津波で逃げるときは徒歩が基本、安易に戻ってはダメ

写真=津波警報が出され、道路は内陸へ向かう車で渋滞した(2012年12月、宮城県石巻市で)=横山就平撮影

「最悪」想定 渋滞を回避

速やかに逃げるのが、津波発生時の大原則だ。「率先して避難するという意識を持ってほしい。周囲の人が避難するきっかけにもなる」。東京大特任教授の田中淳さん(災害情報論)は訴える。

 

海の近くで大きな揺れや小さくても長時間続く揺れを感じるか、ニュースやスマートフォンの防災アプリなどで津波警報などを見聞きするかしたら、緊急避難場所の高台などを目指す。震源が陸地に近い場合、警報が津波の襲来に間に合わない可能性があり、逆に震源が遠いと、揺れを感じない場合があるためだ。

 

気象庁は、大津波警報や津波警報では直ちに高台などに避難し、津波注意報では海の中にいたらすぐに上がって海岸から離れるよう呼びかける。「この程度の揺れなら大丈夫などと過去の経験で判断せず、最悪のケースを想定して逃げる勇気を」と田中さん。

 

徒歩が避難の基本だ。車での避難は渋滞の原因や徒歩避難の妨げとなる恐れがあり、2011年の東日本大震災でも混乱を招いたとされる。静岡大防災総合センター特任教授の岩田孝仁さん(防災学)は「家族に徒歩避難が難しい高齢者や障害者がいたり、避難場所が遠く、どうしても間に合わなかったりする場合を除き、車は避けて」と指摘。高齢者らと避難するために車いすを準備しておくことや、住民同士で車に乗って台数を減らすなど、渋滞につながらない工夫を地域で話し合っておくことを提案する。

 

車の運転中に津波が発生した場合も、できるだけ降りて徒歩で避難する。緊急車両の通行を妨げないよう車道外などに停車。エンジンを切って鍵を車内に置くなどし、ドアをロックせずに離れる。

 

車で避難せざるを得ない場合は慎重に運転したい。「信号機や踏切が稼働しなかったり、路面が損壊していたり、電柱が倒れていたりと、事故のリスクが大きい状況が想定される」と岩田さんは話す。

 

避難の際は、非常用持ち出し袋を取りに自宅に戻ったり、家族と途中で合流しようとしたりすると、間に合わない恐れがある。各自ですぐに避難することが大事だ。事前に避難場所での待ち合わせ地点を決めておくといい。

 

津波は何回も押し寄せることがあり、最初の波が一番高いとは限らない。巨大災害に詳しい関西大社会安全研究センター長の河田恵昭さんは、「波が引いても自宅に戻らず、警報などが解除されるまでは避難場所にとどまること」と助言する。

「津波フラッグ」導入 気象庁

夏に海水浴場などで海に入っていると、津波の発生を知るのが遅れる可能性がある。

気象庁が2020年6月に運用を始めた「津波フラッグ」=写真=は、赤と白の格子模様が描かれた旗を掲げ、津波警報などが発表されたことを視覚的に知らせる伝達手段だ。8月には神奈川県大磯町の海岸で、県と包括協定を結んだ日本ライフセービング協会(東京)所属のライフセーバーがフラッグを試験的に掲示するデモンストレーションを行った。

 

◆避難行動3か条

▽大きな揺れや警報で速やかに

▽徒歩が基本

▽すぐに戻らない

(読売新聞 2021年1月22日掲載 連載「防災ニッポン 津波・逃げる」中)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS