紀伊水害10年「雨の度に恐怖を感じる町民が今もいる」那智勝浦町長

和歌山県南東部 那智川が氾濫した

和歌山、奈良、三重の3県で死者・行方不明者が計88人に上った2011年9月の紀伊水害から10年。被害が大きかった和歌山県那智勝浦町の堀順一郎町長=写真=に、復興の歩みや、被災経験を踏まえた今後のまちづくりについて聞いた。

こちらの記事も読まれています→公立幼小中高の3割に災害リスク!学校の避難計画作成急げ

――当時の状況は。

自宅は那智勝浦町浦神にあるが、和歌山市の県庁で勤務していた。発災前の9月2日、仕事の関係で那智勝浦町まで車で向かったが、現地では恐怖を感じるほどの雨が降り続いていた。その後、那智谷で信じられない光景を目の当たりにした。休日を利用してボランティアに加わり、同様に被害の大きかった新宮市熊野川町で泥出し作業を手伝った。

説明:那智勝浦町(オレンジ色)と台風12号で死者・行方不明者が出た他の自治体

写真説明:水につかった那智勝浦町の集落(2011年9月4日撮影)

◆那智勝浦町内の被害
死者     28人
行方不明者   1人
全壊    103棟
大規模半壊 105棟
半壊    800棟
床上浸水  440棟
床下浸水  962棟

――前町長の退陣に伴い2018年に東牟婁振興局地域振興部長から転身した。

政治家になる気は全くなかったが、周囲から熱心に推されたこともあり、「生まれ育った地元に恩返しをしよう」と腹をくくった。特に防災面の強化に力をいれてきたつもりだ。

写真説明:那智川が氾濫して浸水した和歌山県那智勝浦町(2011年9月5日撮影)

甚大な被害を引き起こした那智川では砂防ダム15基が整備されるなど、改修も進んできている。だが、近年の雨の降り方は尋常ではない。2018年9月には、2時間で200mmを超える雨量を記録し、各地区で冠水する被害が出た。今後も発生する可能性は十分ある。

写真説明:被災後、町内の仮置き場は家財道具などであふれた(2011年9月8日撮影)

防災で力を入れていること

防災情報を受け取る個別受信機を全戸配布したが、どこが危険箇所なのか、どこへ逃げるのか、地震や津波の時はどうするか。まずは自分の身を守ることに立ち返ってもらうことを呼びかけている。

避難訓練にしても、避難所運営にしても、より実践的な施策を進めてきた。町民の生命と財産を守るため、正確な情報を早く伝えるのが行政の責任だと肝に銘じている。

――町民の意識に変化は。

防災への意識は格段に高まってきたと思う。一方で、気がかりなのは10年前の水害を知らない若い職員が増えたこと。現在は38%にも上る。

災害の怖さを身をもって知っているのと、知らないのとではずいぶん差がある。どう伝えれば良いのか。経験を積ませるため、より実践に近い形で、全職員を対象に消防の訓練を行う予定だ。ロープの縛り方や放水一つでも災害時には大切になる。

悲しみが薄れることはない

――今後のまちづくりは。

遺族や被災者にとっては様々な感情がある。10年たっても悲しみが薄れることはないだろう。復興は、毎日どんどん進んでいるわけではない。見た目は復旧していても、復興は元通りの生活を取り戻すことだと思う。雨が降る度、恐怖を感じる町民は今もいる。これからも安心・安全を第一に、防災・減災に取り組む。

町内の宿泊客は1995年の127万人をピークに減少し、水害の年は57万人に落ち込んだ。近年は50万人ほどで推移している。それでも、熊野は吸引力のある地。コロナ収束後は、落ち込んだ観光客もきっと戻ってくる。主力産業の観光、漁業を活性化させ、子どもから高齢者まで生き生きと暮らせる元気な町にしていきたい。

(読売新聞 2021年8月31日掲載 「紀伊水害10年 首長に聞く」上 和歌山支局新宮通信部・大場久仁彦)

<関連する記事はこちら>
九州豪雨で球磨川が氾濫した熊本・人吉市長が語る災害への備え

この記事をシェア

記事一覧をみる

PAGE
TOP