天気予報・気象庁は天気をどこまで予測できるのか

写真説明:球磨川が氾濫し、広範囲で冠水した市街地(2020年7月4日、熊本県人吉市で)

2020年の九州豪雨のときは……

2020年7月の九州豪雨で甚大な被害が出た熊本県・球磨川の治水対策は、最大の支流である川辺川に流水型ダムを造る方針が固まりつつある。住民を守るには、こうしたハード面に加え、予報精度の向上が喫緊の課題だ。予報の現状を探った。

予報の心臓部にあたる「気象防災オペレーションルーム」

東京・虎ノ門の気象庁9階にある「気象防災オペレーションルーム」は、気象予報の“心臓部”だ。コロナ禍を警戒し、担当者以外は職員も入れない。全国の気象データや衛星画像などが集約され、1秒間に1京8000兆回の計算速度を誇る庁外のスーパーコンピューター(スパコン)とつながり、気象状況をはじき出す。

写真説明:全国の気象データが集まる気象庁の「気象防災オペレーションルーム」(2020年11月25日、東京都港区で)=同庁提供

本庁舎は2020年、建設から半世紀が過ぎた東京・大手町の建物から虎ノ門に移転した。首都直下地震や大規模氾濫が発生しても業務を続けられるよう、最新の防災設備を導入している。

写真説明:東京・虎ノ門に完成した気象庁の新庁舎

スパコンに100億円投入

2年前に更新したスパコンには、年間予算の2割近い約100億円の開発費を投入した。全国約1300か所の地域気象観測システム(アメダス)で観測した気温や雨量、雨雲の動きをとらえた衛星画像などを基に「数値予報」を算出する。

日本周辺を5km四方にした「メソモデル」など複数の数値があり、予想降雨量も示される。そのデータを基に最終的に予報を判断するのは、経験を積んだ予報官だ。現在、翌日に雨が降るかどうかの予報は的中率86%という。

九州豪雨で線状降水帯の予測ができなかったのは…

ただ、九州豪雨をもたらした「線状降水帯」の予測はできなかった。

写真説明:球磨川の氾濫で浸水した住宅地(2020年7月4日、熊本県人吉市で)

豪雨前日の熊本地方気象台

豪雨前日の2020年7月3日昼過ぎ。熊本地方気象台の統括予報官は、部下の予報官から「熊本県南部の24時間雨量は200mmでいきます」と報告を受けた。

スパコンが複数の算出方法からはじき出した予報は、いずれも200mm前後。熊本県南部に近い宮崎、鹿児島県境の山間部は400mm近かったが、山間部は大きな数値が出やすい。午後4時21分、「多いところで200mm」と発表した。

しかし、積乱雲が帯状に連なる線状降水帯の発生は予測できず、実際には400mmを超えた。

気象庁と異なる判断もあった

気象庁とは違う判断をした人もいた。7月3日午後4時、熊本県南部にある自治体の防災担当者らによるテレビ会議。気象台職員が予想雨量を「200mm」と説明すると、会議のアドバイザーを務めた元気象庁予報課長の村中明さんは「短時間で猛烈な雨が降ると200mmを超える」と訴えた。梅雨前線の動きと東シナ海に発達した雨雲から「ただごとではない」と感じていた。

「紫色」に染まるモニター

7月4日午前6時過ぎ、気象庁や各気象台のモニター画像では、線状降水帯の雨雲が熊本県南部を覆い、1時間雨量80mm以上を示す紫色に染まった。線状降水帯は3日夜から13時間も停滞した。

想定をはるかに超す豪雨。気象庁の関田康雄長官は記者会見で、「大雨警報を超える状況は想定していなかった。我々の実力不足だ」と認めた。

線状降水帯の予測が難しいわけ

なぜ、予報は外れたのか。線状降水帯を構成する積乱雲は、海上などから運ばれる水蒸気がもとになるが、海域の観測データは少ない。積乱雲の規模は台風よりはるかに小さく、それが30分~1時間程度で発達、消失を繰り返す。現在の技術で予測は難しい。

それでも豪雨の被害を最小化するには、正確な予報は欠かせない。

◆線状降水帯ができる仕組み(イメージ)

気象庁が目指していること

線状降水帯の予測に向け、気象庁は2021年度から九州沖の東シナ海に観測船を重点配備し、水蒸気量を調べて予報に生かすことを決めた。さらに全国のアメダスの約半数に当たる約690か所に湿度計を新設し、陸上の観測網を手厚くする。こうした取り組みで2022年には線状降水帯の「半日前予測」を目指す方針だ。

2020年11月18日、新庁舎で記者会見した関田長官は「これまで以上に高い成果を上げていきたい」と気を引き締めた。頻発する災害で被害をどこまで減らせるか。模索が続く。

(読売新聞 2020年12月4日掲載 連載「減災力 予報の現場」① ※いずれも肩書は当時)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS