心身に影響する「災害ストレス」PTSDもあり長引くなら専門家を

写真説明:西日本豪雨で避難所に身をよせた人たち。心身の不調を訴えた人もいたという(2018年、岡山県倉敷市真備町で)

災害を経験した被災者が不安な気持ちや眠れないなどの症状に悩むケースがある。2018年の西日本豪雨でもこうした症状を訴える人がみられた。「災害ストレス」と呼ばれるが、適切な治療や予防で症状を抑えることができる。

 

災害を体験した後は不安やイライラした気持ちなど誰もが心身に様々な影響を及ぼす。多くは次第に回復するが、災害時を思い出して苦しむ「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」などを発症する人もいる。

 

西日本豪雨で被災した岡山県内の女性は2019年春、県精神保健福祉センターの保健師に、家や仕事を失った悲しみや眠れない日々を初めて打ち明けた。保健師は、不安な気持ちが消えない「適応障害」を疑い、医師の診察を勧めた。女性は心療内科に通院し、現在は快方に向かっているという。

時間の経過で変わっていく

被災者の心理状態は、時間の経過とともに変化する。同センターなどによると、被災直後はぼう然とした状態になったり危険を顧みない行動を取ったりするが、1週間ほどすると復興に向かって被災者同士の連帯感が生まれ気持ちが高まる時期が来る。「ハネムーン期」と呼ばれる。無理をしすぎて心身の調子を崩しがちな時でもあるため、音楽を聴くなど気持ちを落ち着ける時間が必要だ。

 

その後復旧・復興がうまく進まずに大きなストレスを感じる「幻滅期」がやってくる。岡山の女性もこの時期に発症したとみられる。さらに復興が進む「再建期」に入っても生活が立て直せないと気持ちが不安定な状態が続く。こうした症状が続くと、医師や保健師などへの相談が必要だ。

◆災害後に起こりやすい被災者の心の動き

同センターが西日本豪雨から約半年後の2019年1~2月に岡山県倉敷、総社両市の仮設住宅に住む3662人に健康状態を尋ねたところ、災害時を思い出したり夢に見たりする人は約3割の1164人に上った。

同センターの岡崎翼医師は「今でもつらい思いを抱えている人は多い。親身になって話を聞いてあげるなど、受け止めてくれる人がいる安心感が早期の回復につながる」と話す。

家族や友人 大きな役割

災害ストレスは、1995年の阪神大震災でPTSDを発症する被災者が多く出たことから注目された。災害直後の急性ストレス障害(ASD)や避難の長期化で発症しやすくなるうつ病なども問題となり、東日本大震災(2011年)や熊本地震(2016年)など大規模な災害が起こるたびに被災者の心の問題に関心が集まるようになった。

 

治療法などの研究も進む。不安やパニックなど緊張した状態が続く場合、ゆっくりと深呼吸を繰り返すことが効果的だとわかってきた。また被災者が心の内を話すことで、不安や恐怖の感情が徐々に取り除かれていく。PTSDと診断され、専門的な治療を受けた患者の8割が治るようになったという。

 

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の金吉晴所長は「専門的な治療以外にも、被災者の話を聞き、家事を手伝うなど生活をサポートする家族や友人が大きな役割を果たしている」と話す。

 

(読売新聞 2020年6月28日掲載 科学医療部・長尾尚実)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS