歴史学者磯田道史氏が語る震災10年「今は災間です」

災害記録から警鐘を鳴らすのが自分の役割

東日本大震災から10年。この大惨事から私たちは何を学び、何が変わったのか。歴史学者、磯田道史氏(=写真)に聞いた。

圧死した儒学者の墓に駆け付けた

東日本大震災の発生時、私は茨城大に在職中で、翌月、水戸市内の藤田東湖の墓に駆け付けると、墓石が倒れていました。東湖は水戸藩の優れた儒学者でしたが、1855年の安政江戸地震の際、今の小石川後楽園(東京都文京区)にあった水戸藩邸で被災。火鉢の火を消しに建物に戻った母を助け出した直後、自身は崩れた梁(はり)で圧死しています。

母は火事を出したら主君に申し訳ないという「忠」、東湖は親の命が大事という「孝」による行動でしたが、揺れる中で、崩れそうな建物に戻るのは危険です。緊急時は「個々の命ほど大事なものはない」と割りきる覚悟が必要で、東湖の悲劇はその教訓です。

被災地の古文書や古い地名からわかったこと

その後、東北の被災地も巡り、古文書や古い地名などの調査をしてきました。過去の災害記録と、近年の被害実態を照らし合わせて検証し、現代社会に警鐘を鳴らすことが歴史学者の役割だからです。

津波に襲われた宮城県南三陸町の防災庁舎が立っていた場所は「塩入(しおいり)」という地名でした。津波や高潮に襲われてきた過去を示し、防災庁舎を建てるには危険な場所でした。同様の地名は、南海トラフ巨大地震が懸念される地域にも存在しています。

被災が予想される土地利用には妥協なき備えを

歴史的に、被災が予想される土地の利用には妥協なき備えが必要です。岩手県普代村では、明治三陸津波と昭和三陸津波を教訓に15・5mと高く築かれた水門や防潮堤によって死者数を抑えました。津波を免れた古い神社も数多くありました。過去に津波被害にあって移転を繰り返し、震災発生時は、高台にあった神社などです。

室町時代以前には、津波の引き波で海岸に打ち上げられた魚や貝を拾おうとした人が、しばしば落命しました。しかし江戸時代には、大地震後の浜辺は危険だと、多くの人々が認識しています。我々は、防災の知恵を少しずつ付けてきましたが、災害がない間は、すぐに忘れがちです。東日本大震災は、防災は絶えず必要だと再認識するきっかけになりました。

「災間」に重要なのは防災教育

大災害は地震・津波に限りません。現在は「post(後)」震災ではなく、「between(間)」と捉えるべきです。私は浜松市、京都市へと研究拠点を移しながら、地域の災害史に向き合ってきましたが、「災間」を生きるために何より重要なのは子供たちへの防災教育だと痛感しています。震災直後こそ、その重要性が叫ばれましたが、10年たって徹底されているでしょうか。歴史の教訓を将来に役立てるには、大人側の工夫と努力が絶えず要るのです。

磯田道史氏 <プロフィル> いそだ・みちふみ 茨城大准教授、静岡文化芸術大教授を経て、現在、国際日本文化研究センター准教授。著書に「天災から日本史を読みなおす」など。2021年2月に「マンガでわかる災害の日本史」(池田書店)を刊行。50歳。

(読売新聞 2021年3月4日掲載 文化部・多可政史)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS