風水害 災害シナリオ(1) 首都水没


写真説明:荒川(中央)と中川(右は東京都江戸川区、左手前は江東区 2020年4月7日撮影)

日本は、気象災害や地震、津波などの発生リスクが高い。被災すると、身の回りで何が起きるのか。シナリオを想定し、自分や大切な人の命を守るための備えを確認していく。

埼玉県の利根川が氾濫すると、約50キロ・メートル離れた東京都の海抜ゼロメートル地帯までが水没する――。国の中央防災会議は2010年、200万人を超える首都圏住民が浸水被害にあう水害の想定をまとめている。防災科学技術研究所水・土砂防災研究部門の三隅良平・部門長の書籍「気象災害を科学する」(ベレ出版)を参考に、「首都水没」で住民に何が起きるのか、具体的なシナリオを作った。

 [シナリオ1] テレビで「氾濫危険水位」…202X年9月Y日朝

東京の荒川と江戸川に挟まれた海抜ゼロメートル地帯に住む会社員の太郎(45)は朝7時、テレビをつけた。ニュースで「埼玉県加須市の利根川水位観測所で氾濫危険水位を超えました。厳重に警戒してください」と伝えていた。巨大台風が関東の内陸部を通過するという。

2階建ての自宅から加須市まで約50キロ・メートルも離れている。太郎は大して気にせず、出勤した。

妻の花子(43)が昼、スマートフォンに電話してきた。「避難指示が出ているの。帰ってきて」

埼玉県で利根川の中流があふれ、数日後には、はるか南の都内にある自宅まで浸水しかねないという。その間の広大な地域は、かつて利根川の河道や河口だった。1947年の「カスリーン台風」による洪水でも、ほぼ同じ範囲が浸水したらしい。

太郎は午後に大事な会議が控えていた。「悪いけど先に避難して」と伝え、電話を切った。「ハザードマップ」によると、自宅は水没しやすい地域にある。しかし、会社のフロアから外を見ると、雨も降っていなかった。

[シナリオ2]「首都圏230万人避難指示」…夕方

夕方、スマホでニュースを見ると『首都圏230万人に避難指示』と伝えていた。帰宅すると、家にはまだ家族がいた。花子は、同居する80歳を過ぎた両親と幼稚園児の長男を連れて、徒歩で避難できなかったのだ。5人での避難所生活も心配だったらしい。

事態はさらに切迫し、テレビは、明日夜にも自宅が浸水する危険性を報じ始めた。花子は「避難所より遠くても、ホテルや旅館が良い」と言い張り、道路が混む前に車で出発すると訴えた。


太郎は「分かった。僕は家がどうなるか不安だから残る」と応じた。花子ら4人は深夜にもかかわらず、準備していた水や缶詰などの「災害用備蓄」を乗用車に積み、出発した。

[シナリオ3] 家族と電話 つながらず…翌朝~午後

翌朝、太郎が玄関を開けると目の前の道路を大量の水が流れていた。「利根川で氾濫した水は今晩来るのではなかったのか」。充電の減ったスマホで調べると、未明に集中豪雨が降り、近くの荒川も氾濫したと伝えている。

濁流が膝に達し、流されそうになった。ぬれた足を洗おうと浴室に入ったが、断水していた。

花子にスマホで連絡しようとすると、未明に留守番電話が入っていたことに気づいた。「荒川の橋が渋滞して車が動かないの」。慌てて電話したが、つながらない。災害時は通話が制限されやすいことを思い出した。「家族との連絡方法を決めておくべきだった」と悔やんだ。


午後、水位はさらに上がり、1階が浸水し始めた。室内は停電で空調も動かず、蒸し暑い。

[シナリオ4] 逃げ遅れ 屋根に避難…夜

太郎が2階から外を見ると、どす黒い水に色鮮やかな乗用車が何台も浮いていた。「花子たちは大丈夫か」。不安が増した。

夜、さらに水位は上がり、太郎はラジオを抱えて屋根に逃げた。近くのマンションの3階に懐中電灯らしい明かりと人影が見えた。

ラジオのニュースは、今回の台風が2019年の台風19号よりも勢力が強かったことを伝えている。今回は関東付近の前線が刺激され、大雨が降ったという。


台風19号では、太郎たちの住む地域でも区域外に逃げる「広域避難」が検討された。太郎は家族と話し合い、それぞれが災害時の行動計画を決めておく「マイ・タイムライン」を作ろうとしたが、実現しなかった。「なぜ避難指示が出た後、すぐ逃げなかったのだろう」。太郎は悔やんだ。

「ここにいてはダメ」 東京東部 広域避難計画

荒川などが氾濫し、大規模な浸水が想定される東京都の東部5区(墨田、江東、足立、葛飾、江戸川区)は、国の中央防災会議が想定したような「首都水没」に備え、協議会を結成している。

低地が多い5区は、いったん浸水すると、水が抜けにくい。協議会は2018年に最大10メートルの浸水が生じた場合の避難計画を作った。洪水と高潮でほぼ全域が浸水するとして住民の約95%にあたる249万人に、5区の外側に逃げる「広域避難」を求めた。啓発用チラシに「ここにいてはダメです」「ほとんどが水没」などの警告文を載せ、備えの必要性を訴えた。


広域避難を呼びかける啓発用のチラシ

事前避難 命救う

防災科学技術研究所水・土砂防災研究部門 三隅良平部門長の話


「昨年10月の台風19号では、国が管理する1級河川が相次いで氾濫した。首都圏での大規模水害は絵空事ではない。停電と断水で衛生状態の悪化も懸念される。しかし事前の避難などを行えば、多くの命が助かる」

 

(読売新聞 2020年4月11日掲載 科学部・中村直人、生活部・崎長敬志、及川昭夫、福島憲佑、梶彩夏が担当しました)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS