災害時のマンション 停電・断水…管理組合どう備える?

住宅が密集する東京

写真説明:住宅が密集する東京。マンション住民にとって、災害時の停電対策は死活問題だ

マンションは、大規模な地震や風水害などで長期の停電が発生すると、エレベーターが止まるなどして、生活に大きな打撃を受けやすくなる。新型コロナウイルスの影響で、避難所での受け入れ人数が制限され、自宅にとどまる「在宅避難」が注目を集める中、管理組合は停電にどう備えるべきか、架空のシナリオで考える。

【シナリオ1】全100戸 安否確認…名簿使えず

マンション3階の自宅を出て階段を下りながら、管理組合の防災担当理事を務める太郎(48)は、「しまったな」と心の中でつぶやいていた。大地震による揺れは収まったが、停電が起きている。「管理人室のパソコンも立ち上がらないだろうな」。デスクトップパソコンに、高齢者など優先して安否確認をする住民の名簿を保存していた。

案の定だった。日曜で不在の管理人室に鍵を開けて入り、パソコンの電源を入れようとするが起動しない。後から来た理事長らに「印刷もしておくべきでした」と太郎。プライバシーに関わる名簿作りが終わってほっとし、保管方法に思慮が足りなかった。

安否確認

「仕方ない」。理事長の一言で、太郎らは余震を警戒しつつ、端から順番に全戸のドアをたたき、安否確認をすることに。14階建てで約100戸。エレベーターも停止している。「高齢者が家具の下敷きになっていたら……」。不安を抱えながら走り回った。

【シナリオ2】頼みの発電機 動かない…点検不足

テレビが飛ばされるなどの被害はあったが、在宅中の住民は全員無事だった。太郎がひと安心した時には日が暮れかかっていた。建物にも大きな損傷はなく、公園などに一時避難していた住民も戻ってきた。コロナ下の避難所より、マンションの自宅の方が安心だと考えているようだ。

だが、電気は復旧しない。建物玄関の自動ドアやオートロックは作動せず、出入りを考えて手動で開けっ放しにしてある。玄関ホールに情報提供用に置いたホワイトボードに、太郎は「各戸、戸締まりに注意を」と書き加えた。

ポータブル発電機が使えない

1階集会室に設けた災害対策本部には住民が不安そうにやってくる。「ポータブル発電機があったはず。スマホだけでも充電してもらっては」。理事長の言葉で発電機のことを思い出した太郎は、「パソコンも起動できたかも」とほぞをかみながら発電機を始動しようとした。だが動かない。「時々、試運転しておけば」。住民に謝るしかなかった。

【シナリオ3】13階 階段で上り下り…重い荷物

翌朝も、エレベーターは停電で停止したまま。地震発生時に人が乗っていなかったのが、不幸中の幸いだった。

「水がなくなり、困ってしまって……」。13階に住む80歳代の女性がおぼつかない足取りで集会室にやってきた。階段を下りてきたのだ。

水を上層階に供給するポンプが停電で動かず、各戸は断水している。夫と2人暮らしの女性は飲料水を備蓄していなかったという。「用意しておけばよかった」

階段へ向かう

太郎が、管理組合で備蓄していた2L入りペットボトル飲料水を渡すと、女性はしばらく休憩した後、再び階段へと向かう。「水を持ちましょう」。太郎はペットボトルを受け取り、女性を支えながら一緒に階段を上り始めた。女性は途中、息を切らして何度も立ち止まる。「電気はいつ復旧するのかしら?」

女性のように困る高層階の住民は増えるだろう。「管理組合でも考えておくべきだった」。太郎は心が沈んだ。

大規模災害時は停電が長期化する

大規模災害では、停電の長期化が予想される。首都直下地震について国の中央防災会議が2013年に示した想定では、被災直後は最大5割にあたる約1220万軒が停電。1週間後も電力供給能力は5割程度と変わらない。1か月後にやっと94%となるという。

エレベーター停止なら階段で荷物を運ぶ

マンションでは、水道水をポンプで加圧して上層階に供給する方式の場合、断水が起こる恐れもある。エレベーターの停止が長引けば、階段で水などを運ばなければならなくなる。

不動産コンサルティング会社「さくら事務所」(東京)の土屋輝之さんは「高齢者らにとって、重い荷物を階段で運び上げるのは体力的に難しい」と指摘する。管理組合で、高層階や中層階、低層階ごとに備蓄することも検討したい。

在宅避難を行う知恵

玄関ホールにホワイトボードを設置するなどし、電気や水道の復旧や食料配布、給水車の状況などについて情報共有することも重要だ。在宅避難では、地域情報を得る機会が減るためだ。タワーマンションの場合は、高層階の住民が階段で自宅に戻るのが難しいケースも想定される。低層階の集会室などに「マンション内避難所」を設けることも考えたい。

管理組合の中に防災委員会などの担当を設けるマンションも多い。土屋さんは「メンバーを毎年、総入れ替えするのではなく、長年担当して事情のわかる人を数人残すなどの工夫をしてほしい」とする。

ただ、住民が「管理組合が助けてくれるだろう」と頼り切るのは禁物だ。「自助を優先することが大前提」と話す。

◆停電時、暮らしはどうなる? 管理組合が備えておくべきことは?

各項の上段(黒字)は、停電時にマンションで起こりうる事態、下段(赤字)は、それらに対応するために管理組合が事前に取っておくべき対策をまとめた。

<エレベーター>
エレベーター

<水道>
水道

<オートロック>
オートロック

<照明>
照明

<非常用電源>
非常用電源

<災害用居住者名簿>
災害用居住者名簿

<機械式駐車場>
機械式駐車場

(さくら事務所などへの取材を基に構成)

エレベーター閉じ込めへの備え

災害時のエレベーター閉じ込め事故への備えも大切だ。

地震時の閉じ込め防止対策としては2009年から、エレベーターを設置したり取り換えたりする際には、「地震時管制運転装置」の設置が義務づけられている。本震より先に伝わる初期微動を感知し、最寄りの階に止まって扉を開ける仕組みだ。停電発生時も、非常用電源で最寄りの階まで動く仕組みになっている場合がある。

万が一、閉じ込められた場合は、外部連絡用のインターホンで連絡を取り、保守管理業者による救出を待つ。ただ、首都直下地震発生時には最大約1万7000人が閉じ込められるとされ、救出が数日後という事態も。最低限、エレベーター内に懐中電灯や携帯トイレ、飲料水などを入れた箱を備えておきたい。

エレベーター閉じ込めへの備え

「災害対策研究会」(東京)の主任研究員の釜石徹さんは10年から、自身が住む東京都内のマンションで、閉じ込め時の救出訓練=写真、釜石さん提供=を行っている。途中で止まったエレベーターからの救出は危険を伴うため、業者の協力を得て実施。「管理組合による共助の取り組みの一つとして検討してほしい」と話す。

(読売新聞 2021年4月18日掲載 「防災ニッポン マンション」生活部・崎長敬志)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS