記者が「サバメシ」作ってみた!湯煎でいつものご飯

写真説明:材料の入ったポリ袋にパスタを入れる橘記者(右)と、名古屋文理大短期大学部の日比野教授(名古屋市西区で)

記者が旬の話題やテーマに挑戦する新たな企画を始めます。初回は橘薫記者(28)の「サバメシ」。サバを使ったご飯に限りませんよ。

備えを「サバイバルメシ」で!

梅雨入りが近づき、豪雨や台風など災害の多い時期がやってきます。この地方では南海トラフ巨大地震の発生も心配です。入社から5年、様々な災害取材を通して、日頃の備えの大切さを感じてきました。

 

中でも気になるのは食事。乾パンやアルファ米など定番の非常食が頭に浮かびますが、今は電気やガスなどが使えなくても、家にある食材で手軽に調理できて栄養も取れる「サバイバルメシ=サバメシ」が注目されているそうです。早速作ってみました。

主菜・副菜・デザート計10品を調理

今回は名古屋文理大学短期大学部と名古屋市西区役所が共同で作ったものから主菜、副菜、デザートの計10品をバランスを考えて選びました。サバメシでは、自宅にカセットコンロを常備しておくことが前提となります。

基本的な作り方は、ポリ袋に材料と調味料を入れて湯煎で加熱。え、これだけ? ポイントは

① 缶詰は汁ごと入れる。

② ポリ袋に材料を入れた後は空気を抜き、上の方でしっかりと口を結ぶこと。

 

主菜からデザートまで本当にこんな簡単な工程で作れるのかなあ……。

 

不安を感じつつ、キッチン用ポリ袋を用意して、調理を開始。大きな鍋なら、何品かを同時に湯煎できます。炊き込みご飯、ひじきの煮物、小倉ういろうを同時に作ろうと、炊き込みご飯のための焼き鳥缶、米、梅干し、水などそれぞれの材料を入れた三つの袋を沸騰したお湯の中へ入れ、タイマーをセット。ご飯は約25分、ひじきは約20分、ういろうは10分ほど加熱し、取り出しました。

3品同時調理も成功!

するとどうでしょう。袋を開けると、とても良い香りの湯気が立ちのぼってきました! 試食すると、特に炊き込みご飯はおいしく、焼き鳥缶の甘いたれがご飯全体に行き渡り、一粒入れた梅も酸味のアクセントとして利いています。

 

■今回、挑戦したメニュー

・炊き込みご飯

・ひじきの煮物

・小倉ういろう

・すまし汁

・ねぎ入りだし巻き卵

・クリームスパゲティ

・たまねぎ丸ごとスープ

・里芋のツナサラダ

・フルーツ寒天

・パンプディング

 

※レシピは名古屋文理大短期大学部、名古屋市西区役所のホームページで紹介されています。

名古屋文理大学短期大学部

https://www.nagoya-bunri.ac.jp//COL/community/post.html

名古屋市西区役所

http://www.city.nagoya.jp/nishi/page/0000101954.html

レシピを監修した専門家を訪ねた

ただ、うまくいかないことも。クリームスパゲティは湯煎後に袋を開けると、麺がくっついて、まるで「極太うどん」。アドバイスをもらおうと、レシピを監修した名古屋文理大学短期大学部食物栄養学科の日比野久美子教授(63)を訪ねました。

 

「パスタやご飯系は湯煎前に少し水を入れ、具材に水分を吸わせるのが大切。湯煎後は熱いうちに、袋の上から優しくほぐすと固まりにくくなります」。助言を受けて再挑戦すると、麺はほぐれて本来のパスタの食感に仕上がりました。

 

災害時に「いつものご飯」が食べられるよう考案されたサバメシですが、材料の乾燥野菜やスキムミルク、おからパウダーなどをストックしておけば、普段の食事で不足しがちな栄養も補給でき、忙しい一人暮らしや料理が難しくなった高齢者にもおすすめです。日比野教授も新型コロナウイルスによる外出自粛で、普段通りに買い物へ行けなかった時期には、とても心強く感じられたそうです。

 

防災は日頃の備えが大切。非常食や水の備蓄はもちろんですが、これまでは「備えながら日常的に使う」という発想は持っていませんでした。これからスーパーなどに行く際には、「サバメシ」を意識して食材を選ぼうと思います。

◆ポイント

▽非常時の食事を特別なことと考えず、いつも食べている食品を少し余分に買って、賞味・消費期限の近い順に食べて、減った分を買い足す

▽水は1日1人あたり3ℓ、最低3日分を常備。期限が切れても捨てない。もしもの時には洗い物など飲用以外に使える

▽熱源はカセットコンロを使用。カセットボンベは1日3食で2本、3日分6本は備えておく

▽停電で冷蔵庫が使えない場合に備え、一度開けたペットボトルの水を何本か凍らせておく。保冷剤となり、飲料水としても使える

 

(読売新聞 2020年6月7日掲載 編集センター・橘薫)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS