コロナ・家族に感染が疑われたとき自宅でどう過ごす?

感染症の大流行は災害と同様、人々の暮らしや社会に甚大な影響を与える。その現実を新型コロナウイルス感染症は突き付けた。警戒を怠れば、ウイルスや細菌は家庭内にも入り込む。不安な心の隙を突かれ、デマの拡散や差別に加担してしまう恐れもある。新型コロナを例に、架空のシナリオで改めて考えたい。

【シナリオ1】家族にうつさない …結果待ち

「受けてきた」。帰宅した太郎(40)は厳しい表情で、妻の花子(39)に告げると、マスクを着けたまま、すぐに洗面所で手を洗った。発熱し、医療機関から新型コロナウイルスのPCR検査を促されたのだった。

太郎の自宅待機で花子の不安は増していた。「あなたが感染していたら、私や子ども2人にもうつってしまう」。受験を控えた長男のことが特に心配だった。

太郎は外では3密を避け、マスクの着用や手洗いを励行してきた。「感染しているとは思えないが、万が一を考え、家の中でも予防対策をしよう」。検査結果を待つ間、家族全員が家でマスクをし、距離を取る。

だが、自分がもし感染していたら、家族にもすでにうつっている可能性が高い――。悪夢がよぎった。

【シナリオ2】デマに惑わされる …SNS

2日後、検査結果がわかった。陰性。熱もすでに下がっている。ひとまず安心したが、ドアノブを消毒するなど、家でも普段から対策を強化することにした。

「消毒液が品薄になるみたいよ」。花子がスマホの画面を見せてきた。SNSで流れてきた情報では、感染の再拡大で医療機関などでの需要が増え、市販されなくなるという。

「そんなのデマに決まっているよ」。太郎は、トイレットペーパーについて、同じような情報が拡散されたことを思い出していた。

「でも念のため、たくさん買っておいた方がいいんじゃない。受験シーズンになかったら困る」と花子。みんながそうやって買い占めるから社会が混乱するんだ、と思いながらも、太郎は強く反対しなかった。

【シナリオ3】気づかぬうち差別 …マンションで

「大変なことになっているなあ」。近くの病院で発生したクラスターについて連日報じるテレビ番組を見ながら、太郎はつぶやいた。

マンションの同じ階に住む女性も、この病院に看護師として勤めている。「子どもを預けている保育園に、登園を自粛してほしいと言われたんだって」と花子。「えっ、まだそんな差別的な対応があるの」

翌日、太郎はエレベーター前で看護師の女性と出くわす。一緒に乗ろうとし、ちゅうちょした。PCR検査を受けた時の不安がよみがえったのだ。忘れ物をしたふりをし、家に戻る。

「あれ、どうしたの」。花子に問われ、いきさつを説明した。「不安はわかるけど、それが差別につながるんじゃない」。花子の言葉に太郎はぎくっとした。

 

◆新型コロナウイルス 家庭での主な対策

(厚生労働省などの資料を基に作成)

 

●浴室・洗面所・トイレ

●台所・リビング

●家庭での過ごし方

◆手洗い・換気 基本が肝心

新型コロナでは実際、家庭内感染が増えている。症状が出る前でも人に感染させる恐れがあり、自宅での対策に気を配りたい。

 

「日頃から、負担にならない範囲でできるだけ取り組んで」。浜松医療センター(静岡県)の感染症内科部長、矢野邦夫さんは助言する。

 

帰宅後に手を洗う、家族間でタオルの共用を避けるといった基本的な対策を守ることが大切だという。ドアノブを定期的に消毒すれば、より安心感も得られる。せきなどの症状が出たら、家の中でもマスクをした方がいい。

 

換気にも注目したい。北海道大教授(建築衛生)の林基哉さんは、「自宅に24時間換気システムがある場合、電源がオンになっているか確認して」と話す。2003年施行の改正建築基準法で、原則全ての新築住宅に導入されているが、オフにしている人も。換気口がホコリで詰まっていないかもチェックしたい。

 

ない場合は常時、浴室や台所の換気扇を動かす。少しだけ窓を開けておく方法もある。「室温が下がりすぎると体調を崩す原因になる。換気を優先しながら、室温や湿度も保ってほしい」と話す。

→家族の支え合い

感染予防のため外出がままならない状況が続くと、ストレスがたまりやすい。家族間で普段以上にコミュニケーションを取り、仕事や学校での悩みなどを共有して支え合いたい。小さな子どもには状況をわかりやすい言葉で伝える。

 

遠方の老親とは会いづらくなる。頻繁に連絡して不安を和らげ、地元の信頼できる人に見守ってもらうことも検討したい。

→インフォデミック

感染症の流行時などには、偽情報が氾濫した状況が起きやすい。不安から正常な判断ができず、良かれと思って、真偽不明な情報でもSNSなどで拡散させてしまうからだ。インフォメーション(情報)とエピデミック(流行)を合わせ、インフォデミックと呼ばれる。情報が正確か国や自治体のサイトなどで確認し、真偽が分からなければ、決して人に伝えない。

→差別・偏見対策

自分もいつ感染するかわからない不安から、感染者や家族らへの差別の感情が生まれやすくなる。新型コロナでも、患者や医療従事者に対する中傷、県外ナンバー車への嫌がらせ行為が起きた。

 

感染予防に努めている人ほど、感染した人を許容しにくくなる点にも注意したい。感染しうるという意味では誰もが同じ立場だと、共感することが大切だ。

 

(読売新聞 2020年12月16日掲載 「防災ニッポン 感染症」生活部・崎長敬志、福島憲佑、山村翠が担当しました)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS