熊本地震を経験したプロが伝授「家庭でできる備え」

2016年4月の熊本地震から5年。被害が大きかった地域では、断水や長引く避難生活による不便を強いられた人も多かった。地震を経験した防災士らの話をもとに、改めて家庭でできる備えを考えたい。

1週間分の食料備蓄と「ポリ袋」料理のススメ

「水を節約できますよ」

防災教育に取り組む熊本市のNPO法人「ソナエトコ」の水野直樹理事長と高智穂さくらさんが、湯が沸いた鍋にポリ袋を投入した。

写真説明:ポリ袋に入れた食材を湯せんにかける水野さん(左)と高智穂さん

45万戸が断水 3か月続いた地域も…

熊本地震では、一時は45万戸が断水し、約3か月断水が続いた地域もあって、多くの人が水の確保に苦労した。この経験をもとに、ソナエトコの防災教室で紹介しているのが、ポリ袋を使った湯せん料理だ。食材を入れたポリ袋をゆでる料理法で、湯は少量でよく、洗い物も少なくて済む。「同じ鍋で複数の料理を同時に作れるのも利点です」と高智穂さんは話す。

2人は地元のラジオ局のパーソナリティー。番組で地域の防災を取り上げたことをきっかけに防災士の資格を取り、2013年に法人を設立した。

「十分な食料があれば心の余裕が違うはず」

熊本地震では、ラジオで災害情報を流す合間に、避難所を巡って支援に携わった。そんな中、度々耳にしたのが「明日も食事は届くのか」という被災者の声だったという。水野さんは「余震が続いて先行きが見えず、皆が不安を募らせていた。十分な食料があれば、心の余裕は違うはず」と振り返る。

そこで呼びかけるのが「1週間、家にある食材だけでしのぐ」ための備えだ。缶詰やレトルト食品はもちろん、ジャガイモなど日持ちする野菜は、普段の料理に使いながら一定量ストック。電気やガスが使えない場合に備え、カセットコンロは必需品という。

停電した時は、冷蔵庫内の食材を効率的に使う。肉や牛乳など傷みやすい食材から消費。冷凍庫内のものは冷蔵庫に移しておくと、保冷剤の代わりになる。

水野さんは「家にある食材を災害時にどう生かせるか、日頃から想定して」と勧める。

ポリ袋調理 お薦めレシピ

ポリ袋は、高密度ポリエチレンの耐熱性を使用。鍋の底に耐熱皿を敷き、袋が鍋に直接触れないようにする。食材を入れた袋はできるだけ空気を抜くと、火の通りが早く、味も付きやすい。

【炊飯】

袋に同量の米と水を入れて閉じ、沸騰した湯で袋ごとゆでる。半合なら20分ほどで炊きあがる。

【蒸しパン=写真=】

袋にホットケーキミックス(30g)と牛乳(30ml)を入れて混ぜ、袋を閉じて20分ほどゆでる。※袋にチョコレートやミックスベジタブルを入れてもいい。牛乳を野菜ジュースにしてもおいしい。

【アメリカンドッグ】

魚肉ソーセージを適当にちぎり、木の棒(割り箸など)に刺す。ホットケーキミックス(30g)と牛乳(30ml)を袋に入れて混ぜ、そこに棒ごとソーセージを差し込む。袋を閉じて20分ほどゆでて完成。

【その他の料理】

袋にトマトの水煮缶、カレールー、大豆の水煮缶を入れればトマトカレーになる。卵とハムを入れて加熱するとハムエッグ風に。サバの缶詰と切り干し大根(戻していないもの)で煮物も作れる。

消耗品買い置きのススメ

熊本県大津町の防災士、山本明香(あすか)さんは、埼玉県朝霞市に住んでいた2011年3月に東日本大震災を経験した。実家のある大津町に移り住んでからは熊本地震に遭遇し、避難所の運営にも携わった。山本さんに、実際に役立った備えや注意点について聞いた。

トイレットペーパー、紙おむつ、ガソリン…

東日本大震災では自宅の被害はなかったが、トイレットペーパーや当時1歳だった長女のおむつ、粉ミルクなどが足りなくなり、近所の人と分け合って乗り切った。車のガソリンも2週間入れられなかったため、その後は半分以下にならないよう給油を心がけ、車内に毛布などを入れておくようにした。消耗品も多めに買うようになった。

重宝したのはうちわと雨具

熊本地震の際は、長女を連れて車で避難所に行った。非常用持ち出しリュックの中で活躍したのはうちわと雨具。徐々に気温が上がり、暑さで過ごしにくくなった。雨も降り、レインコートとシューズカバーのおかげで、服や靴をぬらさずに済んだ。多くの子どもたちは親に抱っこされて避難したためはだしで、「靴や靴下を車内に常備しておくといい」と感じたという。

「季節も天気もさまざま 家庭ごとに異なる」

山本さんは「災害が起きる時の季節や天気は様々だし、家庭ごとに事情も異なる。無理のない範囲で備えてください」と呼びかける。

写真説明:非常用持ち出しリュックの中身を説明する山本さん。「うちわが役立ちました」

山本さんが非常用持ち出しリュックに入れているもの

携帯電話の充電器、ティッシュ、マスク、ばんそうこう、カイロを入れたポーチ/懐中電灯/トイレットペーパー/新品のタオル/生理用品/靴下/うちわ/給水袋/使い捨ての手袋/ポリ袋(様々なサイズがあると便利)/ウェットティッシュ/携帯用のアルコール消毒液/レインコート/シリコン製のシューズカバー/小銭

※車にも毛布、携帯トイレ、着替え(着古しでいい)、靴などを入れておくといい

アウトドアの知恵 活用のススメ

災害で電気やガスが止まった時、アウトドアの知恵が役に立つ。キャンプ体験を通じて防災を教えている「アグリフィールズ」(福岡県福津市)の代表、古川隆邦さんに、身近なものを活用する方法を教わった。

ツナ缶でランプ ご飯も炊ける

古川さんが「使い道が多いですよ」と取り出したのは、油漬けタイプのツナ缶だ。非常食になり、油にこよりを浸せばランプになる=写真=。

ツナ缶ランプに小さな五徳をセットすれば調理も可能。上面をくりぬいた空き缶に米と水を入れ、アルミ箔(はく)で蓋をすればご飯が炊ける。

写真説明:「ツナ缶ランプでご飯も炊けます」と話す古川さん

ペットボトルで明かり 新聞紙で食器

懐中電灯は狭い範囲を照らすのには役立つが、部屋全体を明るくするのには不向きだ。そこで、懐中電灯を上向きにし、水の入ったペットボトルを載せると、光が拡散して周囲を明るく照らす=写真=。ペットボトルを置く代わりにレジ袋をかぶせてもいいそうだ。

古新聞も、折って食器にしたり=写真=、トイレの吸収剤にしたりして活用できる。

「手元にあるものを、臨機応変に役立てて」

「被災時に大切なのは、体を冷やさないこと」と古川さん。くしゃくしゃにした新聞紙をポリ袋に入れ、そこに足を入れると防寒になる。

古川さんは「災害はいつ起こるか分からない。手元にあるものを、臨機応変に役立ててほしい」と話す。

新聞紙を使った食器の作り方

見開き1枚を二つ折りにしたものを用意。下半分を折る

さらに半分に折る

下側の両端を三角に折る

赤色部分を2,3回外側に折る

完成。ポリ袋をかぶせて使うといい

(読売新聞 2021年4月11日掲載 社会部地域・生活課・堀美緒、饒波あゆみ)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS