風水害 逃げる(2)「非常用袋」 個々に準備を(連載)


写真説明:非常用持ち出し袋を玄関に置いておくと、すぐに持ち出せる(平山優子さん提供)

「避難所の備蓄品は数や種類に限りがある。必要なものは避難する人が持参するのが原則」。避難準備に詳しい日本防災士会の平山優子さんは指摘する。

風水害の危険が迫り、自宅から逃げる際に不可欠なのが、避難先で必要な最低限の食料や着替えなどを入れた非常用持ち出し袋だ。しかし、常備する人は少ない。サントリー食品インターナショナルが1月、全国の1万人を対象に行ったインターネット調査では28.9%にとどまった。

平山さんは「非常用持ち出し袋は1人一つずつ、それぞれ何が必要か考えて普段から用意しておきましょう」と提案する。風水害ではとりあえず一晩過ごせる量でいいが、地震も想定すれば3日分が目安。持ち運べない重さにならないよう注意する。

まず、食料と飲料水。食料は調理しなくても食べられるものを用意する。「好きな風味のものにすれば、心も落ち着き、食欲がなくても口にできる」。ドライフルーツやチョコレートなど高カロリーのものもあるといい。

このほか、それぞれ着替えや歯磨きセット、スマートフォン充電用のモバイルバッテリーなども用意したい。災害情報の収集用の携帯ラジオもできれば1人1台ずつあるといい。持病がある人は薬など、個人の状況に応じて準備すべきものもある。

入れるバッグは、両手を自由に使えるリュックが向いている。ポケットが多くて仕分けがしやすく、軽いものを選ぼう。避難時にかぶるヘルメットなど、大きくて入らないものは別にし、玄関や寝室などに置いておく。

新型コロナウイルスの感染も危惧される中、防災アドバイザーの地曳美香さんは「マスクや体温計、手指消毒液も重要です」と話す。

リュックに余裕がある場合、携帯トイレやトイレットペーパー、避難所で下に敷ける新聞紙、破って包帯代わりや乳児のよだれかけに使えるポリ袋も便利だという。

定期的な見直しも欠かせない。季節に合わせて着替えを変えたり、子どもの場合、成長に伴って食料の量を調整したりする。その際、ラジオの電池切れや、食料の賞味期限切れなども併せて確認する。


地曳さんは「新型コロナに意識が向いている時でも災害は起きる可能性がある。準備は欠かせません」と呼びかける。

◆非常用持ち出し袋 3か条
▽1人一つずつ、中身は個々の必要に応じて
▽両手を使えるリュックに
▽玄関や寝室などに置く

ブレーカー・元栓 避難前にチェック

避難する前に、自宅の被害を最小限にする対策も必要だ。災害リスクに詳しいSOMPOリスクマネジメントの梅山吾郎さんは「住む地域で想定される被害の程度に応じて準備して」と助言する。

床上浸水が予想される場合は、2階建て以上の戸建て住宅であれば、上階に貴重品や持ち運べる家電を移動しておく。台風が接近している場合は、飛ばされそうな庭の植木鉢や置物を家の中に入れる。

避難の直前には、ブレーカーを落とす。停電が起きて復旧した後の通電火災など二次災害を防ぐためだ。ガスの元栓を閉めておくことも重要だ。

梅山さんは「雨が多い季節には、自宅周辺の側溝に詰まったゴミを除いたり、土のうを用意したりと日頃からの準備も大切です」と指摘する。

 

(読売新聞 2020年5月14日掲載)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS