熊本豪雨で水没・再建した施設で警察犬の訓練体験リポート

警察犬は災害現場や犯行現場に欠かせない存在

警察犬は、地震や豪雨といった災害現場での被災者捜索や、犯罪現場の手がかり捜査に欠かせない。「人吉警察犬訓練所」(熊本県相良村)は2020年7月の豪雨で施設が被災した。集まった浄財で仮犬舎が再建されたと聞き、訓練所を訪ね、訓練を体験させてもらった。

犬をそばに付けて歩く基本動作から

2021年3月下旬、村の高台にある第2訓練所で、シェパードのタンク(3歳、雄)と対面した。現役の嘱託警察犬で、見た目はおとなしそうだ。

「オビディエンス(服従訓練)の一つ、脚側行進から始めます」。犬をそばに付けて歩く基本動作の手本を、所長の開田(かいだ)宏さんが見せてくれた。

犬が喜んで反応するボールを右手で持ち、左肩に置く。「アトヘ」の掛け声の後、ボールを見せては隠すように手を動かしながら、タンクを付き従えて広場を1周。終わったら、勢いよくボールを投げ、取ってきたタンクをなでて褒める。簡単そうだと思い、やってみた。

「アトヘ!」

タンクは無反応で、気ままに広場を駆け回っている。何度か繰り返し、やっと一緒に歩いてくれた。ただ、ボールを欲しがるタンクが体を押しつけてきて思うように歩けない。やっとのことで1周を終えた。

大切なのは褒めること

開田さんは「とにかく褒める。訓練が楽しいものだと思えるようにするのが大切なんですよ」とアドバイスをくれた。その言葉に、人間と同じだとうなずいた。

訓練所は1989年設立。警察で飼育する直轄警察犬、一般家庭で育てられる嘱託警察犬を訓練している。これまでに約250頭を育成し、熊本だけでなく、福岡、鹿児島両県警でも貢献しており、育成技術への評価は高い。

豪雨で自宅兼第1訓練所が水没

2020年の豪雨では、自宅兼第1訓練所が水没した。約1・2km離れた高台の第2訓練所は被災を免れたことから、ここの倉庫を仮犬舎に改装し、訓練用の広場も整備した。資金は、指導士有志がクラウドファンディングで集めるなどした義援金を充てた。

写真説明:再建した人吉警察犬訓練所の仮犬舎前で警察犬たちと触れ合う開田宏さん(熊本県相良村で)

一時は廃業も考えたという開田さんは「支援を受けた恩は決して忘れない。現場で活躍する犬を多く育て、恩返ししたい」と語る。

タンクと一緒に捜索訓練

締めくくりに捜索訓練を体験した。不明者役の開田さんが裏手の竹林に潜む。私の「サーチ(捜せ)」の掛け声に、今度はタンクが素早く反応し、竹林へまっしぐらに駆け出した(=写真、訓練所提供)。

体力と走力には自信があったが、木の枝や崖があり、うまく追いつけない。1分もたたないうちに、潜む開田さんを見つけたタンクがほえる。そこは崖の上。結局、たどり着けなかった。開田さんは「実際の現場はこんなもんじゃない。常に危険と隣り合わせなんですよ」と語った。

災害現場で被災者を捜索するには

災害現場の被災者捜索の場面では、二次災害の恐れもあって、指導士の身動きが取りにくい。そこで、犬に背負わせた無線機を通じ、嗅覚に影響する風向きを読みながら、「右」「左」と遠隔指示を出す。

「離れていても無線の声を信じて進む。現場で能力を最大限発揮するには、『人犬一体』が大切です」。開田さんはそう言い切った。

警察犬との信頼関係構築に、日頃のたゆまぬ訓練が大切であることを学んだ。

(読売新聞 2021年4月18日 読売新聞掲載 熊本支局・岡林嵩介)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS