噴火への備え 降灰中はできるだけ屋内にとどまる

写真説明:火山灰でかすむ道路をヘッドライトを点灯して走る車(2011年1月28日、宮崎県高原町で)=中嶋基樹撮影

火山災害に巻き込まれると想定している人が、どれほどいるだろう。だが、111の活火山を抱えた火山国では、住む場所や訪れた先で、いつ噴火に遭遇しないとも限らない。万が一に備え、防災に必要な知識を学んでおきたい。

火山灰で息が苦しく目も痛い

「活火山だが、あれほど大規模な噴火が起きるとは思っていなかった」。宮崎県高原町の町職員、中嶋雄二さん(48)は、火山灰が町を覆った10年前を振り返る。

町役場から西に約10km。鹿児島との県境にある霧島連山・新燃(しんもえ)岳で大規模な噴火が観測されたのは、2011年1月27日だ。噴火前、エメラルドグリーンに輝く火口湖は登山客に人気だったこともあり、がくぜんとした。

火山灰は町中心部にも届き、日中でも薄暗かった。外を歩くと息苦しく、目も痛い。仕事でやむなく車を運転すると、濃い霧の中のように視界が悪かった。どの車も速度を落とし、ヘッドライトをつけていた。火山灰は住宅の中にも入り込む。「廊下がホコリっぽく、掃除しても切りがなかった」

噴火は2011年9月まで続き、火山灰は多い所で5cmほど積もったという。宮崎県都城市などでも被害が出た。

写真説明:降り積もった火山灰(2011年1月28日、宮崎県都城市で)=中嶋基樹撮影

コンタクトは眼鏡に

火山灰は、噴火によって岩石やマグマが砕かれて出来る砂粒のようなもので、2mmよりも細かいものを指す。角がとがっているのが特徴だ。

「短時間吸い込むぐらいでは健康被害はないが、降灰中はできるだけ屋内にいた方がいい」。山梨県富士山科学研究所の主幹研究員、石峯康浩さんは助言する。

コンタクトレンズを使っている人は眼鏡に替えたい。レンズと眼球の間に火山灰が入り込むと、角膜が傷付く恐れがあるからだ。目に入ったら、こすらずに水で流す。

屋内に入らないよう、玄関や窓の開閉は回数を減らす。帰宅時は上着を玄関前で脱ぎ、はたく。

車はスリップの危険がある

車の使用はなるべく控えたい。走行で火山灰が舞い上がる上、スリップの危険があるからだ。やむを得ず運転する際は速度を落とし、ヘッドライトを点灯する。フロントガラスはウォッシャー液をたっぷり使って洗い流す。

「活火山の周辺には観光地も多い。訪れる人も火山防災の知識を持っておいた方が安心」と石峯さん。

意外に重い火山灰、除去は慎重に

庭や家の周囲に火山灰が積もれば、除去作業が必要になる。マスクやゴーグルを着け、舞い上がらないよう、水を少しかけてから除去する。産業技術総合研究所大規模噴火研究グループ主任研究員の宮城磯治さんは「排水溝に流したり、雨どいにたまったままにしておいたりすると詰まってしまう恐れがある」と指摘する。

火山灰は想像以上に重い。宮城さんによると、乾燥した火山灰が100㎡に1㎝積もるだけで1~2tになるという。屋根や雨どいからの除去が必要だが、「危険を伴う。業者などに頼んだ方がいい」と助言する。

屋内では掃除機で吸い取る。モップや雑巾でこすると、火山灰が付着して床などを傷付ける可能性があるという。

宮城さんは、「噴火はめったに発生しないが、起きた時をイメージして備えておくことが減災への第一歩」と指摘する。

◆降灰への対応3か条
▽できるだけ屋内に
▽窓などの開閉は最小限に
▽除去時はマスクなど着用

(読売新聞 2021年3月18日掲載 連載「防災ニッポン 火山噴火」上)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS