予期せぬ火災の備え 家庭用消火器の選び方

火事に備えるための家庭用消火器と言ってもいろいろな種類があり「どれを選んだらいいのか分からない!」という方は多いと思います。そもそも「家庭用消火器は本当に必要?」と疑問に思う方もいるかもしれません。この記事では家庭用消火器はどのようなものなのかを解説し、買う場合の選び方のコツについて紹介します。

家庭用消火器を選ぶ上で知っておきたいポイント

家庭火災に備えて消火器を購入しようと思っても、どれを選んでいいのか分からないものです。自分の家庭に合った正しい消火器を選ばなければ、火災が起こったときに消火の効果を十分に発揮できないかもしれません。
まず家庭用消火器について知っておきたいポイントを解説します。

家庭用消火器の必要性

家庭で火災が発生したら身を守るための行動が最優先ですが、キッチンやコンロでぼやが発生した時に、初期の段階で消火できれば延焼を防ぐことができます。大事に至らないで済むのです。

火災の初期段階で延焼を抑えることができれば、ほかの住宅に炎が燃え移ることや近隣住民の命を守ることにもつながります。この初期消火を行う上で有効なのが家庭用消火器です。

ちなみに東京消防庁のデータによると、消火器を使った初期消火成功率は約80%(簡易消火器具を含む)となっています。家庭用消火器が初期消火にいかに重要な役割を果たしているかが分かりますね。

家庭で起こりうる火災の種類

家庭で起こりうる火災には、以下のような種類があります。

  • 紙や木材、布などが燃える「普通火災」
  • コンロの消し忘れなどで起こる「コンロ火災」
  • 電気コードなどで起こる「電気火災」
  • 石油ストーブなどで起こる「ストーブ火災」
  • たばこの不始末による「たばこ火災」
  • 放火

住宅火災の原因としてもっとも多いのはコンロ火災で、次に多いのがたばこ火災、放火、ストーブ火災の順になっています。つまり家庭火災の多くは不注意によるものなのです。

どんな住宅タイプにも家庭用消火器は必要

家庭用消火器は戸建て、アパート、マンション等家のタイプを問わず必要性が高いです。
ただ、アパートやマンションなどの共用住宅は、総面積が150㎡以上になると消火器の設置義務があるため、共用スペースなど見えやすい場所に設置されています。また11階以上の建物になるとスプリンクラーの設置も義務付けられています。

「消火器が設置されているなら家庭用消火器は不要では?」と思う方もいるかもしれませんが、消火器は家になければ使えないのです。
また「スプリンクラーがあれば消火できるのでは?」と感じる方もいるかと思いますが、それだけでは安心できません。スプリンクラーは火災報知機と連動するタイプや熱に反応するタイプが多いですが、火災が起こってから一定時間たった後に反応して初期消火が遅れることもあるのです。初期消火は時間が勝負です。早く取りかかれるように、どの家庭でも室内に家庭用消火器を設置することをお勧めします。

家庭用消火器は高い?

次に価格面にも言及しておきます。家庭用消火器と言えば、何万、何十万円もするイメージを持つ方もいるでしょう。実際、以前の家庭用消火器は高価でしたが、最近は数千円で購入できるタイプが販売されています。
費用面から家庭用消火器の購入をためらう方も多いですが、いまは種類や数が豊富なので予算に応じて選べます。安価なものでも、選び方を間違えなければ十分に使えます。

消火器の選び方

消火器には、大きく分けて業務用と住宅用があります。
業務用はさらに、普通火災用、油火災用、電気火災用の3タイプに分かれています。一方、家庭用消火器は1つで「普通火災、天ぷら油火災、ストーブ火災、電気火災」の4つの火災に使える仕様になっています。

一般の家庭で消火器を用意する場合、住まいが戸建て、アパート、マンションいずれであっても、住宅用消火器を選びましょう。住宅用消火器は業務用に比べて軽くて小さく、女性や高齢者でも簡単に使用できます。

家庭用消火器のタイプ別おすすめ

家庭用消火器には3つのタイプがありますが、タイプによって消火の効果も異なります。ここでは、3つのタイプの特徴とそれぞれおすすめの家庭用消火器を紹介します。

粉末タイプ

粉末タイプは消火訓練などでも使用する一般的な消火器です。普通火災、油火災、電気火災など、あらゆる火災に高い消火能力を発揮します。3つのタイプの中では軽量で安価な商品が多く、コストを抑えたい人にもおすすめです。

<粉末タイプでおすすめの家庭用消火器>
(1)アルミ製蓄圧式粉末ABC消火器 アルテシモ

軽量でありながら、耐久性の高いアルミ製の容器を使っている粉末タイプの消火器です。本体の底が湿気を逃がす構造になっていて、サビが発生しにくくなっています。

(2)粉末(ABC)加圧式消火器YP-10CT

簡単操作で扱いやすい加圧式の家庭用消火器です。総務大臣から型式承認を受けている消火器で安心して使用することができます。また、安全栓がついているので間違ってレバーを押して噴射するのも防ぎます。

液体タイプ

液体タイプは消火薬剤が液体のため使いやすく、また液体の持つ冷却効果が高く浸透率も高いので再発火しにくい特徴があります。特に天ぷら油火災に強いので、キッチン回りに設置することに向いています。

<液体タイプでおすすめの家庭用消火器>
(1)住宅用消火器 クマさん消火器

かわいいデザインで、室内に置いておいても違和感が少ないです。コンパクトで使いやすく、女性や高齢者でも簡単に扱えます。天ぷら油火災を確実に消火する強化液消火薬剤を使っています。

(2)強化液消火器 ハイパーミストL
冷却効果と負触媒効果で優れた消火力を発揮します。容器には超硬質塗装を施し、傷やサビに強く耐久性が高いです。一目で消火器が使える状態かどうかが分かるフラットゲージも便利です。

エアゾールタイプ

エアゾールタイプの消火器は、消火薬剤を液化もしくは圧縮ガスの圧力によって噴霧状に放射して消火するものです。ストーブ火災や火の不始末による普通火災などの初期消火に有効です。粉末タイプや液体タイプに比べ、さらにコンパクトになっています。

<エアゾールタイプでおすすめの家庭用消火器>
(1)エアゾール式簡易消火具 ローヤルガードⅢ
ストーブ火災、小規模普通火災や天ぷら油などの火災に高い消火能力を発揮します。スプレー式となっているので、誰でも簡単に使うことができます。

(2)エアゾール式簡易消火具
二酸化炭素によって酸素を遮断して効果的に消火します。粉末・泡・強化液などを使用しないため、消火した後の始末も不要です。初期消火に効果的な消火器になります。

■まとめ
住宅火災の被害を少しでも防ぐためには、家庭用消火器による初期消火が重要です。予期せぬ住宅火災から命や財産を守るためにも家庭用消火器を設置しましょう。
家庭用消火器にはさまざまな種類がありますが、予算に応じて使いやすさやコンパクトさなどを重視して選ぶことをお勧めします。

 

<執筆者プロフィル>
田頭孝志(たがしらたかし)
防災アドバイザー/気象予報士 田頭気象予報士事務所
愛媛の気象予報士・防災士。不動産会社の会員向けの防災記事、釣り雑誌にコラムの連載・特集記事の執筆、BS釣り番組でお天気コーナーを担当したほか、自治体、教育機関、企業向けに講演を多数 ・防災マニュアルの作成に参画。

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS