災害時はテントを活用! コロナ禍で大注目

災害時に新型コロナウイルスの感染防止対策として、テントの活用が注目されている。避難所内で「密閉」「密集」「密接」の「3密」を避けられるほか、屋外の設置も可能だ。自治体がテントの備蓄を進める動きも広がっている。

自治体は避難所の「3密」回避に

2020年9月6日、非常に強い勢力の台風10号が九州に接近した。その夜、長崎県五島市の市勤労福祉センターでは3密対策で避難者を約270人に限定したが、約350人が押し寄せた。市は急きょ避難所のエントランス付近にテント約30張りを設置。ペットと一緒に避難した家族連れらが利用した。

市の担当者は「テントを備蓄していたことから、訪れた避難者のほぼ全員に安全な場所で過ごしてもらえた」と振り返る。

写真説明:台風接近で、避難所のエントランス付近に設置されたテント(2020年9月6日、長崎県五島市で)

一方、別の地域ではテントを用意していない避難所もあり、避難者があふれるケースもあった。

空きスペースに置けてプライバシーも守れる

避難所不足の問題は過去にもたびたび起きており、1995年の阪神大震災では、被災者が避難所に殺到し、室内は密集状態となった。また2019年10月の台風19号では、東京都内で複数の避難所が満員となり、新たに訪れた住民を受け入れることができず、別の避難所へ移動してもらう事態も起きた。

コロナ禍では、避難所の収容人数がさらに限定される。このため各自治体は対策の一つとして、空きスペースで活用でき、プライバシーも守れるテントの備蓄を進める。

写真説明:(左)阪神大震災直後、住民であふれた兵庫県西宮市の避難所(1995年1月)、(右)台風が接近したが、「3密」対策で収容人数が限定された長崎県五島市の避難所(2020年9月)

大阪府池田市は2020年7月に、箕面市など周辺4市町とテントの設営訓練を実施。効果を確認し300張りを購入した。広島市では約850張りを購入し、発熱などの症状が出た人を優先にテントを使ってもらう計画だ。

◆感染防止対策でテントの準備を進める主な自治体

テントは屋外の避難でも活用できる。2016年の熊本地震では競技場内に設置され、大勢の住民が避難し、エコノミークラス症候群の予防に役立ったという。

◆テント活用のメリットとデメリット

写真説明:2016年4月の熊本地震では屋外にテントが設置された(熊本県益城町で)=同町提供

兵庫県立大の室崎益輝教授(防災計画学)=写真=は「避難先の選択肢は複数あっていいが、コロナ禍で安全な避難先を考える上で、テントの活用は有効な避難方法の一つといえる」と語る。

テントでの避難生活 自宅で疑似体験

自宅で家族がテントを使って、災害時の避難生活を疑似体験する取り組みにも関心が集まっている。

身近な防災の啓発などに取り組む危機管理教育研究所(東京都)の国崎信江代表は「おうちキャンプ」と名付け、自宅にテントを張って水道やガス、電気を使わずに生活する防災訓練を提唱する。

◆自宅でテントを使った避難生活「おうちキャンプ」を体験しよう

【実施方法】
■水道、ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーも部分的に切る(災害時と同じ状況を再現)
■テントを張り、3時間以上生活してみる
■無理をせず、つらいと感じたら中止する
【用意するもの】
□カセットコンロ、ガスボンベ
□水(ペットボトル)
□レトルト食品や缶詰、即席ラーメンなどの食料品
□乾電池、携帯ラジオ
□毛布など
□ポリ袋
□懐中電灯やランタン
□ティッシュペーパー、トイレットペーパー
【体験して感じたことを話し合う】
体験者の感想

※危機管理教育研究所への取材を基に作成

訓練を通してテント生活での課題が浮かび上がる。例えば、真っ暗な夜に懐中電灯を持ちながら料理をすると、両手が使えず不便に感じる。また、水が使えないと排せつ物の処理ができないことや、エアコンがないと体への負担が大きいことなど経験から初めてわかることが多いという。

性別や年齢で、それぞれが感じるポイントが違うので、訓練後は体験者が意見交換し、困ったことなどを共有しておくとよい。国崎代表は「訓練を重ねることで足りないものへの備えや心構えができ、実際に災害が起きても慌てずに行動できる」と話す。

(読売新聞 2020年9月27日掲載 科学医療部・長尾尚実)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS