3.11東京 ターミナル駅で凍えながら待った

 

写真説明:東日本大震災のあった日、渋谷駅前ではバスを待つ長い列ができた(2011年3月11日撮影)

東日本大震災報道に携わった読売新聞記者たちが「あの日、あの時」に報道の裏側で経験したことを、秘蔵していた当時の写真とともに紹介します。

読売新聞社著 「記者は何を見たのか 3.11東日本大震災」(中央公論新社・2011)の社会部・浜名恵子執筆分を一部修正し写真を追加

東京・池袋であふれかえった帰宅困難者

あの日、被災地では雪が舞っていた。それに比べるべくもないが、東京も寒かった。池袋駅では交通手段を失い、待機場所の情報も知らされない多くの帰宅困難者が、凍えながら朝を待っていた。

 

私が池袋に着いたのは、午後6時半頃。池袋は、JRのほか地下鉄3路線に2つの私鉄が乗り入れるターミナル駅だ。運転再開を待つ人でごったがえす地下コンコースを進み、JRの改札前に着くと、改札口は閉じられていた。「運転再開の見込みは立っておりません」と繰り返しアナウンスが流れ、それはやがて、「終日運転を見合わせます」に変わった。

 

写真説明:地震発生直後の電車が表示されたままの池袋駅の電光掲示板。改札内への入場は制限され、利用者は入ることができなかった(2011年3月11日午後7時、浜名恵子撮影)

 

私鉄、地下鉄も全て運転を見合わせ、バスやタクシー乗り場には数百mの列。しかし、幹線道路が大渋滞で、列が動く気配はない。携帯電話がつながらないため、公衆電話はどこも10人以上が列を作った。

 

「いったん職場にも戻ってお待ち下さい」。駅職員らが必死に誘導したが、早々に営業を打ち切って従業員を帰した会社や店舗も多く、買い物や乗り換え途中で池袋を通りかかった人たちもいる。具体的な待機場所の指示がなく、階段や柱の影には、途方に暮れて座り込む人たちがいた。

 

写真説明:池袋駅近くのコンビニも食料や使い捨てカイロなどを買い求める人たちでいっぱいだった(2011年3月11日午後8時、筆者撮影)

 

「立教大学が教室を開放している」。取材をするうち、こんな情報を通行人から聞いた。確かめようと、駅西口から徒歩10分程度の大学に向かった。校門前に職員が待機し、帰宅困難者を招き入れていた。通された講義室の椅子席には、学生からお年寄りまで、様々な人たちが、隙間なく座っていた。すこし窮屈だが、教室前方でテレビも放映され、鉄道運行情報も把握できる。何よりも暖房が効いて暖かく、教室に案内された人たちも、どこか安心したような表情だった。後に大学側に確認すると、大学の自主的な判断で開放し、翌朝までに4000人以上が利用したという。

 

写真説明:帰宅できなくなった人たちは様々な待機場所で一夜を明かした(東京・渋谷区の青山学院大学で。2011年3月11日撮影)

 

他にも待機場所があるのではないか? そう思い、東口の豊島区役所に向かった。思った通り、庁舎に隣接する公会堂が開放され、ホールの椅子席とロビーの床に座って、運転再開を待つ人たちがいた。区役所1階の長椅子や、パイプ椅子も利用できた。他にも、いくつかの公共施設が帰宅困難者を受け入れているという。しかし、池袋駅では積極的な案内は行われておらず、待機場所にいた人たちは、「他の人に聞いた」「ツイッター」「たまたま通りかかった」という人ばかりだった。

 

夜10時頃からは、いくつかの路線で運転が再開された。池袋駅では、午後9時55分に西武鉄道、同10時15分に東京メトロ有楽町線が一部区間で運転を再開。東京メトロの残り2路線も、日付が変わるまでに運転を再開した。やがて、待機場所からは、駅に向かって歩く人の流れができた。

 

ただ、これらの路線を利用して池袋まで来たものの、JRや東武鉄道が運転を再開しないため自宅まで帰れない人たちも多く、コンコースで運転再開を待つ人はなくならなかった。12日未明になっても相当大勢の人が駅周辺で朝を待っていた。

 

明け方、東京都心の気温は2・3度まで冷え込んだ。駅近くのコンビニエンスストアでは、使い捨てカイロはすでに売り切れ、もちろん毛布もない。「冷たすぎて、床に座ることができない」と、立ったままの70歳代の女性。寒さを和らげようと、街角に置いてあるフリーペーパーを山のように持ち込み、敷物代わりにしていた男性――。「区役所が開いていますよ」と個人的に伝えて回ったが、範囲は限られる。このまま駅にいて体調を崩す人はいないのだろうかと、もどかしかった。私も午前3時すぎ、床に座って仮眠を取ろうとしたが、駅ホームから下りてくる冷気と、繰り返し襲ってくる余震でほとんど眠ることができなかった。

翌朝 東北沿岸部の映像に言葉を失う

午前6時前、東武鉄道が運転を再開。待ちかねた乗客たちが詰めかけた。一方、まだ運転再開をできずにいるJRの駅員には、「いつ運転を再開するのか」といら立ちをぶつける人もいた。しかし、大部分の人は、駅に設置されている画面を、食い入るように見つめていた。

 

普段は運行情報などを映す画面だが、この日は宮城、岩手などの沿岸部を上空から映したニュース映像が繰り返し流されていた。50人、100人が輪になって画面をとり囲み、誰もが無言だった。池袋で朝を迎えた人たちの多くが、この時初めて、東北沿岸部の被害の重大さを知ったはずだ。私もそうだった。街がまるごと水に浸かり、わずかに残った建物も、屋上まで水にぬれている様子を見て、めまいがした。

 

地震発生から17時間以上が経過した午前8時すぎ、JRもようやく運転を再開することになった。テレビにくぎ付けだった人たちは、我に返ったように、改札に吸い込まれていった。駅の入場規制も11時ごろまでにはほぼ解消し、帰宅困難者たちは、疲れ切った表情で家路についた。私もそれを見守った後、区内の自宅に帰った。

 

写真説明:地震発生から17時間後、JRが運転を再開し、大勢の人が改札に吸い込まれていった(2011年3月12日午前8時、筆者撮影)

 

数日後、別の駅を取材していた記者と話す機会があった。「駅で近くの待機場所までの地図が配られ、案内された」という所もあれば、「シャッターが閉められていた」という所もあり、場所によって対応は様々だったようだ。池袋駅は、シャッターは閉められなかったものの、待機場所への誘導は不十分だった。自治体や交通機関は、今回の経験を生かし、帰宅困難者の立場に立った対応策を考えてほしい。

 

「記者は何を見たのか 3.11東日本大震災」社会部・浜名恵子(P269~273)

※)「記者は何を見たのか 3.11東日本大震災」は読売新聞社が東日本大震災の取材にあたった読売新聞記者77人による体験記をまとめ、2011年11月に出版した。2014年2月に同タイトルで中公文庫となり、版を重ねている。

東日本大震災10年・読売新聞オンライン

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS