シングル必見!専門家に聞く!ひとり暮らしのコロナ対策

コンビニや出前を賢く利用

感染が広がる新型コロナウイルス。熱やせきが出て「自分も感染した?」と疑うようなことが、これから起きるかもしれない。そんな「もしや」の場面を想像してみたら、ひとり暮らしの弱点も見えてくる。備えと対策について専門家に聞いた。

「熱下がらない」ときは

朝、東京都内でひとり暮らしをしている弁護士の男性(27)は体温計を見て不安になった。前日出た37度の熱が下がっていない。のどに痛みもある。「もしかして、新型コロナかも」。念のために仕事をテレワークにし、外出を控えた。

普段の食生活は外食とコンビニが頼りで、この日は冷蔵庫にあったヨーグルトとカップラーメン1杯でしのいだ。幸い、その翌日に熱は下がった。「もし、自宅にこもるのが長期化していたら、近くに頼れる親戚もいないし、すごく困ったと思う」

熱が2日続いたらできれば休んだ方が……というつっこみはさておいて、同じひとり住まいの者として聞きながら身につまされた。単身生活なら同居家族への感染を心配する必要はない反面、身の回りのことを自分ひとりで対処できるだけの準備が必要になりそうだ。

「ウイルス対策も、防災も一緒です。日頃の備えがあれば心配ありません」。そうアドバイスをくれたのは、危機管理教育研究所(東京)代表の国崎信江さん(=写真・危機管理教育研究所提供)。

なるほど、食品や日用品が手に入れにくくなる状況は、災害時と同じといえば同じだ。長期保存できる非常食などの備えは今回のような「もしも」にも役に立つ。

レトルトカレーやパスタなど好きなものでOK

「いわゆる非常食に限らず、自分の好きなものでいいんです。たとえば、レトルトカレーやパスタ麺、シリアル、サバの缶詰など長期保存のきくものを買う時に、多めに買うことを心がけましょう」

ほかに、国崎さんは果物を欠かさず用意しているという。火や水が不要で栄養と水分が取れるからだ。

ひとりだと、部屋が狭くて収納スペースがない場合もあり、買ったのに使い切れない食品ロスを避けるため「その日食べるものを食べられるだけ」買う生活をしがちだ。実は私もそう。でも、そんな生活も「コンビニに走ればいつでも買える」から成り立っている。「在庫を持たない」暮らしはいざとなったらやっぱり弱い。

「中国での感染拡大で、トイレットペーパーが手に入らなくなる」というデマがSNSで広がり、各地のスーパーなどで買えなくなる事態も起きた。

「備えがあれば、デマにだって惑わされませんよ。人は喉元を過ぎたことは忘れがちですが、今回『なくなったら困る』と分かったものをリスト化しておいて、次の危機に備えて、準備をしたらいいと思います」と国崎さんは話した。

備蓄を置いておくスペースがない場合は、安く借りられるトランクルームの利用も検討したい。

「体力のある若い人は特に、自分が外出できない状況をイメージできず、『身一つくらい何とかなる』と思いがちです」。単身者の困りごと相談に乗る市民団体「単身けん」(東京)の事務局長、石川由紀さん(75)はそう指摘する。「自然災害で交通機関が止まり、コンビニなども機能しなくなることもあります。2、3日の食事のストックは用意しておくといいでしょう」。作り置きの習慣があったおかげで、阪神大震災の後に非常に助かったという会員もいるという。

出前利用する時に注意すべきことは…

出前も、よくお世話になるサービスだが、感染を心配している場合には、どんなことに気を付けたらよいだろう。

受け渡し場所や決済方法

愛知医科大学病院感染症科・三鴨広繁主任教授(=写真)は「熱が続いて自分で感染を強く疑っているような場合は、事前に電話などで商品を玄関に置いてもらうよう頼んだり、インターネット決済にしたり、直接のやりとりを避けた方がよいでしょう。特に、食べ終わったら返却せずに捨てられる容器で提供してもらうことが重要です」と話した。

ヘルパーや家事代行は利用前に正直に話す

では、ヘルパーや家事代行のサービスを利用している場合は……。

「神経質になりすぎる必要はないですが、自分で感染を疑っているなら、正直に話すことがエチケットです。マスクや手袋、アルコール消毒液を持参してもらうなど、相手が予防策をとれるように事前に知らせておきましょう」

友達に何かをしてもらう場合も、そうした配慮は必要だろう。

すぐにできるお薦め自衛策「日記をつける」

三鴨教授は「ひとり暮らしだと、病識を持ちにくい(自分で病気だと気づかない)傾向にあります」とも指摘した。確かに「具合悪いの?」と気づいてくれる家族はいない。そこで、日記をつけるのが有効だという。

「朝晩の検温の記録、そしてその日誰と会ったかを書き残しておきましょう。日常生活でも役立つし、万が一感染がわかった場合に濃厚接触者を特定しやすくなります」

ひとり暮らしに限らず、記憶が曖昧になりがちな高齢者には特におすすめだ。

写真説明=体温や、会った人を書いておく

「高齢者は重症化する率が高く、感染すれば、文字通りの死活問題。一方で、免疫力が高い若い人は感染していても無自覚のままふだん通りに活動しているケースがあるでしょう。高齢者は感染しないための防衛を、若者は自分が感染者かもしれないことを想定して周囲に広げない行動を心がけてほしいです」

◆新型コロナウイルスに感染しない、うつさない生活って?

(三鴨広繁教授や国崎信江さんへの取材などに基づく)

●感染しないために

●自分で感染を強く疑ったら

●日頃から

ほかの病気やけがのときにも役立つ

ひとり暮らしで身動きが取れなくなるのは、新型コロナウイルス感染でなくとも、ほかの病気やけがでも起こることだ。常備薬を用意したり、どこに相談したらいいかを把握したりしておけば、少しはあわてないで済む。友人や同僚、恋人やお隣さんなど、いざという時に助けを求められる人を思い浮かべることができれば、なお心強いだろう。普段は気ままに自由を謳歌(おうか)しているが、この機会に「弱点対策」をしようと思った。

(読売新聞 2020年3月22日掲載 編集センター・藤井有紗)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS