ARで水害を疑似体験できるスマホ防災アプリ3選

目の前の風景にスマホのカメラを向けるだけ

現実世界に情報を加えるAR(拡張現実)技術を使い、激しい雨の降り方や水害などを疑似体験できる「防災アプリ」が登場している。目の前の風景にスマートフォンのカメラを向ければ、世界が変わる。記者も早速試してみた。

1)雨・雪・水害を疑似体験

気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)が2021年1月に配信を始めたアプリ「ARお天気シミュレーター」は、雨や雪、水害などを疑似体験できる。雨なら1時間雨量で「0.5mm」から「100mm」まで、雪なら1時間降雪量で「0.5cm」から「10cm」まで、それぞれ細かく設定できる。

ある晴れた日。記者も東京駅周辺でアプリを試すと、見慣れた風景が土砂降りに変わった。気象庁は1時間雨量で「80mm以上」を「猛烈な雨」と表現している。気象現象を疑似体験できたことで、災害への意識が高まるように感じた。

 

写真説明=晴れた日でも画面上では土砂降りの雨になっている(2021年3月11日、東京駅前で)

「まずは雨や雪の強さを変えて、楽しみながら天気に関心を持ってほしい」と同社の上山亮佑さん(40)。アプリはまた、予報に基づく3時間先の天気も風景に重ねて映し出せる。

◆ARお天気シミュレーター(画像はウェザーニューズ社提供)

アプリ名:ARお天気シミュレーター
提供元:Weathernews Inc.

App Store URL:
https://apps.apple.com/jp/app/id1541791009

Google Play URL:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.weathernews.weather_ar

浸水モードにすれば、水害に見舞われた街の姿も目の前に現れる。浸水状況は、10cm単位で深さを変えられる。全地球測位システム(GPS)機能で「現在地の情報」を加えると、想定できる最大規模の降雨で河川が氾濫した場合の現在地の浸水の深さが表示される。国土交通省のデータに基づいており、自宅や職場などで試せば避難計画の検討に役立ちそうだ。

2)雨の降り方、雨量を分析できる

あの雲はどれくらい雨を降らすのだろうか――。こんな場面で役立つのが、気象関連事業などを手がける「島津ビジネスシステムズ」(京都市)のアプリ「アメミル」だ。

周囲10km圏で雨雲にカメラを向けると、気象庁の予報などに基づき、今後の雨の降り方などがARで可視化される。人工知能(AI)の機能も併せ持ち、機械学習させた2万以上の降雨パターンから雨の降り方を分析。「激しい雨が降る恐れがあります」などと平易な文章でも注意を促してくれる。

◆アメミル(画像は島津ビジネスシステムズ社提供)

アプリ名:アメミル
提供元:島津ビジネスシステムズ

App Store URL:
https://apps.apple.com/jp/app/id640441905

Google Play URL:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.amemil.android.amemilapp

同社の有本淳吾さん(46)は「ARなら感覚的に雨雲を捉えられる。ゲリラ豪雨(局地的大雨)などの対策にも役立つ」と強調する。

3)水害プラス地震による建物倒壊危険度を確認する

地震による建物の倒壊危険度などを確認できるアプリもある。

「ARハザードスコープシリーズ」は、ソフト制作会社「キャドセンター」(東京都港区)が自治体などから要望を受けて開発。カメラの前にある建物などが壊れたり傾いたりする危険度を、その地域の建物の種別や地盤の種類などから5段階に分けて表示してくれる。地域によっては想定される津波の高さなども示されるため避難に役立つ。

◆ARハザードスコープシリーズ(画像はキャドセンター社提供)

アプリ名:ARハザードスコープシリーズ
提供元:キャドセンター

ARハザードスコープシリーズ紹介ページ
https://www.cadcenter.co.jp/products/archives/7

東京都葛飾区、神奈川県茅ヶ崎市など9自治体向けのアプリが既に配信済みだ。同社の古川修さん(46)は「リスクを視覚的に捉えることができる。防災に生かしてほしい」と呼びかけている。

知っておこう

アプリによっては、アンドロイド版とiPhone(アイフォーン)などのiOS版とでサービス内容が異なる場合がある。例えばアメミルは降雨状況を上空から眺めるように確認できる機能があるが、iOS版限定だ。

また、アプリを無料でダウンロードした後、機能を充実させるために課金が必要なケースも。ARお天気シミュレーターは気象現象などの情報を受け取れるが、月100円で会員になる必要がある。課金の有無を事前に確認しておいた方がよいだろう。

(読売新聞 2021年3月28日掲載 科学部・渡辺洋介)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS