3.11秘話「釜石の奇跡」の裏に共助のリレーがあった

写真説明:東日本大震災後の津波で水没した岩手県釜石市の釜石東中学校(左)と鵜住居(うのすまい)小学校(2011年3月12日、本社機から)

児童生徒の背中を押したのは…

中学生が小学生を支えながら高台を目指して避難した――。東日本大震災で岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)地区の生徒たちが見せた行動は、「避難のお手本」として広く知られることになった。だが、当時釜石東中3年だった菊池のどかさん(25)は、もやもやした思いをずっと抱えてきた。「『釜石の奇跡』なんて言われていますが、小学生が心配だったのに、最初は自分たちだけで逃げたんです」

「点呼はいいから、走れ!」

大きな揺れが落ち着き、校庭に出た菊池さんら生徒約210人は、村上洋子副校長(63)(当時)の「点呼はいいから、走れ!」の指示で、即座に駆け出した。

 

隣接する鵜住居小に動きはなかった。「もし残っていたらやばい」。菊池さんたちは「津波くるぞー、早く逃げっぺー」と校舎に向かい叫んだが、反応はなかった。「津波が来たら、助からない」。そう思いつつ、走るしかなかった。

 

すれ違いで、地元消防団6分団の二本松誠さん(57)が小学校の敷地に車を乗り入れた。2人の子供が同小に通っていた。二本松さんが急いで校舎に入ると、児童の多くが3階へ避難している途中だった。「何やってんだ。早く高台へ避難しろ!」。教員たちは慌てて、外に出るよう指示した。

「はだしで大丈夫だから走れ」

近くの水門の閉鎖を確認した二本松さんは、仲間の団員と再び校舎へ戻った。停電で校内放送ができない。逃げ遅れがいるかもしれない。案の定、2階に児童数人と教員がいた。さらに保健室には、靴をなくして困っている低学年の子がいた。「はだしで大丈夫だから走れ」。お尻を軽くたたくと、その子は走り出した。

児童の手を引き一時避難所から高台へ

児童生徒が向かったのは、約800m先にある介護福祉施設の駐車場。訓練で確認を繰り返してきた一時避難所だ。菊池さんは、児童たちの姿を見て、胸をなで下ろした。さらに高台を目指し、地域住民と一緒に、児童の手を引いて避難するのはここからだ。

写真説明:「避難できたのは地域の人たちのおかげ」と語る菊池さん(岩手県釜石市で)

 

児童全員が校舎から避難できた経緯を、菊池さんが知ったのは7年後だった。避難の途中には様々な助けがあったとも聞いた。「地域の人たちが私たちを逃がしてくれたんだ」。菊池さんは翌年、鵜住居の震災伝承施設の職員になった。

写真説明:釜石東中学校(左)と鵜住居小学校(右手前)のある釜石市鵜住居地区は、震災当日の午後3時17分頃に高さ約11mの津波が到達し、甚大な被害を受けた(2011年3月12日、本社機から)

住民一喝 570人は海抜2mから44mへ1.6kmを走った!

岩手県釜石市の鵜住居小学校と釜石東中学校の約570人は、津波が迫る中を、1・6㎞先の峠へと走った。その途中では、消防団や地域住民らが手を差し伸べた。過去に何度も津波を経験している鵜住居地区では、学校と住民による合同訓練が行われるなど、地域ぐるみの助け合いが根づいていた。「奇跡」には伏線があったのだ。

pm 3:10頃 ございしょの里=海抜4m

校舎を飛び出した児童生徒がたどりついた一時避難場所の介護福祉施設「ございしょの里」の前には、保護者や近所の人たちも集まっていた。車で渋滞する道では、住民や教員たちが「子供たちを通してけろ」と呼びかけて誘導。恐怖でおびえる低学年の児童は、中学生たちがなだめた。

「山が崩れ始めている。ここさいたら死んでしまう!」

生徒の数を確認していた釜石東中の斎藤真(しん)教諭(48)(当時)は、高齢の女性住民に手を引かれた。「ここさいたら、子供たちが死んでしまうぞ。崖が崩れてる」。裏山から小石が落ちてきていた。斎藤教諭から報告を受けた村上洋子副校長(63)(同)は、300m先の「やまざきデイサービスホーム」への移動を決断した。鵜住居の沿岸部が高さ11mの津波にのまれたのは、その直後だった。

pm 3:17頃 やまざきデイサービスホーム=海抜15m

到着したデイサービスの駐車場で、教員らが打ち合わせを始めようとしたときだった。

「時間ねえべ、そこまで水が来てる」

消防団員の二本松誠さん(57)が声を張り上げた。「そんな時間ねえべ。そこまで水が来てる」。子供も大人も水煙に気づいた。「やべえ」「逃げろ!」。即座に裏山と峠の二手に分かれた。

