地震・備える(3) 住民自ら救助活動(連載)

写真説明=子どもたちと倒壊家屋の模型をジャッキで浮かせるハンマーズのメンバーら(2017年9月=ハンマーズ提供)

東京都墨田区の建設業者でつくる自主防災組織「ハンマーズ」は、町内会の防災訓練などで、がれきの下から工具を使って人を助け出す方法を教えている。参加者は自作された2メートル四方の倒壊家屋の模型をジャッキで浮かせて下敷きになった人形を助け出したり、バールの使い方やロープの結び方を学んだりする。

工具の使い方を学ぶ

ハンマーズは2011年の東日本大震災をきっかけに6年前、職人たちの技を地域住民にも伝えようと、結成された。代表代行の村山紀親(のりちか)さん(50)は「救助の効率が上がり、助かる命が少しでも増えてほしい」と力を込める。

大規模な地震が発生し、各地で負傷者が出ると、119番が集中して、すぐには消防の助けが来ない恐れがある。倒壊した住宅の下敷きになった人などは、住民が自ら救助しなければならず、日頃から工具の使い方を学んでおくことが望ましい。

工具そのものも備えたい。だが、ノコギリやバールなど小さめのものは自宅に置けても、大型となると難しい。防災コンサルタントの高橋洋さんは「町のどこに役立つものがあるか、普段からチェックしておきましょう」と助言する。地域の防災倉庫にあるほか、近くの工務店や電器店などに行けば、様々な工具が借りられる可能性がある。停車中のトラックに、大型の油圧ジャッキが積まれていることもあるという。

心肺蘇生や応急措置も

救命処置も重要だ。心停止して何の処置もしなければ、救命率が1分ごとに7~10%下がるとされ、一刻も早い対応が求められる。総務省消防庁がホームページで紹介する「一般市民向け応急手当WEB講習」が参考になる。

具体的には、心停止の疑いのある人がいたら、〈1〉119番するとともに、周囲の人にAED(自動体外式除細動器)を持ってくるよう依頼〈2〉あおむけに寝かせて胸と腹部が上下に動いていなければ、呼吸はなく心停止と判断〈3〉救急隊員が来るまでの間、心肺蘇生とAEDを使った救命を行う――の手順だ。

心肺蘇生は、心臓マッサージ(胸骨圧迫)30回と人工呼吸2回を、交互に繰り返す。心臓マッサージは、相手の胸の中央に、自分の両手のひらを下にして重ねて置き、肘を伸ばして強く押し下げる。人工呼吸は相手のあごを上げ、気道を確保して行う。

AEDが到着すれば、電源ボタンを押し、音声ガイダンスによる指示に従って操作する。

ただ、新型コロナウイルスの流行下であることから、厚生労働省は5月、成人には人工呼吸を行わないよう求める指針を公表した。また、心臓マッサージの際、相手の顔にハンカチやタオルをかけるよう促した。同省では、「人工呼吸をしなくても、必ずしも救命率が下がるわけではない」としている。

身の回りの物を使った応急処置も覚えておきたい。ストッキングや風呂敷は包帯、傘や折り曲げた段ボールは骨折の際の添え木として代用できる。2本の物干しざおと衣類を組み合わせ、担架を簡易的に作ることもできる。

高橋さんは「いざという時は、手近なものを工夫して使わざるを得ない。柔軟な発想力で対処してほしい」と話している。

◆救命・救助3か条
▽救助用工具を備える
▽心肺蘇生を習得
▽身近な物を使って応急処置

(読売新聞 2020年8月14日掲載)

無断転載禁止

この記事をシェアする

オススメ記事

公式SNS