紀伊水害10年「二度と犠牲者を出さない」新宮市長

熊野川が氾濫し、家屋3000棟が被災した

和歌山、奈良、三重の3県で死者・行方不明者が計88人に上った2011年9月の紀伊水害から10年。被害が大きかった和歌山県新宮市の田岡実千年市長=写真=に、復興の歩みや、被災経験を踏まえた今後のまちづくりについて聞いた。

こちらの記事も読まれています→公立幼小中高の3割に災害リスク!学校の避難計画作成急げ

9月2日午後7時に災害対策本部を設置した

――当時の状況は。

10年前の9月2日午後7時に災害対策本部を設置し、庁舎内に泊まり込んだ。3日午前の会議中、職員が「1人行方不明」と血相を変えて飛び込んできた。雨は激しさを増し、家屋の浸水や集落の孤立といった報告も入ってくる。情報が入り乱れる中、「いったいどれだけの被害が出るのか」と、気が気ではなかった。

(9月)4日朝になって、少しずつ全容がわかってきた。土砂災害や浸水、河川の氾濫によって多くの尊い命が奪われ、家屋の被害は約3000棟にも上った。

◇新宮市内の被害
死者     13人
行方不明者  1人
全壊    81棟
大規模半壊 58棟
半壊    187棟
床上浸水 1472棟
床下浸水 1168棟

写真説明:押しつぶされた建物で救助活動をする消防隊員ら(和歌山県新宮市で、2011年9月5日撮影)

雨には強い地域と認識していた

――甚大な被害をどう受け止めたか。

新宮市はこれまで、熊野川の豊かな水の恩恵を受けてきた。元々、降雨量は多くても雨には強い地域との自負があった。その認識を一変させられることになった。悲惨な光景を前に「二度と災害で犠牲者は出さない」と心に誓った。

――復旧作業は順調に進んだのか。

熊野川の取水ポンプが故障し、1週間ほど断水が続いた。幸い、県内外から給水支援に駆け付けてくれた。あれほど水のありがたさを感じたことはない。大量の災害ごみについては、集積所を設けたものの、処理能力には限界があった。こちらも県内外から車両や職員を派遣してもらい、ごみの受け入れも協力してくれた。

写真説明:新宮市で民家に押し寄せた倒木を撤去する自衛隊員(2011年9月6日撮影)

社会福祉協議会が設けたボランティアセンターには、全国から延べ1万人以上が集まった。

炎天下、連日泥だらけになって作業をしてくれた。特に、人手が足りない高齢者から喜ばれたように思う。

「何年かかるのか」と途方に暮れた時期もあったが、ほぼ完了したと言っていいだろう。それには、被災家屋の調査をはじめ、被災者の生活支援など半年以上にわたって奮闘した職員の力が大きい。担当の垣根を越え、全員が一丸となって頑張ってくれたおかげだ。

――課題は。

熊野川流域で崩壊した土砂の量は1億㎥に及ぶとされる。世界遺産の「川の参詣道」の濁水も長期化し、観光業や漁業への影響を不安視する声は根強い。河川整備とともに、治山対策も急務だと考えている。息の長い取り組みになるが、今後も声を上げていきたい。

紀伊水害の教訓

多くの犠牲者が出てしまったことは取り返しがつかない。それでも、水害を機に市民の災害に対する意識は非常に高まっている。南海トラフ巨大地震など、今後に備えていくためにも、大きな教訓になっていると思う。

私自身、市民の生命を守るためには、とにかく早めの避難が第一だと学んだ。避難指示の発令を判断するのは市長。以前は「空振りばかりでは、慣れっこになる」と悩みどころだった。だが、もう発令を躊躇(ちゅうちょ)しない。あとは、いかに指示通りに避難してもらえるか。「災害での犠牲者をゼロにする」との強い思いで取り組んでいく。

(読売新聞 2021年9月1日掲載「紀伊水害10年 首長に聞く」中 和歌山支局新宮通信部・大場久仁彦)

<関連する記事はこちら>
堤防決壊の32時間前!東大・JAXAが河川氾濫予測システム開発

この記事をシェア

記事一覧をみる

PAGE
TOP