「大丈夫!みんな逃げてる」

裏山に向かった集団には低学年の児童が託された。山道もなく、急斜面を2mほど登るしかない。小6だった長女桃香さん(22)と一緒になった佐藤健さん(49)は、ほかの住民と協力し、雑草や木の枝をかき分け、小さな子供たちを持ち上げ、山を登らせた。2歳下の弟繁さん(20)を心配して泣きじゃくる桃香さんに、佐藤さんは「大丈夫、きっと逃げているから」と声をかけた。

 

小学4、5年生や中学生たちが目指した峠も急な坂道が続いた。後ろに保育園児がいるのに気づいた生徒たちは、抱きかかえ安心させようとした。園児が乗った手押し車を、園の職員に代わって押す生徒もいた。

夕方~夜 山を登りフェンスの穴から道路へ 峠=海抜44m

津波が引くと、裏山に逃れた集団は峠へ移動し、桃香さんも弟と合流できた。日が暮れ、雪が激しくなってきた。デイサービスの手前まで泥水に覆われ、街に戻ることはできない。まだ10歳の繁さんは「訓練とは違う。これからどうなるのか」と不安だった。

 

峠の近辺には、6日前に開通した三陸沿岸道が走っていた。二本松さんはのり面をよじ登り、持っていたペンチでフェンスを切った。子供たちはフェンスの穴から道路に出た。釜石の街へ歩き始めてしばらくすると、久保秀悦(しゅうえつ)さん(61)が運転する消防団のポンプ車が止まり、続々とダンプカーなども集まってきた。消防団が無線で呼んでくれたのだった。

避難所でも率先して避難者カード作りや掃除

三陸沿岸道でダンプカーなどに助けられた児童生徒たちは、4km離れた避難所の旧釜石第一中学校体育館に到着した。そこから別の避難所へ移った生徒たちは、安否確認に役立てるための避難者カードを作り、掃除を率先して行った。

 

◆釜石東中学校と鵜住居小学校の避難状況

地域で訓練「助けられる人から助ける人へ」

釜石東中が掲げていた目標は「助けられる人から助ける人へ」。震災前には、小学校との合同避難訓練のほか、消防と連携して負傷者の搬送訓練なども行ってきた。地域住民から過去の被災体験を聞き、郷土資料館で生々しい写真も目にしてきた。同中出身の菊池さんは「どう行動すればよいのかを自分で考えるようになった」と話す。

2004年から取り組む防災教育

釜石市が防災教育に力を入れ始めたのは2004年。岩手沿岸は前年に震度6弱の地震に襲われたが、避難率が低く、危機感があった。

 

津波対策には各校が取り組んだ。市中心部の釜石小は、校舎は高台にあるが、浸水想定区域に住む児童が多く、「下校時避難訓練」を行ってきた。児童は通学路マップを各自で作成、避難場所を確認する。下校時に津波警報が発令されたとの想定で訓練も繰り返した。

 

地震が発生した時間帯は、同小の児童184人の大半が下校後だった。釣りをしていた港や遊んでいた公園などから、それぞれが避難し、犠牲者は出なかった。当時小3で友人宅にいた沢田梨水子(りみこ)さん(19)は、避難しようとしない友人の祖父母を説得し、一緒に高台に向かった。「避難場所や危険な場所を覚えていて、焦りはなかった」と語る。

子供たちの判断力と行動力を育む手本に

釜石の子供たちの行動は、教科書にも載る全国のお手本になった。南海トラフ巨大地震の被害が想定される和歌山県田辺市も、釜石の事例をきっかけに、災害時の子供たちの判断力や行動力を育む必要性に気づいたという。

 

学校や年齢が異なる子供同士が集うワークショップを開き、「救出した家族が重傷、園児が心肺停止だった場合、どちらを先に搬送するか」などのテーマで意見を出し合う。市教委学校教育課の上木原浩之指導主事は「子供の生き抜く力と未来の防災力を高めたい」と話す。

 

◆岩手県釜石市鵜住居地区
✓ 死者   458人
✓ 行方不明者 122人
✓ 被災家屋  1851戸
✓ 人口震災前 2657世帯6630人(2011年2月末)
震災後 1868世帯3772人(2020年10月末)

 

(読売新聞 2021年1月14日掲載 盛岡支局・押田健太)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS