地震 災害シナリオ(3) 被災地を助けたい

炊き出しやがれきの撤去――。大規模地震などの発生時、被災地支援にボランティアは欠かせない。義援金や物資を送る支援も重要だ。だが、サポートしたいという思いが空回りすると、被災者の足を引っ張りかねない。新型コロナウイルスによる制限もある中、求められる支援のあり方を架空のシナリオで確認する。

[シナリオ1] ボランティア 現地へ…準備

倒壊した家屋、広範囲に発生した土砂崩れ――。震度6強の直下型地震に見舞われた町の様子が連日、テレビ画面に映し出される。

 

「ボランティアに行こう」。同じ県内に住む会社員の太郎(32)は、居ても立ってもいられなくなり、現地入りの準備に取りかかることにした。幸い、住む地域は震源から離れ、自宅も大きな被害はない。

 

「新型コロナの影響で受け入れを制限しているんじゃない」。妻の花子(30)に指摘され、太郎は被災地の町のサイトを調べたが、情報は見当たらない。電話をかけても、つながらなかった。

 

「電話は迷惑よ。職員は忙しいでしょ」。とがめられ、ネット検索をすると、県内からは受け入れていることが、被災地支援団体のサイトでわかった。週末には専用バスが現地まで運行している。

[シナリオ2] 暑い中の作業 ダウン…土砂の撤去

「言葉遣いに気を付けて」。週末の朝、太郎が現地の災害ボランティアセンターで受け付けを済ませると、念を押された。倒壊した住宅を「がれき」などと言うと、被災者を傷つけてしまうという。現地での活動の心得を聞き、改めて身が引き締まる思いだ。

 

割り当てられたのは、土砂崩れで家屋の中に流れ込んだ土砂の撤去だった。スコップを手に意気込んで土を掘る。

 

だが、午後には気分が悪くなっていた。持参した水を口にしながら作業したが、秋にしては気温が高く、汗が額を伝う。住民に支えてもらって日陰に入り、休んだ。「マスクを着けての作業が体の負担になったみたいだね」。住民の優しい言葉が胸に響く。

 

夕方、作業を終えた太郎は専用バスに揺られて帰途に就いた。「助けに来たのに、助けられてしまった」

[シナリオ3] 支援物資 空回り…仕分けに人手

平日のボランティアが足りないという。ただ、太郎は仕事があり、被災地を訪れることができるのは週末だけだ。

 

「リモートでできる活動なんてないよね」。太郎の言葉を聞き、花子がスマートフォンの画面を見せてきた。最近の災害では、オンラインでの傾聴ボランティアの取り組みなどもあるという。「でも、今回はまだ、行われていないみたい。お金か物を寄付したら」と花子。

 

太郎は支援物資を送った。段ボール箱に、保存食や着ていない服など様々な物を詰め込んだ。「お金より、心がこもっていると思うんだ」

 

翌朝、太郎はニュースを見てがくぜんとする。仕分けに人手が割かれるため、一つの箱に1種類を詰めるよう、注意喚起していた。「逆に迷惑になったかな」。気持ちが空回りしているのを恥じた。

→現地入り準備

ボランティアは被害の報道が多い地域に偏りがち。被災地支援に取り組む全国社会福祉協議会のサイトなどで広く情報収集したい。被災自治体などへの直接の電話は緊急対応の妨げになる。食料や交通手段、活動が数日に及ぶ場合の宿泊先などは事前に確保する。ボランティア保険への加入は必須。最寄りの社会福祉協議会で申し込めば、被災地へ向かう途中のけがもカバーされる。

→現地での活動

がれきの撤去作業などでは、けがには十分に注意し、こまめに休憩を取るなど体調管理も心掛ける。被災地で迷惑をかけては元も子もない。

 

■主な活動例

被災者への配慮が何より大事だ。まず、自分が活動するボランティア団体や自分の名前を記した名札を首から掛けるなど、身元を明らかにする。被災者がどう感じるかを常に考え、壊れた家屋の前で記念撮影をするといった行為は厳に慎む。

→リモート

インターネットを使い、遠隔地からできる災害ボランティア活動も出てきている。新型コロナの影響で現地に行けない場合も取り組める。

 

被災自治体のサイトや地元メディアの報道を基に、営業中の店舗や給水場所など被災者に役立つ情報を、ネット上の地図にわかりやすくまとめて表示するといった活動だ。被災者に寄り添う傾聴活動をビデオ会議システムを使って行う例も。

→寄付

金銭の寄付には主に、日本赤十字社などを通じて被災者に届ける「義援金」と、ボランティア団体などに送り、現地での支援活動に役立ててもらう「支援金」がある。近年は、ふるさと納税を活用した被災自治体への寄付金が急増している。

 

物資を寄付する際は、被災地で仕分けに手間取らないよう、内容物を明記するなどの配慮が必要だ。求められているもの以外は送らない。

コロナ対策 欠かさずに

被災地へボランティアに行くことで、新型コロナの感染を拡大させる恐れがある。「被災地にウイルスを持ち込む」「ボランティア同士や被災者との接触で広める」「被災地から持ち帰る」といった可能性を認識する必要がある。

 

被災地入りを考えたら、まずは現地の災害ボランティアセンターなどに、受け入れ制限があるかや必要な手続きを確認する。

現地では3密を避け、マスクを着用。熱中症などの心配がある時期は、屋外での作業時はマスクを外し、他人と距離を取る。手指消毒液の入った小さなボトルを持ち歩き、こまめに使う。手洗いも頻繁に行うように心がける。

 

特に注意が必要なのは、食事時だ。他の人と対面では座らず、隣の人とは十分な間隔を取るようにする。仲間と一緒に食事中も、マスクを外しての会話は控える。

 

(読売新聞 2020年10月14日掲載 生活部・崎長敬志、大郷秀爾、福島憲佑、梶彩夏、生活教育部・児玉圭太が担当しました)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS