コロナ禍の防災「密」回避で在宅・車中泊を選んだら…

写真説明:新たに導入された画面に触れずに操作できる自動チェックイン機。コロナ禍で感染対策はどのような場面でも求められている(2021年3月22日、東京・羽田空港で)

新型コロナウイルスの感染防止のため、災害時も「密」を避けた避難が望まれる。自宅や車中で避難生活を送ることを想定し、日頃の備えを見直したい。

ストレスが大きい避難所を避け、在宅避難を選ぶ場合

「女性の下着が干せない、子どもの声が気になる、ペットと一緒にいられない――。避難所はストレスが大きいものです」

福岡県筑紫野市の防災士吉村しのぶさんは指摘する。災害時、人が集まる避難所は感染のリスクがあるうえ、普段の生活リズムが守れないことも心身の負担となる。自宅の損壊などの危険があるなら迷わず避難すべきだが、安全に過ごせる場合は自宅での避難生活も検討したい。

写真説明:「自宅が安全なら在宅避難を検討して」と話す吉村さん

食料・水は最低3日分用意する

在宅避難には、事前の備蓄が欠かせない。吉村さんは、缶詰やレトルトなどの食品を多めにそろえて食べた分を補充する「ローリングストック」(回転備蓄)を勧める。食料と水は最低でも3日分は必要で、2週間分のストックがあれば、新型コロナに感染して自宅療養となった時などにも役立つ。水は、1人当たり1日に飲料用2Lと生活用1Lが目安。吉村さんは、空のペットボトルに水道水を入れ、3日たったら掃除や植物の水やりなどに使っているそうだ。

慣れ親しんだ味や人数分の簡易トイレも

「備蓄食は、普段からよく食べるものを」と吉村さん。慣れ親しんだ味には、心を落ち着かせる効果がある。感染対策のマスクや消毒液なども多めにストック。簡易トイレも、家族の人数と回数を考えて準備する。

行動計画(マイタイムライン)を平時から用意する

吉村さんは、2017年の九州北部豪雨で友人の家族が被災したことをきっかけに防災士の資格を取り、公民館などで災害の備えについて伝えている。そこで強調するのは、災害を想定した行動計画(マイタイムライン)を平時に立てることの大切さだ。「自宅の場所や周囲の環境、家族の人数や年齢などで、備蓄すべきものも異なる。最悪の状況を想像してそれに備えることで、いざという時に冷静になれます」と呼びかける。

写真説明:災害を想定した行動計画(マイタイムライン)を日頃から作っておくと、各家庭で備蓄しておくべきものを想像しやすい

◆在宅避難に向けて備えておきたいもの

水、食料(最低3日分)
現金(千円札や硬貨で小分けにしておく)
懐中電灯/電池
ラジオ
カセットコンロ/カセットボンベ
簡易トイレ
トイレットペーパー
紙皿/紙コップ/ラップ
携帯電話の充電用品
マスク/消毒液/除菌シート/体温計/
せっけん/ビニール手袋
生理用品など
※ほかにメガネ、補聴器、介護用品、常備薬など家族の必要なものを準備

車中泊を選ぶなら「エコノミークラス症候群」対策を

災害時の避難で「密」を避ける方法の一つが車中泊だが、「エコノミークラス症候群」になるリスクを伴う。熊本市民病院の首席診療部長、橋本洋一郎さん=提供写真=は、「最悪の場合、亡くなる恐れもあります」と警鐘を鳴らす。

エコノミークラス症候群は、脚の静脈にできた血の塊(血栓)が肺に移動して、肺の動脈を詰まらせる病気の通称。車中泊のように長時間、狭い場所で脚を動かさずにいると血栓ができやすくなる。胸の痛みや息苦しさなどが生じ、死に至ることもある。

脚を曲げずに寝る かかとの上げ下げ運動や水分補給も大切

車中泊をする際は、後部座席を倒すなどして水平に横たわれるようにし、脚を曲げずに寝る。脚の位置を頭より少し高くすると、全身を巡った血液が心臓に戻りやすくなる。

予防には、かかとの上げ下げなど脚の運動をしたり、ふくらはぎをマッサージしたりすることが役立つ。ゆったりした服を着て、ベルトをきつく締めないようにする。水分補給も大切。利尿作用のあるカフェインやアルコールは控える。

◆かかとやつま先の上げ下ろし運動

2016年4月の熊本地震では車中泊をする人が多くいたため、橋本さんは、巡回してエコノミークラス症候群の予防を呼びかけた。その後、熊本地震で被災した人の健康状態を追跡調査。地震後にエコノミークラス症候群で入院して治療を受けた51人のうち、車中泊していた人は42人だった。車内で過ごした翌日に倒れて亡くなった50歳代の女性もいた。

橋本さんは「コロナ禍では、災害時に車に避難することも考えなければならない。予防策を知り、車中泊をする際には実行してほしい」と呼びかける。

◆エコノミークラス症候群の予防のために心がけたいこと(厚生労働省の資料を基に作成)
・軽い体操やストレッチを行う
・こまめに水分を取る
・アルコールを控える
・ゆったりとした服装。ベルトをきつく締めない
・かかとやつま先の上げ下ろし、足首回し、足指を開いて握る運動などで脚を動かす
・ふくらはぎを軽くもむ
・眠るときは脚を上げる

在宅避難なら非常食や衛生用品を備える

福岡市中央区の「天神ロフト」は、2011年3月の東日本大震災や16年4月の熊本地震が発生した時期に合わせて、毎年防災グッズの特設コーナーを設けている。広報担当の山口真央さんは「コロナ禍の今年は、在宅避難に備える非常食などがよく売れています」と説明する。

気分転換用のスイーツも

非常食は種類が豊富になっており、大手飲食チェーンの「さばカレー缶」や「牛丼缶」など味にこだわったメニューがそろっている。気分転換になるお菓子もあり、長期保存できるチーズケーキやガトーショコラなどが入った「どこでもスイーツ缶」(税抜き500円=写真)が人気という。

自宅避難中の断水に備える衛生用品も多彩だ。

「もしもの時のさわやかトイレ」(10回分入り、税抜き1700円)は、水が流せなくなった洋式の便器に袋をかぶせて使用する非常用トイレ。凝固剤で排せつ物を固めて臭いを防ぐ。

「背中も拭ける大判ウェットタオル」(30包、税抜き1280円)や「水のいらない泡なしシャンプー ウェット手袋」(2枚、税抜き278円)は、入浴ができない時に体を清潔に保つ。「SKK歯みがきシート」(10枚、税抜き550円)は、歯や口の中を拭くだけで歯が磨ける指サック型のウェットシートで、5年保存が可能だ。

写真説明:衛生用品の「水のいらない泡なしシャンプー ウェット手袋」(右)と「SKK歯みがきシート」

このほか、消毒液やマスクなどの感染対策グッズを多めに買って備蓄する人も多い。「折りたたみパーティション」(税抜き1200円=写真)は、食事などを飛沫(ひまつ)から防ぐ仕切り。小さく折りたためるので避難所に持参でき、日常の仕事用などにも使える。

熊本市が2016年8月に公表した熊本地震についてのアンケート調査では、地震後に日常生活で非常に困ったこと(3つまで回答)で最も多かったのは「断水」(82.3%)で、次いで多かったのが「水や食料などの物資不足」(48%)だった。山口さんは「災害時に困らないよう、日頃からの備蓄を心がけてほしい」と話す。

(読売新聞 2021年2月28日、3月7、14日掲載 連載「コロナ禍の防災」 社会部地域・生活課・香月大輝)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS