マップで防災! 四国の災害教訓「八十八話」

徳島大 子ども向けのイラストでわかりやすく

過去の災害の教訓などを伝える四国4県の言い伝えや遺構などを知ってもらおうと、徳島大環境防災研究センターが「四国防災八十八話マップ」を作成した。分かりやすいようイラストを添えて紹介しており、関係者は「子どもたちでも興味を持って学べるように工夫した。マップを見ながら家族らで話し合ってもらい、災害発生時の被害軽減に役立ててもらえれば」としている。

四国の各地域には、豪雨や地震、津波などの災害に関する言い伝えや、生き延びた体験談などが、数多く残されており、四国地方整備局が、災害の種類や発生時期などを考慮し、このうち88の話を厳選した「四国防災八十八話」を作成した。

説明:四国各地の災害教訓などがわかるマップ(「四国防災八十八話倶楽部 from Tokushima」のホームページから)

同センターは「四国防災八十八話」を元に、それぞれの場所を記したマップを製作。子どもたちでも興味を持って学んでもらえるよう、教訓について分かりやすく説明するイラストも添えたほか、「地震・津波」、「土砂災害」、「高潮」など、災害の種類ごとに色分けし、地域ごとに起きやすい災害の種類が視覚的にイメージしやすいようにした。

説明:災害の種類ごとに色分けされた番号が地図と表で対応するマップ

徳島・吉野川流域で地蔵の台座が高い理由

徳島県内では、洪水発生時、水没してしまわないように台座を高くした吉野川流域の「高地蔵」や、江戸時代、南海地震で津波で船が転覆したり、家屋倒壊や火災が起きたりしたことや地震には周期性があることなどを伝える「百度石」など、29話が紹介されている。

説明:イラストを添えて紹介されている徳島県の話の一部

マップは同県内の小学校などに届けたほか、災害の啓発イベントでも活用できる特大版(=写真)も作った。マップはホームページ(https://shikokubousai88wa-t.amebaownd.com/)からダウンロードできる。

同センターは「体験談などが残された現場に実際に足を運んでもらうなどし、自分たちが住んでいる地域で過去に、どんな災害が起き、どのようなことに気をつけるべきかなどを学ぶ、きっかけにしてもらえれば」としている。

(読売新聞 2021年4月27日掲載 徳島支局・平井宏一郎)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS