石碑を防災に!災害記録を地図で可視化する試み

国土地理院が「自然災害伝承碑」を地図に掲載

過去に起きた災害の実態や教訓を後世に伝える石碑や遺物の存在を多くの人に知らせるため、国土地理院は「自然災害伝承碑」の地図への掲載を進めている。伝承碑を地域の防災活動に生かす取り組みも広がりつつある。

漢文の石碑では教訓を伝えきれない

「明治40年7月15日に大雨が降り、2本の川が氾濫した。氾濫は唐突に起きたため、人々は逃げる暇がなかった」「水が引いた後の川岸に家々はなく、一面見渡す限り土石流で埋め尽くされた」

広島県坂町小屋浦地区には100年以上前の豪雨災害を記録する漢文を刻んだ石碑が立っていたが、内容は住民によく知られていなかった。地区は2018年の西日本豪雨に見舞われ、逃げ遅れた人も多く、甚大な被害が出た。

写真説明:西日本豪雨で甚大な被害に見舞われた広島県坂町小屋浦地区(2018年7月10日)

伝承碑の地図記号を制定

こうした石碑類を周知しようと地理院は2019年、伝承碑の地図記号を制定した。地方自治体と連携して情報を集め、ネット版や紙の地図に順次、掲載している。

◆2019年にできた自然災害伝承碑の地図記号

掲載は市区町村が地理院に申請する手順としているが、行政の調査には限界がある。地域住民が自らの力で調べれば、掲載が効率的に進むだけでなく、地域の災害史に対する関心が高まり、防災活動の向上につながる。

和歌山県田辺市 住民たちがくまなく調査

南海トラフ地震による津波の常襲地帯である和歌山県田辺市では16基が掲載され、自治体別の数では上位に入る。

いずれも湾に近い新庄地区にある。地元住民による「新庄の歴史に親しむ会」が詳しく調べて2018年、冊子にまとめていたので市は一括して申請できた。岡崎美次(みつぎ)会長は「何の石碑なのか知らない住民も多かった」と言う。会の調査結果は、地元の中学生らの防災学習にも使われている。

広島市佐伯区河内地区 住民の多彩な活動に

石碑を拠点に多彩な防災活動を展開している地域もある。1999年の豪雨で被災した広島市佐伯区河内(こうち)地区は2012年、自主防災会連合会が住民らの浄財で石碑を建てた。

毎年、石碑前で追悼集会を開くほか、江戸時代の洪水を題材にした紙芝居や1999年豪雨の記録映像を作るなどしている。杉田精司会長は「新しい住民も増えており、災害の記憶を継承する取り組みは絶やせない」と話す。

写真説明:住民の証言を集めた記録映像の制作(写真は一場面)

写真説明:避難場所など防災施設、設備をランプで表示するボードの作成

地形と重ね リスク浮き彫り

ネット版の地理院地図には2021年1月15日現在で741基の伝承碑が掲載されている。ネット地図では、伝承碑の分布を示す地図と、土地の成り立ちを表す地形分類図や標高図を重ね合わせて表示することができるので、どのような場所で災害が起きて伝承碑が建てられているのかを知ることができる。

※全国の登録総数741基(2021年1月15日現在)

愛知・三重 伊勢湾台風の高潮碑を活用

愛知、三重両県の伊勢湾北部沿岸周辺には、伊勢湾台風(1959年)の高潮碑が多数ある。

説明:伊勢湾北部沿岸周辺に点在する伊勢湾台風(1959年)の高潮碑は、河川沿いの低地(青い部分)に集中している

標高図と重ね合わせると、伝承碑は、河川がいくつも流れる濃尾平野の低地に集中していることがわかる。こうした地域は危険性が高いことを示しており、「十分に注意せよ」という先人のメッセージが込められているように感じられる。

各地の地形分類図と重ねると、昔、川が流れていた「旧河道」に水害碑が多いことにも気づく。旧河道は周辺より地盤が低く、水が集まりやすい。伝承碑から地域のリスクを知り、防災に生かしたい。

(読売新聞 2021年2月28日掲載 編集委員・川西勝)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS