岐阜・愛知を襲った明治の災禍をカラーで再現!濃尾地震の写真公開

(岐阜県提供)

岐阜県が記憶の風化防ぐために白黒写真をカラー化

岐阜、愛知両県を中心に7000人超が犠牲となった国内最大級の内陸直下型地震「濃尾(のうび)地震」から2021年10月に130年の節目を迎え、岐阜県は被災状況を捉えた当時の白黒写真10点をカラーで再現した。「災害の記憶の風化を防ぎたい」と、県ホームページで公開している。

こちらの記事もおすすめ!→山梨に災害はなかったの?自然災害伝承碑の情報を山梨大などが収集中

濃尾地震とは

濃尾地震は1891年(明治24年)10月28日午前6時38分、根尾谷(現・岐阜県本巣市)付近を震源に発生。濃尾平野で最大震度7を観測し、14万戸以上が倒壊した。土砂災害や地割れも相次ぎ、死者は計7273人に上った。マグニチュード(M)は8・0と推定され、同じ内陸直下型地震の阪神大震災(1995年)のM7・3や熊本地震本震(2016年)のM7・3を上回る規模とされる。

写真説明:地震で破壊された木曽川の堤防(岐阜県提供)

写真説明:崩れ落ちた根尾谷の橋(岐阜県提供)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

新着記事

公式SNS