地震・避難の際「災害弱者」へ気配りをどうするか?

障害者や高齢者、子ども――。大規模地震などの災害時、避難で配慮が必要な「災害弱者」は少なくない。周囲の支援が不可欠だが、障害者の特性を知らなければ、逆に負担をかけることにもなる。架空のシナリオで配慮の心構えについて考えてみたい。高齢者や子どものために必要な備えのポイントも紹介する。

シナリオ1 全盲男性の安否は …自宅訪問

「この家に全盲の男性が一人で住んでいるはずよ」。揺れが収まった後、余震を警戒し、自宅から公園に向かっていた太郎(32)は、妻の花子(32)の言葉にはっとした。

 

男性とは防災訓練で顔を合わせたことがある。この地域には、障害者など避難で支援が必要な人の名簿はあるが、どう誘導するか個別の計画は策定されていないと言っていた。混乱の中、誰も男性を助けに来ていない恐れがある。

 

「大丈夫ですか」。大声で呼びかけると、中から「けがはありません」と男性の声。だが、中に入ろうにも玄関には鍵がかかっている。「安全な場所に行きましょう」。太郎が叫ぶと、男性が自分で玄関ドアを開けてくれた。

 

太郎は一安心した。だが、花子が男性のことに気付かなかったら、と思うと気持ちは穏やかではなかった。

シナリオ2  誘導しながら避難…被災の街

玄関に置いてある白杖(はくじょう)を手にした男性と歩き始めると、近所の人たちも公園に向かっていた。サイレンが聞こえ、火災の煙も見える。

「急ぎましょう」。太郎は男性の腕を引っ張った。不意をつかれた男性がよろめく。「すみません」。太郎と花子は慌てて男性を支えた。

 

「あなたの肘をつかみますから、半歩前を歩いて」。男性が言う通りに太郎は誘導する。「私が持ちます」。花子が男性のバッグを手にした。

 

道路には所々、亀裂が入り、住宅のブロック塀が倒れている場所もある。太郎は避けながら先に進む。「方向を変える時は教えてください。街はどんな様子ですか」。男性がふいに尋ねてきた。

 

「状況が分からないと、不安も大きいだろうな。早く教えてあげればよかった」。太郎は心の中でつぶやいた。

シナリオ3   把握しにくい情報…避難所

公園に着いたが、余震はいつ来るかわからず、暗くなる前に避難所に移った方が良さそうだ。幸い、スマートフォンの通信状態に問題はなく、自治体のツイッターが近くの小学校体育館に避難所が開設されたことを告げていた。

 

「行きましょう」。太郎が言うと、男性もうなずく。

 

小学校に着くと受け付けを済ませ、体育館へと入った。すでに多くの人が避難していた。視覚障害者には、伝って歩きやすいようにと、壁際のスペースが用意されていた。

だが、館内は騒然としている上、新型コロナウイルス感染防止のため、運営スタッフはフェースシールドも着けていて、声が聞き取りづらい。「掲示板は読めないし、一人では不安だな」。男性のつぶやきを聞き、太郎と花子は避難所でも男性のことを気にかけなければと肝に銘じた。

声かけで不安和らぐ

「地域とつながりがあるため、災害時も心強い」。首から下の感覚がほとんどなく、車いす生活を送る大分県別府市のNPO法人職員、神田憲治さん(47)は、そう強調する。

 

同市は、障害者ら避難時にサポートが必要な「避難行動要支援者」の情報を、本人の同意を得て自治会などに提供。各人の避難方法などを事前に決める「個別計画」も、自治会などが福祉の専門家と策定し、防災訓練には障害者らも参加する。神田さんは支援してもらいやすいよう、重量の軽い車いすを準備した。「計画策定で自分の防災意識もさらに高まった」と話す。

 

災害対策基本法は、市区町村に避難行動要支援者の名簿作成を義務づけ、国は指針で、個別計画の策定が望ましいとする。だが、ほとんどの自治体が名簿を完成させたのに対し、全員分の個別計画が策定された自治体は1割強にとどまる。

 

別府市の取り組みを監修した同志社大教授(福祉防災学)の立木茂雄さんは「個別計画を早急に作るべきだ。防災訓練に参加してもらうなど、交流も大切だ」と指摘する。

 

災害は外出先でも起きる。障害者がいたら、マスク着用など新型コロナウイルスの感染防止に留意しながら、まず声をかけることが重要だ。必要な配慮や支援などは一人一人違う。それを記入したヘルプカード=写真、愛知県瀬戸市提供=を持っている場合もあり、確認したい。

日本介護福祉学会長の太田貞司さんは「障害者は災害時、健常者以上に不安が大きい。声をかけるだけで安心につながる」と話す。

 

◆避難誘導や避難所での支援の主なポイント

(広島県障害者社会参加推進センター「防災ガイド」などを基に作成)

→高齢者 適度に体動かす

災害時のストレスなどで血圧が高くなる「災害高血圧」は、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)の引き金になり得る。日中、適度に体を動かし、夜に十分な睡眠が取れるようにしたい。動かないと、全身の機能が低下する「生活不活発病」にもつながる。口腔(こうくう)ケアがおろそかになると、口内の菌が体に悪影響を及ぼす恐れも。歯磨きができない場合はガーゼなどで歯をこする。

→高齢者 できるだけ在宅避難

避難所生活は心身への負担が大きく、できるだけ在宅避難にしたい。温められるレトルト食品などの備蓄を徹底し、介護が必要だったり持病があったりする場合は、災害時に備えて事前にケアマネジャーや主治医に相談しておく。

 

遠方に老親がいる場合は、帰省した際にハザードマップを一緒に見て危険性を確認する。実際に避難経路を歩くなどするといい。

→子ども 避難ルートの確認

地震発生後に一時的に避難する公園などまで、試しに非常用持ち出し袋を持って、子どもと一緒に行ってみる。小学生や保育園児などにとっては避難ルートを知ることができ、乳幼児であれば、負担がないかの確認になる。

 

災害による子どもの精神的なショックは大きい。避難所などでは、睡眠中にうなされるなど、普段と異なる様子がないか注意する。

 

(読売新聞 2020年11月12日掲載「防災ニッポン   地震・災害弱者」生活部・大郷秀爾、福島憲佑、山村翠、梶彩夏が担当しました)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS