災害時はペットと避難!グッズと訓練で備えたい

写真説明:岐阜県羽島市内で行われたペット同行避難訓練(羽島市提供)

 岐阜・羽島市の取り組み

住民の避難が必要な大規模災害ではペットの処遇が課題となっている。国はペットと一緒に避難する「同行避難(※)」を推奨しているが、避難を受け入れた後の体制が整っていない自治体はまだ多い。住民を交えた同行避難訓練に取り組んでいる岐阜県羽島市の竹鼻南地区の活動からペットとの避難について考える。

飼い主がペットを「守る」のが原則

同地区では2017年から防災訓練にペットの同行避難訓練も取り入れている。訓練を主導してきた「竹鼻南コミュニティセンター」の高木和秋館長によると、同地区で2016年に調査したところ、アンケートに回答した住民の約3割に当たる403世帯がペットを飼い、うち53%が「避難所にペットを連れて行くと思う」と回答したためだ。

高木館長らは、避難所となる中学校と協議し、部活動部屋とテニスコートをペットスペースと定め、飼い主と犬が参加する訓練を行って、災害時の行動を確認することにした。

ペットと一緒に参加する避難訓練の内容

訓練は、犬を飼っている住民約10人が、それぞれ自宅からリードでつないだ犬を連れて中学校へ集まり、仮設テントで専門家から注意点などの説明を受ける。ペットを入れるケージを部活動部屋に積み上げたり、餌を入れたリュックサックを背負って悪路を歩く体験もしたりする。

ただ、訓練に参加したペットホテル経営の渡辺英毅さんは、「地震と風水害では避難場所も異なる。避難した後の具体的な対応がほとんど決まっていない」と指摘する。

東日本大震災で課題認識

災害時にペットをどうするかという問題は、東日本大震災でクローズアップされた。飼い主とはぐれて野犬化したり、ペットと暮らすことを優先させて車中泊を余儀なくされたりした。

環境省は同行避難(※)を打ち出したが、2016年の熊本地震では、ペットの鳴き声や臭いが避難所のトラブルになったりと、依然として問題は解決されていない。

※同行避難
東日本大震災では、放置ペットの野犬化や繁殖などが問題化したため、環境省はペットと一緒の避難を推奨。避難所ではトラブル回避のため、屋外や同居できる部屋を用意するなど、住み分けを提案している。はぐれることも想定し、自治体の救護体制整備も重要としている。

避難所の運用マニュアルをHPで公開

羽島市は2018年、災害時の飼い主の役割や避難所の運用マニュアルを作り、ホームページで公開している。(https://www.city.hashima.lg.jp/0000010060.html) そこには保健所や獣医師会など関係部署の連絡先も示されているが、住民とペットの居場所の区分け方法などは未定だ。高橋宏成・市生活環境課長は「訓練を通じて、地域の理解を深めてもらう段階」と話す。

岐阜県では地域防災計画にペットの救援を位置づけ、自治体にマニュアル策定を呼びかけているが、2020年度の調査では、策定したのは42市町村のうち16市町にとどまる。「避難所の具体的な対応までは把握できていない」(県生活衛生課)状況という。

飼い主が備えておくこと

こうした中、渡辺さんは「飼い主は『避難所へ行けば何とかしてくれる』と依存せず、ペットを守るのは自分だと意識して、準備をしておくことが大切」と強調する。具体的には、テント泊や車中泊、知人、親類宅など避難先の選択肢を増やすなどし、環境の変化に慣れてもらうよう、日頃から「しつけ」ておくことや、ケージなどの備品を用意しておいてほしいと訴えている。

写真説明:ペットと同行する避難訓練は他の自治体でも開催されている(三重県松坂市で、2020年7月撮影)

◆飼い主の災害時の備え(羽島市のマニュアルより抜粋)
〈1〉避難所の確認
〈2〉飼い主の明確化
・ 鑑札・注射済票の装着
・ 名札の装着(飼い主名などを記載)
・ マイクロチップの装着など
〈3〉動物用防災用品の備蓄
・ ペットフード、水(最低5日分)
・ リード、飼育ケージ、食器
・ タオル、ペットシーツ、ビニール袋、新聞紙
・ 救急用品(包帯、消毒薬、常備薬など)
・ ペットの特徴がわかる写真
〈4〉普段からの取り組み
・ 決められた場所での排泄(はいせつ)
・ 飼育ケージ収容の習慣化
・ 避妊、去勢手術
・ 知人宅など一時的に預かれる場所の確保
〈5〉避難訓練への協力

(読売新聞 2021年5月27日掲載 岐阜支局・宮崎亨)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS