肉100g/ケチャップ大さじ2/ウスターソース大さじ1)

作り方:
(1)ポリ袋にAを入れて口を縛り、平らに置いてパスタが水に漬かるようにし、70分ほどおいて浸水させる。
(2)タマネギ、ニンジン、セロリ、ニンニクはそれぞれみじん切りにする。
(3)別のポリ袋にBを入れてよくもんで混ぜ、厚みを減らすように平らにして口を縛る。
(4)湯が沸騰したら弱火にしてBのポリ袋を入れ、時々向きを変えながら20分ほど加熱する。
(5)残り4分くらいになったらAのポリ袋を入れる。
(6)パスタの水分が残っていればざるにあげて水気を切り、器に盛ってBのソースをかける。

ポイント:
パスタのソースはハンバーグを作って残ったタネなどを利用することもできます。市販のパスタソースを使う場合は、レトルトパウチのタイプだとパスタと一緒に湯煎できます。

 チャーハン

インスタントスープを活用するから味付けいらずです!自分用のお手軽ランチとしても重宝します。

材料(1~2人分):
A(米1合/水230ml)
インスタントの卵スープ(フリーズドライタイプ)1袋
ハム2枚/カニカマ2本/万能ネギ1本

作り方:
(1)ポリ袋にAを入れてよく混ぜ、卵スープを細かく崩しながら入れて更に混ぜて30分ほどそのまま置いて浸水させる。
(2)ハムは1cm角、カニカマは1cmの長さに切ってほぐし、万能ネギは5mmの小口切りにする。
(3)湯が沸騰したら中火にして(1)のポリ袋を入れ、蓋をする。
(4)時々向きを変えて20分加熱し、火を止めたらそのまま10分ほど置いて蒸らす。
(5)蒸気に気をつけながら袋を開け、残りの具材を入れて混ぜたら器に盛る。

ポイント:
使用するインスタントスープはわかめスープや中華スープなど、お好みのものでも使用できます。具材も汁を切ったツナ、キムチ、コーンなど家庭にある食材を自由に使ってみてください。

ポリ袋を使ったユニークレシピ

みそ汁

食べたいときに食べたい分だけ作れて、鍋を汚さずに済みます。他のポリ袋調理の食材入り袋と同じ鍋で加熱すると、汁物が同時に仕上がり、便利です。

材料(1人分):
水1カップ/みそ小さじ2/和風だしのもと(顆粒)少々/お好みの乾物(わかめや麩=ふ、油揚げなど)適量

作り方:
(1)ポリ袋にすべての材料を入れて軽くもみ、口を縛る。
(2)鍋に水とともに入れて火にかけ、沸騰してきたら取り出す。

ポイント:
沸騰させるとみその香りが飛んで風味が落ちてしまうので、加熱しすぎには注意してください。また器に注ぐ際は、はねやすいのでやけどなどに注意してくださいね。

焼き豆腐ドーナツ

ただ袋の中でもんで絞るだけ!豆腐入りなので冷めてもしっとりとした仕上がりです。

材料(4個分):
A(薄力粉120g/砂糖30g/塩小さじ1/4/ベーキングパウダー大さじ1/2)
B(絹豆腐150g/サラダ油大さじ1)
サラダ油適量/粉糖適量

作り方:
(1)ポリ袋にAを入れ、袋の口を手でおさえながらもんで混ぜる。
(2)(1)のポリ袋を開け、Bの絹豆腐、サラダ油を順に入れて、それぞれ都度よく混ぜる。
(3)フライパンを弱火に熱して薄くサラダ油を塗る。
(4)ポリ袋の端を2cmくらい切り、フライパンにお好みの形に生地を絞り出す。
(5)蓋をして4分、裏返してさらに4分ほど加熱し、粉糖をかける(表面が固くなって、少し黄色っぽい見た目になればOK)。

ポイント:
お子さんとも一緒に作りやすい簡単お菓子です。たくさん焼いたらラップで包んで冷凍保存もできますよ。

ポリ袋調理を覚えて普段もラクしよう

時短になるポリ袋調理で作る料理を紹介しました。節水にもなり、家計にも優しいです。事前に作り置きをしたり、1つの鍋で複数のメニューを作ったりするなどいろんな活用ができます。災害の備えとして覚えておいて損はありません。ぜひ普段から取り入れて料理を楽にしちゃいましょう!

 

<執筆者プロフィル>
露崎奈津子
料理講師・料理教室主宰

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS