避難所運営 女性やお年寄りが困らないポイント!

群馬県「防災ノート」推奨!物資担当者に女性

群馬県ぐんま男女共同参画センター(前橋市)は、女性や高齢者らに優しい避難所の運営に役立つ「防災ノート」を作成した。女性の物資担当者を配置し、介護食を備蓄することなどをポイントに挙げる。運営リーダーは自治会長が中心となるが、女性の視点を生かすように求めている。

自治会長の女性割合ワースト1に「意識改革必要」

内閣府の調査によると、昨年4月時点で、県内の自治会長に占める女性の割合は0.78%で、全国平均の6.1%を大きく下回り、9年連続で全国ワースト1となっている。同県桐生市内の町会長を務める女性は「男性の意識とともに、自治会に積極的に参加しようとする女性の意識改革も必要」と指摘する。

◆群馬県内の自治会長に占める女性の割合

(内閣府まとめ 各年4月1日時点)

同センターによると、男性だけで避難所を運営した結果、男女のニーズの違いに気づけず、女性から「生理用品を受け取りにくい」「間仕切りがなく、授乳ができない」といったケースも少なくなかった。

設備のチェック項目や避難所レイアウトの例示も

写真説明:女性や高齢者らに優しい避難所の運営方法をまとめた「防災ノート」

こうした課題を解決するため、防災ノートには、十分な高さや幅がある間仕切りを用意しているか、体が不自由なお年寄りのために段差を解消できているか、トイレの個室、経路の照明といった設備があるかなどのチェック項目を記載している。このほか、粉ミルクや哺乳瓶、大人用紙おむつなど備蓄品のリスト、女性専用の物干し場、男女の更衣室を離すといった避難所のレイアウト例も示した。

◆「防災ノート」4ページ(部分)

◆「防災ノート」8ページ(部分)

男女共同参画と防災に詳しい静岡大の池田恵子教授(社会地理学)は、避難所運営に防災ノートの活用や女性の意見を取り入れる必要性を指摘し、「平時から女性が自治会や自主防災組織の活動に参加しやすい環境や指針を整えておく必要がある」と語る。

防災ノートは、カラー版A4サイズで8ページ。同センターは5000部発行し、県内自治体や自治会などに配布するほか、ホームページでも公開している。
https://www.pref.gunma.jp/04/p031_00089.html

(読売新聞 2021年2月23日掲載)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS